低周波治療器などを使った育毛ケア

 低周波などは、整形外科の骨折やムチウチ等の治療、女性のエステ等で幅広く利用されています。  ある一定の時間低周波を流すことにより、弛んだ筋肉や血管等が鍛えられ、血行がよくなるといわれています。この数年通信販売等で良く見かける、腹筋を鍛えるための機械も、同様の理屈を併用して製品化されて
います。
 用途や使用方法は異なりますが、低周波などが人体に与える影響というのは間違いありません。当然、大手発毛サロンでもメニューの一つとして取り入れています。

 ところが、育毛目的で開発されている商品はとても高額で、普通では手がでないのが現状でした。発毛サロンに通うときに高額な契約金がかかるのは、皮脂を取るというケアが必要だからではなく、この低周波などによって血行を促進させ、効果につなげるには、頻繁な来店が必要になるため、どうしても金額が高くなってしまうそうです。一部の会社では、ケアの来店回数を減らし、LED(発光ダイオード)や低周波などの機械を直接販売しているケースもあります。来店頻度が少なくなる分、最初の契約金は下がりますが、このような自社製品として販売されている機械の大半が、最低でも10万を越えてきます。

 低周波の有効性は様々な方面で実証されていますが、これほどの違いが生じると内心考えていませんでした。これまで中々皆さんに紹介できなかったのは、育毛用として開発されているこのような商品を紹介しようにも、利用者の数から考えるとどうしても需要が少なく、製品が高額になってしまうため、皆さんの経済的負担を考慮すると易々とお話をすることができませんでした。それに、多くの方が、このような機械を利用しなくても回復する見込みは当然あるのも理由の一つです。それなのに今回紹介することにしたのは、一部のケアを継続的におこなっていただき、高濃度ミノキシジルやイオン導入なども利用いただいて、回復の兆しは明らかにあるのに、その髪が満足の行く形で成長しないことに悩んでいる方たちの存在でした。


 最近の報道や健康番組などで話題になっている、ドロドロ血液があります。
 日本人の多くは、実年齢よりも遥かに血管が高コレステロールによって詰まっており、流れている血液自体も白血球などがくっつきあっていて、血のめぐりが悪いと問題になっています。それには、生活習慣の乱れや食生活などの悪化やストレスなどが関係しています。

 育毛剤を利用するのはケアの基本とされています。しかし、育毛剤が効果を挙げるのは、塗布した周辺の毛細血管であり、それ以外の部分には影響がありません。そこでポイントになるのが、頭頂部につながる動脈周辺のマッサージです。そのため、現在の若くして脱毛に悩まれる方たちの状況を改善する時、血液や血管などに根本的な問題があると、毛髪の回復が困難になり、伸び悩みが起こる場合もあります。


 低周波ケアの基本は、低周波の微弱電流を肌に流すことによって血行を促進します。イオン導入も同じ原理で作用しているのですが、通電する箇所が異なります。
 イオン導入の場合、電流は皮膚の真皮を通電します。その結果バリアゾーンが開放され、有効成分が浸透しやすくなり、肌のPHなどが整います。

 これが低周波の場合、毛根よりさらに深いところで微弱電流が通電し、血管などが刺激されます。ご利用されるとピリピリとした使用感があるのは、それだけ皮膚の内部まで直接的な刺激が加わっているためです。
 ここ数年見かける通販の商品で、おなかに機械を当てて低周波を流すとおなかの筋肉が鍛えられるというものがありますが、あちらも似たような原理になります。もっと身近な商品としては、肩こりなどの低周波治療器も、流れる微弱電流によって血行を促進し、硬直した筋肉を刺激することで症状を緩和するといったものになります。

 双方において言えることは、流れる電流が皮膚の奥底で作用することです。本来、体は防衛本能の役割として、体外からの刺激を受けても大丈夫なようにできています。雑菌の進入や怪我で血管が切れないようになっており、加えられた衝撃を受けても、それに耐える筋肉や脂肪が覆っています。

 ところが、それは同時に、外からの力によって血管を刺激しても中々その力が伝わらず、血行を促進させるのは難しいということになります。
 マッサージなどは効率的に日々行うことが重要です。しかし、行っている手間の割には納得できるほどの結果に結びつきません。これは、体の防衛本能と血管が存在する位置が、あまりにも皮膚の奥深くにあるからです。

 肩こりのある方が数分マッサージをしても不快感が取れないのも同じ理由です。仮に数十分マッサージをすれば、確かに気持ちがいいと感じるはずです。しかしそれで肩こり自体が治るかといえば、やはり良くはならないと思います。


 日々の運動を続けなければ中々肩こりが良くならないように、一日数分のマッサージでは血行の改善には限界があります。前述のようなドロドロ血液から起こる血行不良や、最近増えているといわれる「メタボリック症候群」など、普段の食事や生活習慣も大きく影響しています。

 そのような状態を、育毛剤だけで緩和するのが難しい方がいるのは事実で、その打開方法として、低周波はひとつの有効手段ではあると思います。
 医学的にも美容の分野でも低周波は確立していますが、どうしても育毛という特殊な用途になると、生産個数などの関係で高額な機器でしたが、現在では比較的安価な商品なども販売されておりますので、新たケアのひとつとして検討をしてみるのも良いでしょう。