カテゴリ「高周波・低周波の効果」一覧


2008年07月10日

ホームケアにさらに期待ができます(高周波治療器)

10-07-08_1015.jpg

以前よりこのブログをご覧いただいている方は既に同様の機械の紹介をご覧いただいている事と思います。今回は高周波治療の機能の商品です。

自宅で有効なケアを行うのはとても大変なことだと思います。カメラなどを使って定期的なチェックを行い、シャンプーや育毛剤など毎日かかさないことは回復への第一歩となります。髪の主成分となるのは血液中のたんぱく質です。一般的に育毛剤と聞くと多くの方が髪の元となる成分が配合されているように思いますが現存する商品の99%は血行促進効果を与えるための商品です。

さらにプロペシアを服用していても良くならないという話を伺います。毛乳頭において血管を通って運ばれてきたたんぱく質が髪になるために起こる細胞分裂を繰り返し髪になります。それを男性ホルモンが邪魔をすることで髪が細くなったり生えない要因になるのですが男性ホルモンを体内から抑制しても髪が生えてこないと感じるのはプロペシアでは毛乳頭に到達する血液やたんぱく質の量を増やしてくれないからです。プロペシアを服用するだけで回復を期待できる可能性は極限られています。

そのような状況を改善するために育毛剤をご利用いただくのですがこれにも最近いくつかの注意点があると思います。育毛剤を塗る際にはどうしても頭に振り掛けるという形をとっている方が多いようですがこれではどうしても髪に付着する分があったり塗りムラが生じているようです。さらに人間は利き手があるので左右均等に塗れていないこともあるようです。

面倒でも髪を分けとって塗ることや顎を上げて天井を見るくらいになり、生え際から均等な間隔で塗布することで後ろに流れ落ちるようにすると良いのですが育毛剤などの種類によっては商品自体の粘度で簡単に流れないものもあります。

育毛剤を一定の量、均等に毎回すべての毛穴に届くようにするのはとても大変なことです。それを補うために一度に広範囲、薄くなりやすい箇所を高周波治療器によって刺激をすることで全体的に血行を促進するの良いことだと思います。

シャンプーをしっかりするのは皮脂の付着や老廃物の排除にはかかせません。さらに有効なマッサージ効果にもなります。それにしても両手で行うシャンプーによって加わる力は左右で異なるのが当然です。

それと何よりの問題点はやはり近年の高コレステロールの食品や動物性たんぱく質の摂取によって若くして血管内部の付着物が多く、頭まで行き渡る血液量自体が減少していることです。ドロドロ血液という言葉を目にしますが通常このような状態に陥ることで伴う病気なども40代以降が支流だったのですが近年は10代や20代の方たちでも同様の結果になっていることが医療関係者の間で問題視しています。

ストレスなども同様の結果を招くことがあります。円形脱毛症にようにストレス性脱毛の代表的症状も原因はわかっておりませんがある日突然一部の場所の血流を遮断してしまいます。これによって一夜にして丸く抜けてしまうこともあります。血液自体の供給がストップしてしまえば育毛剤のように血行促進を促すものをどれだけつかっても効果がありません。通常の抜け毛とは状況が異なるとは言え、どうしても人間は薄い部分だけに目が言ってしまいがちですがその箇所までに至る間の血行促進は不可欠です。

シャンプーの際、しっかりと洗うことやシャンプーブラシで全体的に刺激を与えることで得られる血行促進は大切です。ただ慢性的な肩こりのように単発的なマッサージで得られる血行促進には限界があります。こりを感じたらマッサージをしてその時は一時的に血流などが良くなることで楽になったとしても根本的な解決にはなりません。所が水泳などを定期的に行うと腕を回す運動や体全体の血流が良くなることで以前感じていた肩こりがなくなるといわれています。

これと同じようにこりを感じる部分に目がいくように髪の薄い部分だけにどうしても目がいってしまいます。ただ患部だけを刺激するのではなくその周辺や体全体の血流を良くすることはとても重要です。

育毛剤の使用は毛根や毛穴内部の血液を活発にさせるので重要です。ただ同時に毛穴まで至る血行を促進ができればさらに回復は期待できます。

ミノキシジルタブレットやプロペシアのように服用すればさらに効果が期待できると考える方もありますが飲むタイプの物は都合よく頭部や毛根周辺だけに作用するものではなく、体全体の血行を促進したり、男性ホルモンを抑える物です。

