カテゴリ「新製品の紹介」一覧


2007年01月04日

新保湿商品

冬場に入り、髪や頭皮の乾燥についての注意をなのどかさせていただきました。この時期、頭皮や髪の水分が極端に減り、多くのトラブルを引き起こします。頭皮が乾燥していればそれを補うためにさらに皮脂を分泌し髪は水分を失うことでパサツキ髪のボリュームなどもなくなってしまいます。

以前から紹介していますメリカは天然成分配合で優れた保水性を持ちこの時期のトラブルに大変有効な商品でした。現在においても乾燥にお悩みの方には全身にも使えることからお勧めできる1品です。ですが更なる保水効果や髪や頭皮に有効的に使える商品として今回発売された商品は大変効果的な商品となります。

メリカ同様に天然成分のみで作られており濡れた肌や髪にお使いいただく点においては同じです。アトピーや酷い乾燥肌の場合はこちらの商品を二倍に薄めてお使いいただければそのままでもご利用いただけます。さらに僕たち美容師がカラーやパーマなどの際にこちらの商品を薬剤にまぜたり、現在皆さんがお使いのボディソープや化粧水などに混ぜていただくことも可能です。

さらにメリカよりも優れている点としては継続的なご利用により頭皮を清潔に保ち、髪にボリューム感を与えてくれます。それとくせ毛などで悩みの方の場合にはまとまりも良くなります。

これは濡れた肌や毛髪につけてすり込むことで生じるわずかな熱と水分によって天然ミネラル成分が浸透がすばやく浸透します。さらに毛細血管が刺激され血行を促し、代謝を促進します。

そこにさらにこのジェルを塗ることでこの商品に含まれる海藻成分がもつ放熱作用がすり込む際に生じた熱を分散し肌と髪を冷やしてくれます。

すり込む際の熱(温)と二度目の塗布での放熱作用(冷)を繰り返すことで温冷作用がおきて髪や肌を健康に保ってくれます。

健康な毛髪に必要な間充物質というボリュームやハリに関連する成分を天然の植物成分と海藻がPPT(ポリペプチド)の代用をすることで毛髪自体を根本的に健康にしてくれます。

メリカでは保水や保湿が主な役割でしたがラガッツアやアレグなどで皆さんがお分かりのように海藻などのミネラル分は髪に大変大きな変化をもたらしてくれます。

現在お使いのシャンプーで保水効果やボリュームなどに満足がいかない方であればこれをほんの少し現在ご利用のシャンプーに混ぜていただきタオルドライ後に再度塗布いただくだけでより高い効果を期待できると思います。

冬場だけではなく一年を通して新たなケアだと思いますし値段から考えれば大変お得なケア方法でしょう。髪のキシミやボリュームに対するご不満。さらに頭皮の油分と水分のバランスなども簡単に改善することがこちらの商品で可能になると思います。

ぜひ一度お試しください。

2007年01月08日

新保湿商品2

先日お話をした保湿商品の経過をお知らせします。

今回の商品は保湿効果だけではなく髪にハリを与えてる効果があります。前にご紹介をしたヒアルロン酸もそうですが髪には水分を保持する隙間があります。ダメージや髪の衰えなどによって水分が失われるとぱさつきや髪にハリがなくなります。そこで効率よく水分を補うとこの隙間が埋まります。それは水風船に水をいれると膨らむのと同じような効果です。

年末年始にかけて数多くのお客様にご来店いただき様々な髪質の方でためさせていただきました。シャンプーに混ぜた後、タオルドライ後2,3プッシュぬれている髪に直接塗布いただくことで髪にボリューム感を与えてくれます。

下手なスタイリング剤をお使いになるよりも日々このような商品で髪を改善したほうが髪は確実に良くなります。

頭皮や髪に乾燥などのトラブルがなくともぜひ今回の商品はケアに取り入れていただく事をお勧めいたします。

2007年01月22日

新ルートプラスワン 2

先日ご紹介した薬用ルートプラスワンについてもう少しご説明させていただきます。

従来のルートプラスワンは毛根内の上層部にあるバルジ領域を刺激することで毛根内部や周辺細胞の再生化が主な役割でした。この元となる成分がミルクプロティンで牛の初乳から摂取したものになります。ただ同時に血行を促進することは不可能でなんらかの従来型(血行促進成分)の育毛剤の併用が不可欠でした。

