低周波治療器の育毛における効果の説明

頭皮などの血行促進用低周波治療器は、低周波を使用することで神経が刺激され筋肉運動を促し、『血行促進』『硬直した筋肉をほぐす』『神経痛・筋肉痛などの緩和』などの効果を生み出します。低周波治療器が認知されている効果としては肩コリの緩和や疲労回復に有効であると知られています。抜け毛の要因の一つである頭皮の血行不良も改善することが低周波治療器で行え、頭皮の代謝機能が高まり育毛剤がより吸収されやすくなり効率的な育毛の方法の一つです。

電気治療器とは、人体に直接電流を流すことにより鎮痛、血行改善を行なう治療機器であり、低周波治療器、高周波治療器が含まれます。
低周波治療は肩こりや神経痛などの症状緩和に効果があるといわれていて、高周波治療は温熱効果・自律神経調整作用、アレルギー性疾患などに効果があると言われています。
高周波とは電子がプラスとマイナスを波のように往復しながら伝わっていく現象です。そのプラスとマイナスの往復が1秒間に何回起こるかあらわすのが周波数、ヘルツという単位で表現されます。この周波数が30,000(1秒間に30,000回)を超えるものは高周波と呼ばれます。



医療の世界では、腰痛、肩こり、捻挫などの整形外科的治療や、手術後の皮膚の回復促進などに使われており、優れた効果を発揮しております。
エステ業界では、高周波療法が取り入れられ、幅広く様々な症状に適用され良い結果を出しております。

・ 1秒間に何万回もの電波マッサージと温熱効果により血管が拡張し、全身の血流が良くなり、皮膚を通じて、内蔵やツボ、自律神経、内分泌に働き、基礎代謝を高め新陳 代謝を活発にします。

・ 内分泌の異常、内臓の弱さや自律神経の乱れからくる肥満や全身の肌荒れを解消していきます。基礎代謝が上がり新陳代謝が活発になれば、ひとつひとつの細胞を活発にすることから、老化による皮膚のたるみを防ぎ、皮膚が活性化される効果があります。

マッサージすることによって血液の循環を良くして皮膚温度を上げていきますが、もっと身体の芯まで温める効果があり細胞に活力与えること効果が高周波にはあります。

低周波はビリビリ感じますが、高周波はそういう電気的な感じ方はなく、温かくなってきてぽかぽか気持ち良いです。身体を温めるということは美容の基本です。高周波を使うことによってそれができるので、細胞ひとつひとつを元気にしてエネルギー代謝が上がるから様々な効果が発揮できます。



低周波治療とはパルス波1.5?2.5? ヘルツの低周波が皮膚や体内組織を刺激し、血液の流れ、リンパ液の流れを促進させます.皮膚や血管、それに筋肉などの組織の新陳代謝が冗進されます。低周波の波形と周波数により刺激作用が異なります。低周波を育毛機器として使用する目的は次のようなことがあります。

医療業界においては「電気体操、骨格筋の機能回復」のために?低周波治療器を用いていますが、その原理を応用して他動的に筋肉を動かします。大脳より発する運動神経支配下の筋肉へ、人工的に電気信号を送り、目的の筋肉を可動させるのです。目的筋肉への運動神経走行が皮膚に近い点をさがし、導子を接着させると筋肉は動きます。

医療の機器は1ヘルツ〜1000ヘルツの周波数で1ミリアンペア〜10ミリアンペアの電流を用いていますが、育毛機器では電気の出力を下げて作られており、筋肉を他動的に運動させる目的は、現代人の運動不足を補うためです。筋肉を動かさないために起こる筋肉廃用性萎縮を防ぐや積極的に筋肉の増強を目的とします。以前に話題になった腹筋を鍛えるEMS治療器などが医療機器などに使われている物に類似しています。

低周波を使うことへの効果としては代謝促進効果がみられます。うっ帯している組織液(血液)の還流が促されます。

低周波治療器


さらにこちらの機械は電気的刺激によって毛根内部の立毛筋を縮ませる効果があり、強制的に老廃物や皮脂などで毛穴が埋まっていたとしてもそれを排除しやすくし、育毛剤が浸透する隙間を広げてくれます。通常であればケアをはじめてもまずは毛穴の状態の改善がされなければ育毛剤は毛根の奥底にある毛乳頭まで到達しません。所がこのような低周波のもうひとつの効果によって夏場の過酷な環境下でケアをはじめたばかりの人でも育毛剤が確実に毛乳頭に届きます。