通常このような高周波治療器はどうしても高額になってしまいこちらの機械も定価300000円で販売されておりました。さらに定期的な使用が不可欠で育毛サロンなどが定期的な来店を促すのは高周波治療は頻繁に行わないと全く意味がないからです。300000円を投じたり育毛サロンへ通うことで支払う金額を考えると安易に薦めることはできませんが今回のようにお値打ちにご提供できればホームケアでも十分な回復を見込めます。

体はすべての面で効率よくできているのですが逆にそれが仇になっているのも事実です。簡単な怪我で大量出血しないように血管は皮膚の奥底にあります。それは一般的にはとても重要な事ですが外から加える刺激(マッサージなど)で血流を良くするのには限界があります。育毛剤は毛穴があるお陰で深部まで浸透し有効な血行促進となりますがマッサージで与える刺激で髪を回復させれる可能性は限られています。

高周波が通電することで皮下組織にある血管が広がり、患部に到達する血液量を増やすことが可能となります。

過去に書いた、高周波や低周波の作用も参考にしてください。

http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E5%91%A8%E6%B3%A2

2008年07月12日

ホームケアにさらに期待ができます 2 (電気治療器)

keaper.JPG

こちらの機械も前回の商品と同様に電気を通電させて血行促進効果を得られる商品となります。さらに電気で受ける刺激によって毛穴内に存在する立毛筋という筋を刺激することで毛穴が通常よりも広がる効果があります。この効果によって毛穴内部の老廃物や皮脂が排除しやすくなったり、育毛剤などの浸透量も増えます。

立毛筋を刺激するというケアをわかりやすく説明するとサウナに入ると毛穴が開いたり、突然の寒気を感じると腕の毛が逆立つような感覚を感じることがあると思います。それと似たような状態を今回の電気治療器が与える刺激によって立毛筋が縮むことで毛穴が強制的に開かれます。

こちらの治療器も前回と高周波治療器と同様に定価は13万円近くしている物ですが大変お値打ちにご提供が可能となります。

同様の商品を定期的にケアに取り入れるために有名育毛サロンや発毛サロンは大変高額な契約金と頻繁な来店を薦めています。ですが契約金だけではなく、頻繁な来店をしなけば効果を得られないと説明を受けるのですが時間的な余裕を確保するのもけして容易ではありません。

前回お話をしたように手で行うマッサージで得られる血行促進効果には限界があります。そのためにこのような治療器を用いるのは有効な手段ではあります。ところが数十万円を投じていただける方には限りがあると思うのでなんとか皆さんの負担が少なくて済むように今回もご用意させていただきました。

今回の商品は一台限りとなりますが前回の商品よりもう少し安くなりますので大変お得だと思います。

2008年07月17日

低周波・電気治療器の効果 実験1

jerl.jpg

先日ブログで紹介をした低周波や電気治療器の効果をよりわかりやすくご理解いただくために実験をおこないました。

こちらの画像は新しくご来店いただいたお客様でネットなどで話題の某有名シャンプーをご利用になられていたそうです。シャンプー単体のケアですので画像を見てわかるように毛穴の状態としてはあまりよくありません。

画像の右側の毛穴は髪を覆うように皮脂の付着が見られます。左側の毛穴は塊としての皮脂は確認できませんが夏場に良くみられるゼリー状の皮脂が毛根内部を埋めています。

通常であればシャンプーやシャンプーブラシ、クレンジングローションなどでケアを行いますが今回はシャンプーなどを一切せずにこのままで電気治療器を7分ほどつかって、毛穴がどれだけ広がるかをご覧いただければと思います。

低周波・電気治療器の効果 実験後 2

keapergo.JPG

上記の画像でわかるようにシャンプーなどを一切していないのにもかかわらず詰まっていた毛穴が広がっているのがわかると思います。運動後やサウナなどで受ける体温上昇で毛穴が広がるのと同様の効果が低周波や電気治療器にはあります。