所が今回新たに発売された薬用ルートプラスワンは以前のミルクプロティンに乳酸菌を加え新たにMPC(ミルクペプタイドコンプレックス)という成分を開発し細胞の再生能力を従来の40倍まで増やすことに成功しました。

これにより飛躍的に毛乳頭などを含めた細胞の再生化が短縮されさらにセファランチンなどの血行促進成分や感光素301号など細胞を修復、活性化させる成分なども加わり髪や頭皮の成長を促します。

実際メーカーの実験データとしては薬用ルートプラスワン単体よりもは従来のルートプラスワンにウイHを併用されている方のほうが効果があるようです。ですが僕の個人的意見としてはやはり新しい薬用ルートプラスワンに含まれるMPCの絶大なる効果を考えると可能であればウイHやセフィアンRと新薬用ルートプラスワンを併用することが一番だと考えます。通常であれば二種類の血行促進成分の育毛剤を使うのは危険ではないかとのご意見もあるかもしれませんが他社の70%近いアルコール濃度の育毛剤とは違い双方とも25%まで抑えられている製法によって可能だと考えています。

従来のルートプラスワンに比べると値段は高くなってしまいますがより早く、的確に結果を期待するのであればこのような方法もありますのでぜひ一度お考えください。

2007年03月02日

髪や頭皮の治療用シャンプー&トリートメント発売

今回クレンジングローションでも紹介しているサニープレイスから濃密マスクシャンプー&トリートメントが発売されました。

業界発の3つのポイントや新成分に加え新処方の商品が出てきました。特徴としては従来15分程度かかっていた補修成分が30秒で済み、アイロンやコテをお使いの方などには200度までの耐熱効果があり保水力が10倍です。さらに紫外線などから受けるダメージの進行を抑えてくれます。

このシャンプーに含まれる新成分であるペリセア(旭化成開発の新成分)というアミノ酸の一種が従来のセラミドなどの成分よりも優れた浸透性を発揮しており、さらに熱にとても強い特性と髪のダメージ補修が可能となりました。

さらにアスタキサンチンという生物の赤い色素の元となる成分(シャケの身、カニ、エビなど)はとても優れた効酸化作用があり、肌あれや老化の防止に大変効果があると注目されている成分でアトピーやアレルギーをお持ちの方にはお勧めです。

今回の濃密マスク&シャンプーは髪のダメージでお悩みだったり頭皮などのかゆみや炎症を抑えてくれるのがポイントです。

ペリセアを配合したシャンプーは現在この1社の商品のみで今後、化粧品などにも幅広く利用されていくことでしょう。

次回はアスタキサンチンが配合された炭シャンプーをご紹介したいと思います。

2007年03月07日

新シャンプー(前編)

前回紹介した新しく取り扱い予定のシャンプー。詳しい成分表などがまだ手元に届かないので概要をお話いたします。

今回の商品は頭皮ケア用で良く使われる炭シャンプーになります。以前にも同様の商品を出しておりそちらのリニューアル版になります。こちらのシャンプーにも前回同様アスキタサンチンという効酸化成分が含まれており、皮脂などから受ける悪影響を緩和し当然除去する効果もあります。

洗い心地はシャンプーというよりも歯磨きで頭を洗っているような感じで適度な爽快感があります。さらにこの商品はシャンプー単体での使用が可能となります。

アレグの使用感が少し物足りないと感じている方には良い商品だと思います。

具体的有効性に関しては次回お伝えいたしますがアスキタサンチンの効酸化作用は今後女性用の基礎化粧品に老化を防ぐものとして大変注目をされています。

肌も鉄などと同じで細胞が錆びるといわれています。最近良く耳にする肌年齢は当然頭皮にも存在し、生活環境や衛生面などにおいて頭皮の肌年齢が実年齢よりも高いと当然髪の生え変わるサイクルが短くなったり髪の再生化が鈍るとされています。

