男性ホルモン型脱毛に効果のある外用薬(スピラノラクトン)

 抜け毛にはどうしても影響が問題視されるホルモンの因果関係。一般的に毛深いと男性ホルモンが多く抜ける可能性が高いとお考えになってしまう方が大変多いのではないでしょうか?これには大きな誤解があります。

 前回のブログでも紹介しましたが体内で生成される男性ホルモンが必ずしも髪に影響を与えるわけではありません。それに男性だけではなく近年はストレスや生活環境などから女性でも抜け毛でお悩みの方が急増しております。

 一部発毛サロンが最近放映をしているCMで同社が行っているコンテストの受賞者が紹介されていますが半分は女性であることを気づいていますか?

 現在日本においてもっとも注目されているのはAGAなどのフィナステリドの服用です。ですが摂取することで外用薬とは違い、体全体にその影響が出てしまうケースがあると言われています。


 それでは外用薬で塗布した所だけに効果が期待できる効男性ホルモン剤はないのか?

 高血圧や尿禁薬として30年以上前から服用スピラノラクトンは使用されていますが頭皮のDHTを軽減させる外用薬としてスピラノラクトン溶液もがあります。スピラノラクトンは抗男性ホルモン物質で頭皮のDHTの生成を防ぎ、女性ホルモンであるエストロゲンを塗布した局部で増加させます。スピラノラクトンはDHTの拮抗的阻害でDHTが毛根内部の毛包に付着するのを妨ぎます。

 フィナステリドとは違い、スピラノラクトンは抗男性ホルモン物質で局部への直接使用で効果があり、毛包の受容部にあるDHTに作用します。塗布した箇所の頭皮はDHTの形成を妨がれるだけではなく、男性ホルモンを女性ホルモンに変える働きがあります。しかしスピラノラクトン溶液は保存ができないという欠点が過去にありました。


 スピラノラクトンは、頭皮内で新陳代謝されて、他の人体器官への影響はありませんが1%程度での割合で発疹がでてしまうケースもありますのでこのような症状が出た場合にはご使用を中止してください。

 スピラノラクトンは男性型脱毛症に悩む男性、女性のどちらでもご利用いただけます。スピラノラクトン内用液はフィナステリドとは違い、米国では女性の脱毛症の治療薬として処方されてきましたが女性ホルモンのバランスが代わるため妊娠中の女性の使用はミノキシジル同様に使用は控えていただければと思います。また男性が服用した場合は副作用が強く、血液中のカリウムの増加、女性化、性欲の減退が見られます。

 スピラノラクトンはフィナステリドと違うのは外用薬としての使用が可能なので頭皮など、局部的に使用が可能で服用するような副作用の心配が圧倒的に少なくなります。さらに女性も使用が可能という点も異なります。ですが男性型脱毛症の場合、必ずミノキシジルやレーザーなどで刺激することと、頭皮のDHTレベルを下げることが大切です。DHTの影響を抑えるだけでは、髪の再生には効果が軽減してしまいます。前立腺ガンの治療で精巣を除去した男性はDHTができないので抜け毛はなくなりますが、髪の毛が大量に戻るわけではありません。しかしミノキシジルなどの刺激成分を使用することで多くの方がまた髪の毛を取り戻すことができます。ミノキシジルと抗男性ホルモン物質を組み合わせた使用は頭頂部などに特に効果があるとされています。

 ですが現在、日本ではスピラノラクトン外用薬は処方、販売はされておりませんのでご注意ください。