毛穴には立毛筋という筋があり、通常は伸びた状態です。これが刺激を受けるとで縮み、毛穴の開口部分が引っ張られて広がります。同様の効果はシャンプーをしっかりと行ったり、シャンプーブラシでも得られなくはないのですがこれほどまで広がらせるのは簡単ではありません。

当然このような状態になれば毛穴内部の皮脂や老廃物を排除しやすくなるばかりか使用する育毛剤の浸透量も増やすことができます。当然低周波・電気治療器の効果によって血行も促進されます。


keap.JPG

この画像の上の毛穴をみると皮脂が髪を覆うように存在していたであろう皮脂が電気治療器の刺激によって強制的に広がったことで皮脂そのものは存在した状態(一切のケアをおこなっていない状態)ですが毛穴がしっかりと開いているのが良くわかると思います。

新たにケアを始められて方たちであればこれよりも状態としては良いと思います。ただ夏場のように皮脂の分泌が多く、ジェル状になりやすい皮脂をそのまま放置しているのは良くありません。育毛剤の浸透量も減りますが秋になると髪などが抜けやすくなる可能性があります。

このような低周波・電気治療器の効果を説明、表示しているサイトやメーカーはほとんどないのでこういう商品に疑いをお持ちになると思います。さらに通常であれば数十万円の値段になれば容易に手が出せないと思います。

このような機械を単発的に店でのケアに導入しても定期的な使用をしなくてはあまり意味がないのですが自宅などで行うホームケアで得られる結果(毛穴の広がりや血行促進)が今回のようにお値打ちに購入できれば大変有効なケア方法ではあると思います。

2008年08月01日

イオン導入器のお値打ち価格のお知らせ

以前よりブログでご紹介しておりますイオン導入器。特に夏場の皮脂が過剰分泌が著しく、脂漏、過敏共に炎症が悪化しやすいこの時期に皮膚を安定させる効果は確実です。特に遠方からご来店いただいているお客様で頻繁に起こしになれない方たちがご使用いただいていますがシャンプーやシャンプーブラシだけではどうして得られない効果が期待できます。

さらに現在ご利用の育毛剤などの有効成分の浸透率を高めてくれます。過去には安定的にお値打ちにご用意できておりましたが様々な事情によって現在は中々ご用意できるチャンスがありませんでした。

昨日のブログでもお話をしたように今年の夏は頭皮や毛根の状態が極端に悪化する恐れがあります。今回は業者さんの配慮で2台ご用意いたしました。

これが売れてしまうと次はいつこのような価格でご用意できるかわかりませんので興味のある方はどうぞお早めにご連絡ください。

イオン導入の効果に関してはこのカテゴリーにもご紹介しておりますしドライオイリーとブログを検索いただくとこの機械がどれほど効果的かの事例もご紹介しております。

yokoi@kaminonayami.net

2008年08月07日

低周波治療器の育毛における効果の説明

低周波や高周波の違いなどの質問を多く受けましたので書かせていただきます。

育毛のケアにおいて、血行を促進させる基本的な考え方としては育毛剤やマッサージになります。所が育毛剤は患部である、毛乳頭に到達しなければ効果を発揮しないこと。さらに毛根内部での作用は高くなりますがそこまでに至る血管が詰まっていたり、血のめぐりが悪ければ意味がありません。さらに育毛剤を塗るたびに毎回一定の量が到達するわけではなく、今日は育毛剤が入っても明日は同じ毛穴に育毛剤が入らなかったでは回復に要する時間が長くなってしまいます。

このような機械を使いメリットの一つとしては毛穴内部だけではなく、その周辺の血行を促進してくれる事。さらにマッサージでは到底刺激することが不可能な深部にある血管に刺激を与えてくれます。少し内容は難しくなりますがまずは低周波治療器の効果について説明をいたします。

頭皮などの血行促進用低周波治療器は、低周波を使用することで神経が刺激され筋肉運動を促し、『血行促進』『硬直した筋肉をほぐす』『神経痛・筋肉痛などの緩和』などの効果を生み出します。低周波治療器が認知されている効果としては肩コリの緩和や疲労回復に有効であると知られています。抜け毛の要因の一つである頭皮の血行不良も改善することが低周波治療器で行え、頭皮の代謝機能が高まり育毛剤がより吸収されやすくなり効率的な育毛の方法の一つです。