シャンプーを近日中に変えたいとお考えの方たちには今年の暖冬によって普段よりも皮脂分泌などが春に向けて増えると思いますので良い機会だと思います。

2007年03月20日

髪の治療用シャンプー&トリートメント発売 2

以前紹介させていただいた新商品の中で髪のダメージに対して高い回復力を持つ濃密マスクシャンプー&マスクトリートメント。

通常自宅でも数分の放置タイムが必要なトリートメント。サロンなどで利用する本格的な商品の場合は15分近く置くこともあります。ところが今回業界で初めてシャンプーに配合されたペリセア(旭化成)は補修速度が30秒となりアイロンやコテを使って受けるダメージに対しても200度の耐熱効果があり保水力は10倍。紫外線防止作用のアスタキサンチンも成分と利用されているのでクセ毛からくるまとまりの悪さ。ダメージやこれからの季節カラー毛などが心配しなくてはいけない紫外線などに大きな効果が期待できます。

旭化成の実験データによると毛髪破断強度では健康毛を100%とした場合ダメージ毛が80%だとしてペリセア0.1%配合することによって強度が95%まで回復するそうです。さらにダメージ毛の髪の太さの相対断面積がダメージ毛が90%、健康毛が100%、ペリセア0.1%に1分間浸漬することによって97%まで回復したようです。ダメージ毛の特徴である手触りの悪さも健康毛並に回復するようです。

今回の新成分であるペリセアは先に紹介したようにシャンプーなどの頭髪用の製品に配合されたのが業界では初めてで他の製品とは比較しにくい部分がありますがダメージ毛やクセのまとまりの悪さなどにお悩みの方には最適な商品だと思います。

ただこの商品は皮脂などの分解成分などは入っていませんのでシャンプーを従来のものをお使いいただきトリートメントをこちらにするのも良いかと思います。

2007年03月30日

ヒアロモイスト シャンプー&トリートメント

以前から取り扱っておりました。ヒアロマックス(洗い流さないトリートメント)から新たにヒアロモイストシャンプー&トリートメントが発売されました。

女性の基礎化粧品などに含まれるヒアルロン酸。一番の特徴はその高い保湿性です。特に加齢による肌の乾燥を防ぐ目的で配合されています。その効果に着目しヒアルロン酸を髪に塗布した所、髪の乾燥を防ぐばかりか弱った髪にハリとコシが一瞬にして戻る事がわかりました。それまでの美容業界の概念としては保湿性のあるものを髪に塗布するとボリュームが収まると考えられていましたが全く逆の結果が現れました。

これは髪の内部に水分を保存しておく隙間がダメージや加齢に伴い水分を内部に保持することができなくなって外に流失してしまいます。それによって髪内部に隙間ができてしまいハリやコシがなくなってしまいます。簡単に考えていただくとすれば健康な髪の中には水分で満たされた水風船がいっぱいあるのがダメージや加齢によって水がなくなってしまい風船が萎んでしまっているような状態が起こっているわけです。

そこで今回発売されたヒアロモイストやヒアロマックスを使用することで髪の中の水風船が再度水分で満たされる事で潰れていた風船がまた膨らみ、結果ハリやコシが戻ります。

さらに加水分解コンキリオンというポリペプチドとアミノ酸に保湿効果があり肌や毛髪にうるおいやツヤを与えます。

弱酸性タイプの商品ですのでカラー毛などにも最適です。皮脂などを分解する効果などはありませんが細毛や髪のボリュームなどが気になる方にはお勧めの一品です。シャンプーとトリートメントに加え、従来から発売されているヒアロマックスを併用いただくとさらに効果的です。

2007年04月24日

精炭酸シャンプー (ザクロエキス配合)

先月ご紹介をした新しいクレンジングシャンプーなどの効果などがわかりましたのでお知らせいたします。

以前から紹介をしておりますサニープレイス社のクレンジングローション。シャンプーや基本のケアのベースとなる商品を多数開発しております。今回のザクロシャンプーは以前にも同種の物がありましたがより多くの有効成分が加わったのと以前は洗髪リンスになっておりました。

