高周波治療器の育毛における効果の説明

高周波治療の作用としてはジュール熱作用によって、体内組織を内部より加温します。 この体内加温は組織の代謝を冗進します。生体は電気の誘導体です。電気の流れた部分には、流れる電極の反対の電気が体内に誘起され、その現象を分極といいます。

高周波電流は、周波数に応じて極性が変化し、体内の有極性分子に回転運動が起こり摩擦熱が発生します。体を構成している水分子やアミノ酸は有極値分子ですので周波数の数だけ回転し、ジュール熱を発生させます。このジュール熱は、血液、リンパの流れの循環を促進させ、組織の新陳代謝を冗進させます。

この血液、リンパ液の流れ及び代謝促進は、賞金糾包の走化性を高め、リンパ球の抗体産生能を?促進するために免疫機能の強化も期待できます。また、高周波が発生させるジュール熱による体内の適度な加温は、自律神経を調整させ、リラクゼーションも得られ、ストレス解消の効果も期待できます。

医療においては「難治性骨折電磁波電気療法」がありますが育毛器は、出力を下げて作られ、目的別に周波数の異なる美容機があります。



7万ヘルツ前後の高周波は、皮下 3 ミリの深さで全身に拡歩くる性質をもっています。この現象を人体への表皮効果といいます。

通電した高周波の 50%は表皮全体へ拡がり、後の 50%は深部へ透過し、皮下数センチ?10 センチ前後まで達しますが、その透過中に減衰していきますので、単位面積当たりのエネルギーは少なくなりますが、適度に体内を加温することができます。このことは、全身性の代謝の促進効果を持つことを意味します。

具体的効果としては次のようなものがあります。

1.リラクゼーション
皮膚には、神経繊維終末の変化した感覚受容器が無数に存在していますがそれらの感覚受容器を高周波で刺激すると、脳の知覚神経中枢の体性感覚野を刺激され、自律神経が活性化させます。自律神経がバランスのとれた働きをすると、その支配下の内臓諸器官や血管等の機能の調整がとれて、健康増進の一助けになります。

2.7 万ヘルツ高周波の育毛効果
7万ヘルツの高周波は、体を適度に加温し基礎代謝を促進させます。即ち、頭皮の血管の代謝の促進効果があると言われています。基礎代謝を冗進させるいちばん良い方法は、もちろん自分自身が運動することですが、現代人は?運動不足による基礎代謝低下を少しでもくい止めるために7 万ヘルツ高周波を利用します。さらに頭皮のように運動などで基礎代謝を上げることができない部分で同様の効果を得る方法としてはマッサージがありますが高周波ほどの効果を得るのは容易ではありません。

また、細胞レベルで見てみますと、血中のリバーゼの増加が起こり、脂肪細胞内の異化作用が活発になると考えられます。それは脂肪細胞内の脂肪酸の遊離及び血液への放出を増加させます。

その上、高周波の温熱効果により、体内組織の代謝の冗進が同時に惹起しているので、脂肪細分解、放出された血中の脂肪酸の体細胞へのとり込みが増大します。脂肪酸は体細胞内に?胞よりおいてエネルギーに変換させられますので、

3.健康な頭皮を促す効果
7? 万ヘルツの高周波の表皮効果は皮膚組織の新陳代謝が促進され、表皮の基底層、細胞の代謝促進によりスムーズな角化作用が得られます。真皮の汗腺、血管、神経の代謝のが活発になり、肌はなめらかなキメ細かな肌となります。なお、真皮内の繊維芽細胞の働きが強化され、コラーゲン繊維、エラスチン繊維の産出力も強くなり、皮膚は弾力性、保水性が高まり、みずみずしい張りのある肌となります。



このような効果は温浴、運動、マッサージ、育毛剤と等も同様の効果がありますから、それらと併用した施術をおこなうとさらに効果的です。

低周波が高周波などの温熱作用のあるものと同時に併用する効果として温熱を加えるとエネルギー消費も多くなり、使用効果は増強されると言われています。

低周波と高周波を同時に一台で得られる育毛機器


低周波と高周波双方の効果を一度で同時に得られる機械はそれほど多くはありません。さらに大半の物が数十万円になります。このような機械であれば回復までの時間を短縮化するばかりか日ごろのケアの時間を短縮化することも可能になります。

また機械によっては一台で高周波と低周波を別々に施術するものもございます。