電気治療器とは、人体に直接電流を流すことにより鎮痛、血行改善を行なう治療機器であり、低周波治療器、高周波治療器が含まれます。
低周波治療は肩こりや神経痛などの症状緩和に効果があるといわれていて、高周波治療は温熱効果・自律神経調整作用、アレルギー性疾患などに効果があると言われています。
高周波とは電子がプラスとマイナスを波のように往復しながら伝わっていく現象です。そのプラスとマイナスの往復が1秒間に何回起こるかあらわすのが周波数、ヘルツという単位で表現されます。この周波数が30,000(1秒間に30,000回)を超えるものは高周波と呼ばれます。

医療の世界では、腰痛、肩こり、捻挫などの整形外科的治療や、手術後の皮膚の回復促進などに使われており、優れた効果を発揮しております。
エステ業界では、高周波療法が取り入れられ、幅広く様々な症状に適用され良い結果を出しております。


・1秒間に何万回もの電波マッサージと温熱効果により血管が拡張し、全身の血流が良くなり、皮膚を通じて、内蔵やツボ、自律神経、内分泌に働き、基礎代謝を高め新陳 代謝を活発にします。

・内分泌の異常、内臓の弱さや自律神経の乱れからくる肥満や全身の肌荒れを解消していきます。基礎代謝が上がり新陳代謝が活発になれば、ひとつひとつの細胞を活発にすることから、老化による皮膚のたるみを防ぎ、皮膚が活性化される効果があります。

マッサージすることによって血液の循環を良くして皮膚温度を上げていきますが、もっと身体の芯まで温める効果があり細胞に活力与えること効果が高周波にはあります。

低周波はビリビリ感じますが、高周波はそういう電気的な感じ方はなく、温かくなってきてぽかぽか気持ち良いです。身体を温めるということは美容の基本です。高周波を使うことによってそれができるので、細胞ひとつひとつを元気にしてエネルギー代謝が上がるから様々な効果が発揮できます。


低周波治療とはパルス波1.5∼2.5  ヘルツの低周波が皮膚や体内組織を刺激し、血液の流れ、リンパ液の流れを促進させます.皮膚や血管、それに筋肉などの組織の新陳代謝が冗進されます。低周波の波形と周波数により刺激作用が異なります。低周波を育毛機器として使用する目的は次のようなことがあります。

医療業界においては「電気体操、骨格筋の機能回復」のために 低周波治療器を用いていますが、その原理を応用して他動的に筋肉を動かします。大脳より発する運動神経支配下の筋肉へ、人工的に電気信号を送り、目的の筋肉を可動させるのです。目的筋肉への運動神経走行が皮膚に近い点をさがし、導子を接着させると筋肉は動きます。

医療の機器は1ヘルツ∼1000ヘルツの周波数で1ミリアンペア∼10ミリアンペアの電流を用いて いますが、育毛機器では電気の出力を下げて作られており、筋肉を他動的に運動させる目的は、現代人の運動不足を補うためです。筋肉を動かさないために起こる筋肉廃用性萎縮を防ぐや積極的に筋肉の増強を目的とします。以前に話題になった腹筋を鍛えるEMS治療器などが医療機器などに使われている物に類似しています。

低周波を使うことへの効果としては代謝促進効果がみられます。うっ帯している組織液(血液)の還流が促されます。

低周波治療器

keaper.JPG

さらにこちらの機械は電気的刺激によって毛根内部の立毛筋を縮ませる効果があり、強制的に老廃物や皮脂などで毛穴が埋まっていたとしてもそれを排除しやすくし、育毛剤が浸透する隙間を広げてくれます。通常であればケアをはじめてもまずは毛穴の状態の改善がされなければ育毛剤は毛根の奥底にある毛乳頭まで到達しません。所がこのような低周波のもうひとつの効果によって夏場の過酷な環境下でケアをはじめたばかりの人でも育毛剤が確実に毛乳頭に届きます。

高周波治療器の育毛における効果の説明

高周波治療器が低周波治療器と異なる点としては直接的な電気的な刺激ではなく温熱効果を高めることで血行を促進させる作用があります。さらに脂漏性の炎症など、皮脂や汗によって繁殖している雑菌を死滅させてくれ、皮膚の沈静化を測る効果もあります。このため、現在では歯科の分野で高周波が取り入れられており、歯周病などに対して有効な効果があるといわれております。