今回は炭などの消臭、消炎効果に加え世界最速の補修性アミノ酸のペリセアも配合されています。ペリセアには髪のツヤばかりではなくハリやコシをアップさせる効果があり熱に対するダメージにも高い安定性を保つことができます。皮脂の分解能力などもすぐれておりザクロエキスがホルモンなどのバランスも整えます。

シャンプーを選ぶ際に殆どの場合、特定の効果を期待してしまうケースがあります。ですが今回のシャンプーは成分などによって総合的に頭皮の年齢を10歳若返らせる目的の商品とお考えいただくといいと思います。

2007年04月27日

ヘッドスパブラシ

20070427151719.jpg


今回掲載している写真は新たに販売されているヘッドスパブラシです。以前から紹介しているシャンプーブラシなどは手で洗っていただくことを基本としてその仕上げでお使いいただく物です。濡れている髪は絡みやすいこと。さらにブラシの形状によっては逆に髪を抜いてしまったり頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

似たような商品をドラッグストアなどでご覧になると思いますがこのブラシは設計などの面から全く異なる商品です。ブラシが二つついているのはシャンプーをする際、両手にはめていただきご使用いただくためです。最近多くの女性がネイルケアやアートをされていてシャンプーの際に爪をかばってしまったり、長すぎて指先が地肌に届かないこと。エクステなどをつけているどうしても絡まり易く地肌を洗っていないことも多いようです。このような要因も女性の抜け毛や薄毛の原因にもなっているようです。

さらにシャンプーをしている際に泡立ちが悪く、必要以上にシャンプーをお使いになってしまう方がありこれもトラブルの一端となりますが空気をいれながらシャンプーができるので少量でプロと同じような泡立ちになります。

特殊構造のためシャンプーだけではなくトリートメントを髪に均等に塗布出来て、すすぎなどもしっかりと行え、ブローの際にもご利用いただけます。

確実な形で皮脂を除去するのであれば以前より紹介しておりますシャンプーブラシの方が確かに良いと思いますが現在シャンプーブラシを利用している方でも毎日の手で行っているシャンプーの時にこちらをご使用いただくことはいいと思います。またシャンプーブラシをお持ちでなく、取り合えず日々のシャンプーをしっかりとしたいとお考えの方にはお勧めの商品です。

値段も1890円ととてもお値打ちです。

2007年06月17日

猛暑に向けての皮脂に対するケア(必見)

20070617115810.jpg

今年はラニーニャ現象によって梅雨が短く、気温も異常な上昇を見せている地域があります。先日も6月の北海道で35度を越える日があったり。皆さんのお住まいの地域によっても気温などには違いがあると思いますが前回のブログでも書いたように習慣的に頭皮エステに来店いただいているお客様の中でも一ヶ月前にケアをしたのにも関わらず皮脂が詰まっている状態で来店される方が多数おられます。

今までは詰まった皮脂を排除するというケアをお勧めしてきました。殆どの場合、その年の気温などからシャンプーの変更をお願いしたり。クレンジングローションの使用頻度やシャンプーブラシなどの回数を増やすことで対応してきました。所が今年はそれだけでは不十分ではないかと正直思うほどです。

先日紹介したザクロシャンプーもメーカーのあまりにもの売れ行きに生産が追いつかず、300ミリのサイズの商品が現在欠品しておりますが今回は今までとは少し違ったケアをご紹介したいと思います。

左はシャンプーになりますがセンブリエキスやヒアルロン酸。真珠蛋白質、やシルクプロティンなどを成分とした過敏性やアトピー性皮膚炎などを抱えている方でもお使いいただけるクレンジングシャンプーです。肌が弱い方でさらに皮脂などのトラブルを抱えている方の場合、クレンジングローションやブラシの使用に制限が出てきてしまう場合があるのですがこちらのシャンプーは過敏性の肌の方でも安心してお使いいただけるクレンジングシャンプーです。この商品であればアトピーなどをお持ちの方でも安心して頭皮のケアが行えます。こちらのシャンプーは300ミリで1890円です。

右の商品は頭皮用のヘアローションになりフラボノイドやセンブリ、クララやヒアルロン酸が配合された商品になります。実は今回の猛暑に向けての皮脂に対するケアに不可欠ではないかと考えている商品です。

