育毛剤の浸透

 ご覧いただいた画像は、2年ほどケアに来店いただいているお客様の頭皮で、育毛剤が浸透するのが、大変鮮明にご覧いただけると思います。
 この方は、初めてご来店いただいた際、数年にわたり、頭皮に脂漏性皮膚炎の炎症が様々な箇所で確認できました。さらにアトピーなどもお持ちで、強いクレンジングローションや、アルコール性の高い育毛剤を使うのは難しい状態でした。場所によってはニキビをつぶした後のような出血している炎症もあり、細心の注意を払いながら、スキャルプエステとホームケアを続けました。
動画が表示されない方は■こちら■からプラグインをDLして下さい。

 皮膚科や発毛サロンの体験コースなどにも行かれた経験をお持ちでしたが、徹底したケアを日々続けられ、現在ではこのような理想的な頭皮や毛髪をされています。

 多くの場合、初期症状であればこの画像と同様の状態を、スキャルプエステ後、来店されたお客様にお見せできます。
 育毛剤は塗布してから毛穴内部に浸透するには、少し時間が必要です。ところが多くの方が、塗布した直後マッサージをすぐに始めてしまいますが、そうすると毛穴に育毛剤が入る前に、自ら飛び散らせる原因を作っている場合があります。

 それではせっかく理想的な毛根をしていても、育毛剤を塗布する意味がない場合があります。
 さらにブログで紹介しているイオン導入器などは、塗布した育毛剤が確実に患部に届く手助けをしてくれたり、毛根内部の老廃物を輩出してくれる手助けもしてくれます。
 これがイオン導入器などを使った際のイオン導入やイオン導出という効果です。

 今回ケアさせていただいている方には、アトピーなどの症状が見られました。
 ケアを始めて半年が経過した際、高濃度ミノキシジルの使用を始められました。ところが、スキャルプエステやホームケアで、頭皮の皮脂などは改善していたのにも関わらず、ミノキシジルに拒否反応を起こしたのか、かゆみが出てしまいました。
 2ヶ月ほど続け、かゆみがあったこともあり、塗布する間隔を2,3日に1度にしてみましたが、それでも塗布後すぐにかゆみが出てしまい、使用の中止を考えていた際、最後の方法としてイオン導入器を使用されました。

 すると、ミノキシジルの拒否反応は一切なくなり、育毛剤を塗布しても全くかゆみが出なくなったために、使用頻度も上げていただきました。
 現在その方は、高濃度のミノキシジルを毎日塗布されていますが、イオン導入器を使われるようになってから一切のトラブルがなくなりました。
 これは先にお話したイオン導入やイオン導出の際、頭皮のペーハーをコントロールするのですが、イオン導入器使用後の頭皮のペーハーは理想的な弱酸性に保たれるため、以前のような拒否反応はなくなりました。