重度の脂漏性皮膚炎の方の場合や皮膚の弱い方の場合だと、血行促進のために使用できる育毛剤が限られております。皮膚の安定化を優先してのケアを行ってから初めて使用できる育毛剤の選択肢も増えてきます。所がそれまでにかかる時間はどうしても髪の発育に影響してしまい、回復までにかかる日数も増えてしまいます。

高周波に限らず低周波も含めて、血行促進やケア方法に制限がある、女性のように高濃度のミノキシジルやプロペシアを使用できない方。またアレルギーやアトピー、さらに重度の脂漏性皮膚炎で強い
刺激を与えるのが難しい方におすすめです。

高周波治療の作用としてはジュール熱作用によって、体内組織を内部より加温します。 この体内加温は組織の代謝を冗進します。生体は電気の誘導体です。電気の流れた部分には、流れる電極の反対の電気が体内に誘起され、その現象を分極といいます。

高周波電流は、周波数に応じて極性が変化し、体内の有極性分子に回転運動が起こり摩擦熱が発生します。体を構成している水分子やアミノ酸は有極値分子ですので周波数の数だけ回転し、ジュール熱を発生させます。このジュール熱は、血液、リンパの流れの循環を促進させ、組織の新陳代謝を冗進させます。

この血液、リンパ液の流れ及び代謝促進は、賞金糾包の走化性を高め、リンパ球の抗体産生能を 促進するために免疫機能の強化も期待できます。また、高周波が発生させるジュール熱による体内の適度な加温は、自律神経を調整させ、リラクゼーションも得られ、ストレス解消の効果も期待できます。

医療においては「難治性骨折電磁波電気療法」がありますが育毛器は、出力を下げて作られ、目的別に周波数の異なる美容機があります。

7万ヘルツ前後の高周波は、皮下 3 ミリの深さで全身に拡歩くる性質をもっています。この現象を人体への表皮効果といいます。

通電した高周波の 50%は表皮全体へ拡がり、後の 50%は深部へ透過し、皮下数センチ∼10 センチ前後まで達しますが、その透過中に減衰していきますので、単位面積当たりのエネルギーは少なくなりますが、適度に体内を加温することができます。このことは、全身性の代謝の促進効果を持つことを意味します。

具体的効果としては次のようなものがあります。

1.リラクゼーション
皮膚には、神経繊維終末の変化した感覚受容器が無数に存在していますがそれらの感覚受容器を高周波で刺激すると、脳の知覚神経中枢の体性感覚野を刺激され、自律神経が活性化させます。自律神経がバランスのとれた働きをすると、その支配下の内臓諸器官や血管等の機能の調整がとれて、健康増進の一助けになります。

2.7 万ヘルツ高周波の育毛効果
7万ヘルツの高周波は、体を適度に加温し基礎代謝を促進させます。即ち、頭皮の血管の代謝の促進効果があると言われています。基礎代謝を冗進させるいちばん良い方法は、もちろん自分自身が運動することですが、現代人は 運動不足による基礎代謝低下を少しでもくい止めるために7 万ヘルツ高周波を利用します。さらに頭皮のように運動などで基礎代謝を上げることができない部分で同様の効果を得る方法としてはマッサージがありますが高周波ほどの効果を得るのは容易ではありません。

また、細胞レベルで見てみますと、血中のリバーゼの増加が起こり、脂肪細胞内の異化作用が活発になると考えられます。それは脂肪細胞内の脂肪酸の遊離及び血液への放出を増加させます。

その上、高周波の温熱効果により、体内組織の代謝の冗進が同時に惹起しているので、脂肪細分解、放出された血中の脂肪酸の体細胞へのとり込みが増大します。脂肪酸は体細胞内に 胞よりおいてエネルギーに変換させられますので、

3.健康な頭皮を促す効果
7  万ヘルツの高周波の表皮効果は皮膚組織の新陳代謝が促進され、表皮の基底層、細胞の代謝促進によりスムーズな角化作用が得られます。真皮の汗腺、血管、神経の代謝のが活発になり、肌はなめらかなキメ細かな肌となります。なお、真皮内の繊維芽細胞の働きが強化され、コラーゲン繊維、エラスチン繊維の産出力も強くなり、皮膚は弾力性、保水性が高まり、みずみずしい張りのある肌となります。