頭皮エステの際に僕の店でも皆さんにご紹介しているクレンジングローションなどをオゾンスチーミングや遠赤外線などを用いて皮脂を浮かせてシャンプーなどをします。これは頭皮エステの準備のようなもので皮膚の表面に付着する皮脂を排除するのが目的です。専門機器は確かに使用しますが使う商品はみなさんと同じものにしております。

ここからポイントになります。事前に表面の皮脂を綺麗にしておいた頭皮に特殊の皮脂を分解させるローションを15分間循環させ塗布します。これによって毛根内部の皮脂が完全に排除できます。シャンプーの濯ぎ不足や合成界面活性剤など皮脂と混ざり合って毛根内部に残留していたものがこの段階で排出されたり場合によってはカラー剤などが出てくるケースもあります。

この時に使用するのがこちらの右側の商品です。ご自宅で使用いただく際はお風呂から出た後にタオルドライをした後につかったり、翌朝、乾いている状態でもお使いいただけます。内容量は200ミリで5040円となります。

主な役割としてはシャンプーやクレンジングローションで綺麗なった毛根は再度、皮脂を分泌します。これが空気に触れ、汗などと混ざり合うと酸化して固まります。そこで今回のこのローションを塗ると酸化を防いでくれる効果や頭皮のバランスを保ってくれます。気温が上がり、皮脂や汗の分泌が活発になるこれからの季節はとても大切なことです。ですが同様の役割の商品はとても少なくさらに日々のシャンプーやクレンジングができていれば普通問題がないのですが今年は今から注意が必要だと思い、はじめてご紹介しました。

通常僕の店で頭皮エステでこちらのローションを使う際は約400ミリ程度を一度で使うのですがそれによってシャンプーやクレンジングローションで落ちない老廃物(皮脂、合成界面活性剤、カラー、シャンプー剤)などがすべて排除できます。

頭皮エステにご来店いただいているお客様の方が回復が早いのはこのような専門的なローションで一度でも頭皮や毛根内部を綺麗にすると後はそれを維持するだけで良くなりますが在宅でのケアでは日にちがかかります。

そこで今回は夏場の汗や皮脂によって深刻な事態にならないよう皮脂の酸化を防いでくれるこちらのローションをぜひお勧めしたいと思います。

2007年07月08日

ホップ配合商品 今注目されています

20070708120040.jpg

ケアの商品には様々な役割があります。当然皆さんが希望するのは一つのシャンプーや育毛剤などですべての状況に対応してくれる商品だと思います。所が大きな間違いはそこにあります。

男性ホルモンの抑制、血行の促進、皮脂や老廃物があっても高い浸透性が期待できる、毛根内部の細胞の再生化。状況に応じて必要となる効果は人それぞれですがすべての効果を1本でまかなうことはできませんし仮にそのようなすべての成分を配合した商品が仮にあったとしても一つ一つの効果は明らかに弱くなってしまいます。

目的と用途が明確な専門的な商品を複合的にご利用いただくことが回復への近道です。

今回紹介する商品はビールホップが配合されたエッセンスです。こちらの画像の商品よりも純度の高い100%ビールホップエッセンスの商品もございます。もちろんそちらのエッセンスのほうが以前紹介したビールホップの毛根内部の女性ホルモンの増加を図るには適しております。塗布も3日に一度と簡単です。ですが商品の関係上、内容量が30ミリであるため、広範囲に塗ることが難しいと思います。

そこで今回紹介するこちらのエッセンスはビールホップを主体としたエッセンスで200ミリ、2940円と大変お徳になっています。血行促進成分などは配合されていないので他の育毛剤との併用が不可欠ですが男性ホルモンなどの影響によって髪が細くなっていたりする場合、旋毛などの周辺になると広範囲になります。さらに現在は進行していない箇所にもたっぷりと塗っていただけると予防の意味でも大変効果的な商品だと思います。

ここ最近BBSやブログなどでフィナステリドを服用していてもそこまでの結果に繋がっていない方たちの書き込みを見かけるのですが今まで育毛関連商品の殆どが男性ホルモンを抑制する形の物ばかりでした。所が2年ほど前の資生堂とキリンビールの共同研究によってフィストロゲンというホップに含まれる新しい成分が女性ホルモンを活発にすることが分かりました。

