ミノキシジルについて

アメリカでは従来からあった2%や5%は市販品でミノキシジルの開発したメーカーの特許商品でした。
それを全世界の医薬品メーカーにOEM(製造販売権利)で販売し世界中で今は入手が可能です。
数年前ミノキシジルの特許がアメリカでは解除されその後、ロゲインなどで抱えていた問題を改善した物
(かゆみや赤みなどの拒否反応)や安全な範囲内での濃度の上昇などに取り組んできました。

安全面を考えての厚生労働省の処置ではあると思いますが、多くの場合、リアップの使用によって
劇的な改善があったとの報告例は少ないと思います。これは1%程度の濃度では予防処置くらいにしか
ならないからです。
先日も2年に渡り、リアップを毎日ご利用になっていたお客様が、効果に満足いかず5%に変えた所、
髪のコシや新たな髪が再生しました。
それでも海外から5%クラスのミノキシジルを取り寄せご使用になった多くの方が、産毛までは発毛した
ものの、そこからが伸びないと悩んでいます。
これは、潜在的に育毛剤の使用だけで回復が見込めると勘違いしているためで、頭皮や毛根などの状態に
よって、効果には大きな差がでます。
考えてみてください。育毛剤が作用しなくてはいけないのは頭皮の表面ではなく、毛根内部の奥底です。
それが育毛サロンなどのCMやこのサイトの髪の知識で紹介しているような、脂漏性の頭皮の状態で浸透する
わけがありません。

進行度合いや年齢、利用箇所によっても、効果の現れ方には当然個人差があります。
その為、様々な研究が進み、ミノキの効果を上げる成分や高濃度のものなどが開発され、現在アメリカでは
そちらが支流になりつつあります。
日本で心配されているほどの副作用の報告はアメリカではなく、日本でも一部医療機関が直接輸入で
プロペシアと高濃度ミノキを処方するケースがあるようです。

実際、僕の所でも長年ロゲインをお使いの方があり、50代でも回復した実例はあります。
ですが使用を続けていても中々、正常の髪として前頭部などは伸びない場合があり、高濃度に変えたところ
回復された例が沢山あります。
ただ、その方たちに共通していえることは、回復するんだと信じる気持ちと日々の生活の中で、以前のように
髪にとらわれていないのかもしれません。
ストレスが与える影響は、以前にもお話したように、かなりの悪影響になる可能性はあります。
どれだけ有効なものを使用しても、頭皮の状態が良くなければ効果のある育毛剤が作用しないように、
どれだけ良いことを日頃からケアをして行っていても精神面でのマイナス要因が与える悪影響が上回る
ことがあります。

アメリカでは現在、ミノキシジルタブレットが存在します。
プロペシア同様に、飲むものは塗るものよりも効くというイメージを皆さんお持ちだろうと思います。
ですが、ブログでもプロペシアにたいする説明をしたように、そんなに都合よく、自分が効果を期待する場所
だけで作用するわけではなく、体にもそれなりに与える影響を踏まえた上で処方されているアメリカに比べ、
医師の処方だからといって安心できるようなものではありません。

ミノキシジルの成分としての役割は、血管拡張剤です。
それを服用するからには、注意をもってご利用いただかなければ、体の他の部分にも影響を与えます。

塗布する高濃度ミノキであれば、肌に合わなければやめることも可能です。ですがミノキシジルタブレットの
ように、医師ですらあまり利用したことがない新成分を、発毛サロンで薦めているケースも一部あるようです。

仮に、服用するもので問題が生じた場合の対処法をしった上で処方されているのか?
現在の日本の医療機関が持ちえる発毛や育毛のレベルだと、問題はかなり多いと思います。
副作用など、まだ解明されていない出来事が多数あります。

髪を取り戻すことはとても大切だと思いますが、自分の体をリスクにさらしてまでミノキタブレットを使う
必要があるかどうかは、ご自身の判断が大きく影響していると思います。
さらにプロペシア(フィナステリド)やレーザー治療のように、正式に育毛の効果を国の機関が認めたとしても
単体での効果に限界があることはご理解ください。