このような効果は温浴、運動、マッサージ、育毛剤と等も同様の効果がありますから、それらと併用した施術をおこなうとさらに効果的です。

低周波が高周波などの温熱作用のあるものと同時に併用する効果として温熱を加えるとエネルギー消費も多くなり、使用効果は増強されると言われています。

低周波と高周波を同時に一台で得られる育毛機器

10-07-08_1015.jpg

低周波と高周波双方の効果を一度で同時に得られる機械はそれほど多くはありません。さらに大半の物が数十万円になります。このような機械であれば回復までの時間を短縮化するばかりか日ごろのケアの時間を短縮化することも可能になります。

600x450-2007111600005.jpg

また、上記機械のように高周波と低周波を別々に使用できる育毛機器もあります。脂漏性皮膚炎や皮膚の異常がある方などは最初は高周波を重点的にご使用いただき、週に2回程度、低周波を使う方法もあります。それによって皮膚の沈静化を測りながら血行促進をまずおこなって、安定後は低周波などの電気的刺激によっての血行促進を取り入れていただけると思います。

2008年08月16日

立毛筋を低周波で刺激するケア

先日、ブログにおいて低周波の血行促進効果について述べさせていただきました。大変多くの反響をいただき、誠にありがとうございます。育毛剤で血行を促進するとは別の手段もあるという事はご理解いただけたと思います。さらに高周波は脂漏性皮膚炎から起こる、雑菌の繁殖や炎症を抑える事ができるのをお話をしましたが低周波ももう一つの効果がございます。

それは低周波の通電によって毛穴内部の立毛筋が縮む事によっての毛穴の広がりです。

突然感じる寒気などで腕の体毛が逆立つような感覚を覚えた経験は誰もがあると思います。さらにホラー映画などで突然のシーンでハッと驚く場面でも毛が逆立つといいます。あれは脳の神経から伝達される信号によって瞬時して広範囲の毛穴内部にある立毛筋に縮む事によって毛穴が開き、毛が逆立つという結果によって起こります。

抜け毛を防ぐには毛穴の広がりがとても重要なことは既にお分かりいただいていると思います。毛穴内部の皮脂や老廃物が髪の成長を妨げ、髪が育つ十分な隙間を埋めてしまい抜け毛や細毛の原因となります。さらに育毛剤を使っているのに変化かが感じられないといわれる方がいますがこれも根本的な皮脂を排除するケアができていないからです。

今年のように極度の猛暑日が続いていると定期的に頭皮ケアに来店いただいてく方でも皮脂の付着が見られ、細かいケアの変更をお願いしておりますがまだケアを始めていない方にとって、今年の秋に起こるであろう抜け毛に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

直接、ご来店いただいた事のあるお客様であれば頭皮ケア後、毛根がどれほど綺麗になっているかをご覧いただき、尚且つ育毛剤が浸透する様子がどのようなものかお分かりだと思います。(同様の画像をご覧になりたい方は髪の基礎知識で動画でご覧いただけます)クレンジングローションをオゾンなどでスチーミング後、特殊なローションを用いてケアをさせていただく事で理想的な頭皮や毛根になります。

それをなんとかご自宅でも同様の結果を得たいただく一つの方法として、立毛筋を低周波で刺激することでの毛穴の広がり具合の画像を今回は掲載しております。

実験にご協力いただいた方は今回初めてご来店いただいたお客様でクレンジングローション、シャンプー、シャンプーブラシだけで対処した後に低周波を10分ほどご使用させていただきました。

tesyu2.jpg

画像を見てもしっかりと立毛筋が縮むことで、毛穴がしっかりと開いていることが分かると思います。さらに一つの毛穴から2本や3本の髪が生えだしているのが理想ではありますがその分、毛穴の広がりにもどうしても限界があり、その分の1本が細くなり始めてしまうのが薄毛や細毛の初期症状です。

tesyu3.jpg

こちらの画像は前頭部の生え際になり、通常の頭皮エステでも簡単に毛穴を広げる事が中々難しいのです。一つの毛穴から1本しか生えておらず、悩まれる以前はきっと前頭部のこの毛穴からも髪が2,3本生えていたとおもいます。それを低周波によって強制的に開かせると毛穴内部にまだ芽として残っている髪が生えだしやすくなるだけではなく、ご利用いただく育毛剤がこの髪の芽を刺激してくれます。