今回の商品は男性の方の場合には毛根内部の女性ホルモンの量を増やし、男性ホルモンの影響を受けていたとしてもこちらのような商品で防ぐことも有効だと思います。

女性の場合で髪の弱りや抜け毛など、ストレスやホルモンバランスの乱れから起こるトラブルを抱えている方の場合に大変効果があると思います。

特に現在血行促進成分の育毛剤をご利用の方にはこちらのエッセンスで毛根内部の女性ホルモンを増やすことはとても効果があると思いますし薬用のルートプラス1をご利用の方であればルートプラス1の血行促進及び毛根内部の細胞の再生化に加え、女性ホルモンを増加させることができれば回復に大きな期待が持てると思います。

さらにこのエッセンスのシリーズで6月に紹介した頭皮クレンジングシャンプーも無添加の商品ですので成分などの安全性を第一に考えている会社の商品となります。

どうしても夏場はお使いいただくケア商品が増えてしまうと思いますがそれだけ過酷な季節でもあります。毎年安易に考えてしまった方たちが秋になると突然100本を越える異常な抜け毛に悩まされてしまう方がいるので先日紹介をしたような皮脂を抑制するローションは今の時期だけ必ずご利用いただいたほうがいいと思います。

ですが今回のホップエッセンスは一年を通してご利用いただきたい商品になりますし年齢を重ねれば重ねるほど必要になってきます。さらに自分自身が強いストレスにさらされているとお考えの方もホルモンのバランスの乱れはストレスによって引き起こされていることがありますのでそのような方にもお勧めだと思います。

今年に入り、育毛関連商品メーカーが続々とホップ配合のエッセンスを新発売してきています。その中でも値段や効果の面においても優れた一品だと思います。

2007年07月09日

もう一つのケア方法 (シャワーヘッド)

20070709142053.jpg


夏のトラブルなどに関しては最近多くの書き込みをさせていただいております。皮脂や汗のコントロールのためにシャンプーの変更や特殊なローションのご使用。過敏性肌の方の場合には保湿や消炎効果のあるローションも効果があります。さらにイオン導入器などは特に今の時期、御利用いただくのは良いことだと思います。

ですがもうひとつ様々な問題を引き起こしているのは日々のシャワーなどによる濯ぎ不足や水道水に含まれる塩素などが大きな問題になっています。

水道水には衛生上の観点からカルキや塩素が含まれています。ですが皮膚の弱い方など、汗や皮脂などの影響から過敏になっている肌が塩素やカルキに反応してしまって問題を引き起こしているケースが以外と知られていないです。プールなどによくいかれる方は分かると思いますが塩素を多く含むプールなどを利用しているとカラーをしていないのに髪の退色が起こったりするケースがあります。競泳などの選手などを例に挙げるとカラーをしていないのに塩素にさらされる時間が長いためブリーチをしたようになり、多くの方がわざわざ暗く染めている場合もあるそうです。そのため、塩素の影響を除去するローションなどが販売されています。

さらに今年のように九州地方を除けば深刻な水不足があげられていますが水道局などが節水の一環として水圧を下げたりするのはこの時期でいつもと同じ時間シャンプーの後、濯いでいても水圧が弱いためか十分に濯げていなくてシャンプーなどが残留している場合もあります。

一戸建てにお住まいの方はお分かりにならないと思いますが集合住宅やワンルームマンションにお住まいだと入浴時間が増える夜になると水がでにくくなったりする方もあると思いますがこれも問題の一つとされています。

よく最近目にするシャワーヘッドの交換によってマイナスイオンが出るとかカルキを分解するなどの商品は多数あります。ですが今回紹介する商品は水道水をマイナスイオン化(1cc当り471000個のマイナスイオンを測定)し通常のシャワーヘッドを28秒間流した時と比べると半分のお水しかでません。節水効率は高いのにも関わらず、通常のシャワーヘッドだと水圧が時速1.5kmのところをこちらのシャワーヘッドだと時速6kmまで上がり、水量は少ないのにも関わらずお水が120cm先まで飛ぶほどの威力になります。