当然、低周波のメインの役割である血行促進作用も相乗効果となります。

毛穴を開かせる育毛の根本的なケアと育毛剤だけではカバーしきれない、血管を刺激することでの血行促進効果が低周波一台で得られます。前にもお話をしましたが通常このような機械は大変高価なものになってしまうので容易に手がでるものではありません。ですが今回のように定価10分の1くらいであれば若い方たちでもケアの一つとして取り入れていただきやすいと思います。

何より重要なのは定期的な使用になり、某有名発毛サロンが2週間に一度の来店を薦めるのはこのような低周波や高周波の効果を期待するからなのですが2週間に一度、血行を促進させても全く意味はないと思います。整形外科などが骨折の際にリハビリのために二日または三日に一度の通院を勧めるのは低周波の血行促進を効率よく行うにはそれくらいのペースが不可欠だからです。

今回ご紹介をした毛穴を広げる目的での低周波の使用であれば確かに2週間に一度でも毛穴を開かせ、老廃物を排除するだけであれば有効だと思います。ただ主な役割である血行促進効果も得るためには自宅で気軽に使えるような値段と環境だと思います。

2010年09月19日

低周波とミノキシジルの比較

ここ1か月ほどの間に様々な症例のお客様を拝見しました。その中で注目すべきはミノキシジルを服用や注射で打たれているお客様のご来店が多数あったことです。

ミノキシジルの血行促進効果は医学的にも実証されているものではあります。それらを使用したのにもかかわらず、改善を見なかったお客様からこれまでにも多数のご相談をいただいてきましたがやはりミノキシジルに限らず育毛剤の浸透性には毛穴の状態が大きく影響します。

先日も2年ほどのミノキシジル、レーザーに加え今年の5月より低周波も取り入れていただいたお客様がおられるのですが7月に入り、急激な脱毛に悩まれご相談をいただきました。ご本人としては低周波を取り入れたことでなんらかの問題が生じたのでないかと不安だったようです。

確かに2年のケアで大きな改善を見ていたのにもかかわらず低周波を取りいれて2か月経過した段階で髪が抜け始めたのであれば疑いを持つお気持ちも十分に理解できます。ですがお話を伺う中でそれまでおこなっていたクレンジングなどを中止されていたようです。これは状況が好転しているので独自の判断で止められたようですがいざ頭皮を確認してみると皮脂の付着が再発しており、再度クレンジングをおすすめすると今月に入り、抜け毛も止まったとご連絡をいただきました。

また本日ご来店いただいたお二人のお客様もおひとりはルートを使用開始後、より改善を求めるために低濃度ミノキシジルをご利用になられたのですが結果的にはかぶれてしまい、まだ残っていたルートに戻したのですが頭皮が不安定になってしまい通常の育毛剤も使用できなくなってしまいました。

育毛剤を使用できないのはやはり致命的であること。またレーザーを購入いただいて間もない時だったのですが低周波を血行促進のためにお使いいただき高周波を炎症の沈静化にご利用いただけるため、導入いただいたのですが使用開始をして3か月ほどですが血行が促進されている事が500倍のカメラで確認すると明白でした。

今日も二日前に低周波を使用された状態でわずかではありますが毛細血管の浮き上がりがあったのですが本日のケアでシャンプーなどで与えた刺激だけでもケア前とお帰りになる時では血管の浮き上がり方が全く違いました。

もう一人は某有名発毛クリニックに長年通われ、薦められて購入した低周波治療器を数年にわたり、朝晩お使いだったそうです。

効果のほどに関しては僕も疑問を持っていたのですがすでにお持ちの商品と類似するものを導入いただくよりはレーザーのほうが良いと考え、レーザーからお使いいただきました。

そうすると分け目の部分にそれまでにはなかった短い髪が確認できるようになったのですがご自身は実感がないためにそれが改善しているのかどうかわからないままでおられたようです。

そこで一度中止していただいた発毛クリニックの低周波を再開いただき、レーザーとの取り合わせで次回来店いただいた際にどこまで血行が促進できるのか確認をすることとなり、導入いただいたレーザーとおもちの低周波を使用したのですが残念ながら2ヶ月後にご来店いただいて頭皮をみても血管の浮き上がりを確認をすることはできませんでした。

そのお客様も前回ご来店いただいた際に低周波を取り入れていただき、今回はじめて頭皮を確認したのですが先にお話をお客様同様に2日前に低周波をご利用になられており、48時間以上経過してもケア前に毛細血管が確認されていてケアをおこなった後には使用前とはことなるくらい血流が好転しているのがはっきりと見てとれました。

実は先日ご来店いただいたお客様の中に数人ミノキシジル注射をされているお客様の頭皮を立て続けに診断したのですが注射を前日に打たれた方やいつも注射を受ける、前日の方など頭皮を確認してみると前日にミノキシジルを打った方の頭皮では低周波を使用した時と同じような血管の浮き上がりあったのですがケア後、さらに低周波使用後をすべて比較してみると来店時の時とは段階的に血管の浮き上がりが異なることがはっきりしていました。

ミノキシジル注射をこの2年ほど継続されていて、翌日にいつもの投薬を受ける予定のお客様もすでに血管をケア後も確認できないような状態のですが低周波をお使いいただいた後にはまるで別人の頭皮をみているような改善が見られたのでご本人が驚かれておりました。

その方は同じ名古屋の方だったので来店も容易だったために、注射を受けて翌日と1週間経過した頭皮の状態を比較的のですが低周波をご利用いただいた翌日と全くことなる状態大きなショックを受けておられました。

中々、これほどの頻度で頭皮を確認いただくチャンスはないのですが歴然とした差があり、医薬成分でもっとも効果が高いと期待されている育毛剤をもっとも効果的かつ痛みというリスクを我慢していたのに打ってもらっていた注射と低周波での効果が目視できる形でこれほどまでに違うことが信じられないといわれておられました。

ですが事実としてご自身が確認をいただいことから最終的にはミノキシジル注射をやめると決められたようです。

ミノキシジルを注射で打つという方法をとっている国はほとんどありません。他国でも使用されているような宣伝をしている病院が多数ありますがその国の検索サイトでHARGといれても残念ながら日本のサイトがでてくるのがほとんどです。

1本のミノキシジルの注射を打ってどれほどの面積に成分が到達しているのかがわからないこと。さらに点滴や通常の注射を腕に血管が見えているものに注射をすることも大変なのにもかかわらず、500倍のカメラで(一つずつの毛穴しか見えない)確認しても画面上では糸ほどのほどの細さの毛細血管に注射が打てるのかどうか?

気にしている部分にミノキシジル注射をしているから効果があるのではありません。1本の注射が面積的に効果を上げるのであれば血管内にミノキシジルが打たれることが必要です。それを生えている髪よりも太い注射針で顕微鏡でも確認が困難な毛細血管に打つことが本当に可能かどうか?

2,3日に一度の低周波やレーザーの使用は確かに大変だと思います。ですが注射というリスクを冒すよりも圧倒的に髪の主成分となる血流が促進されているのを自らの目で確認をするとその印象は全くことなるものになると思います。

ご相談などは以下のアドレスで受け付けております。

yokoi@kaminonayami.net

HAIRMAX の価格などは以下でご紹介をしております。日本国内で正規代理店は現在当店だけとなります。

http://www.kaminonayami.net/pdf/hairmax.pdf

メールマガジン創刊のお知らせ

2010年11月12日(金)、まぐまぐさんにて、
メールマガジンを創刊します。
毎月2回、第2週、第4週の金曜日配信で価格は月368円(税込)
1ヶ月目は無料です。

サロン内でしか話せないこと、
サイトでもブログでも書かなかった内容を展開して行く予定です。
PC向け配信のみになりますが、購読手続きは以下のリンク先から可能です。
皆さん、是非、今の内に購読手続きをお願い申し上げます。

まぐまぐID 0001192850
育毛アドバイザー Mr.横井の決して表には出せない育毛の話
http://www.mag2.com/m/0001192850.html

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


カテゴリーリスト

髪の悩み.net