さらに一番の効果はシャワーヘッド内部にビタミンCやアロエエッセンスを入れることで髪の痛みや肌のダメージに原因となる塩素を100%除去しシャワーを利用する頭のてっぺんからつま先までビタミンCとアロエエッセンスで肌を回復させてくれます。

一度入れたビタミンCは一人が一日10分間(100リッター)使用しても270日分になります。それに地域によって水質が異なり硬水の水の地域の方は石鹸やシャンプーのあわ立ちが悪いところがあります。水に含まれるカルシウムが石鹸やシャンプーと混ざり合うと結合し金属石鹸(石鹸カス)になってしまい頭皮や毛根に残留したりします。それをビタミンCなどによって軟水になることによってあわ立ちなどがよくなり、残留する石鹸やシャンプーが少なくなります。

マイナスイオンやビタミンCによる髪の痛みや肌荒れを防止するだけではなく、節水量50%で尚且つ水圧のアップが図れ、塩素などの悪影響を排除することができます。

値段は12600円で日本のどのシャワーヘッドにも装着できるアダプターが3種類揃っています。

以外と知られておりませんが日々お使いになるケア商品や方法も大変重要ですが毎日自分がつかっているお水を安全で尚且つ効果的なお水に変えることはとても大切です。毎月の水道費の節水費で気楽に購入いただけると思います。

海外などに行かれた経験のある方はお分かりだと思いますが日本で全く問題なかった髪が海外で1週間ほどいてシャワーを利用していたら髪がパサパサになったという経験をお持ちだと思います。これは水道水に含まれる塩素の濃度が日本に比べると高いことが影響しています。特に夏場は雑菌などの繁殖が増えるために日本でも塩素濃度が上がる傾向にあるのですがこれが知らないうちに髪や皮膚に多大なる影響を与えている場合があります。

肌にトラブルやアトピーをお持ちの方、ワンルームマンションで水圧が弱くなっている方などがご利用いただくにはとても良い商品だと考えますし全身に保湿ローションなどを塗らなくてもこちらのシャワーヘッドご利用いただければ自然と全身にマイナスイオンとビタミンC配合のお水でケアが可能となります。

2007年08月26日

クセ毛を抑えるためのローション

近日中に紹介しますが塗るだけでクセ毛が収まるローションが発売されました。スタイリング剤などとは違いますので固まるようなことはありません。タオルドライ後、塗布いただくだけでクセがかなり収まりましクセが強い方で軽くブローいただければまっすぐになります。

クセ毛は髪の水分バランスが乱れているために起こりますが今回のこちらのローションは髪の水分バランスを理想的に保つ新特許成分が含まれています。

ただ同じクセでもパーマなどの薬剤によってできたクセは逆にウェーブがはっきりとでます。不思議と思うでしょうが同じように見えても元々のクセ毛とパーマなどで作られた髪では全く性質が異なるためにこのような現象が起こります。

以前から一部のお店で取り扱っていたようでそちらのご意見を伺うとクセの強さにもよりますが毎日使用しているクセが弱くなったと感じるお客様もおられるようです。

クセ毛は髪のキューティクルが均等の配列になっていないために髪内部の水分やたんぱく質が流失していまうために起こるといわれています。通常、同様のクセ毛用ローションなどはたんぱく質などを調整して収めるケースがありましたが水分バランスを調整してクセを抑えます。

2007年10月19日

マイナスイオン、シャワーヘッド

夏ごろに紹介した塩素を除去しビタミンCなどが肌より吸収できるシャワーヘッドを以前紹介しました。類似商品が通販番組などでも紹介されていますがこれからの季節、過敏性の肌の方には大変おすすめです。

さらに皮脂などの分解能力がとても高く、現在お使いのシャンプーをそのままでシャワーヘッドを交換するだけでマイナスイオンやビタミンCによる軟水効果によって頭皮や毛根内部の老廃物を排除してくれます。

最近市販のシャンプーのコマーシャルでも健康な髪には頭皮の状態が大きく影響するのは皆さんご存知だと思います。数年前からご相談やケア商品をアドバイスさせていただいているお客様はご家族の方も同じシャンプーをご利用になっているのですがアレグに変えてから、家族全員が髪の伸びるのが早くなったと感じているそうです。

普段では全く気がつかない、毎日の些細な繰り返しが、結果健康な髪や頭皮を作り上げます。その中で自分が肌に使う、水の性質はとても重要です。

近年、ミネラルウォーターを飲料水として飲むのは皆さんの健康に対する意識や塩素など、体内に取り込む物に注意をしなくてはと感じていると思います。ところが同じ体に対してシャンプーや体を洗う際には何にも疑問を持つことなく水道水をお使いだと思いますがこの部分を見直す時期に入ってきてきます。

今回紹介しているシャワーヘッドなどをお使いになると皮脂の分解能力も高まるのに加え、シャンプーやボディソープなど、毛根を埋めてしまう老廃物などの残留もなくなります。

同時にアトピー患者の方が湯治のために温泉で療養するケースもありますがこれは水道水などに含まれる塩素やカルキによって、状態が悪化している場合があるからです。それが天然の温泉などに入浴することでアトピーに有害な成分に触れることがないため、完治するケースなどが沢山あります。

脂漏性皮膚炎や過敏性皮膚炎などを発症すると誰もが病院にいって、薬をもらうことで治るとお考えになることと思います。所が症状が酷い皮膚炎の場合、ステロイドなどを利用しても全く治らないケースや場合によっては症状が悪化する場合があります。

シャンプーや育毛、過敏性の皮膚のために様々な天然成分や商品にこだわっていても、毎日使うお水がカルキや塩素を含んでいては意味がありません。

一万円程度で皮脂を分解し肌のバランスを保てるのであれば良いのではないかと思います。

PCからであればブログの検索でシャワーヘッドと入力いただくか新製品の紹介を見ていただくと7月に今回のシャワーヘッドの特徴などを書いたものがあるので読んでみてください。

マイクロバブルシャワーヘッド

先ほどお話をしたシャワーヘッドはビタミンCなどのカートリッジを使用し塩素などを除去する効果がありますがもう一つマイクロバブルシャワーヘッドといって、皮脂や汚れ、スタリング剤やシャンプーの残留物を排除してくれる新製品もございます。

マイクロバブルとはわずか直径20マイクロメートル(1um=1/1000mm)ほどの超微細な気泡のことです。髪の毛の太さよりも小さな泡が毛穴の置くまで入り込み剥離効果や気泡破壊時のエネルギーによって皮脂の汚れ、老廃物を排除してくれます。

セラミックカートリッジにより塩素などを除去する効果もあり、節水効果も抜群です。シャンプーや洗剤などに頼ることなく頭皮や髪だけではなく体全体に利用することで女性など落ちにくかった口紅も水だけで取れやすくなり油性マジックの汚れまで落とせます。

シャンプーやボディソープ。クレンジングや洗顔に頼ることなく、体に付着した落ちにくい汚れを水だけで落とせるようになります。

さらに以前、サイエンスゼロという番組でマイクロバブルの使用方法としてがん細胞を安全な形で破壊するのに使用する研究が進んでいたり、解明されてきた発毛の仕組みについて、理化学研究所脳科学総合研究センターの山田真久さんによると脳の神経細胞を成長させるBMPというタンパク質が、髪の成長に関わっていることが分かってきた。

そのbmpというたんぱく質を向上するのにマイクロバブルが大きく関係していると現在でも研究が進んでいます。

このマイクロバブルはいち早くペットサロンなどで利用されています。犬や猫など人間のように毎日体を洗っているわけではなない場合、毛に覆われていることもありますが人間と全く同じ脂漏性皮膚炎などによる脱毛が起こっています。その際に薬などを一切使用することなく入浴治療としてマイクロバブルのシャワーやお風呂にいれることによって脂漏性皮膚炎が解消され、抜け毛が止まります。

さらにマイクロバブルは医療現場や介護施設などでも幅広く利用されつつあります。今後、育毛の分野でもその効果が知られることと思います。

2007年10月23日

シャワーヘッドの効果 マイクロバブル 編

問い合わせを多くいただきましたシャワーヘッドを使用した結果をお知らせいたします。

まずやはり驚いたのが皮脂などの分解度合いです。あえて、この一週間。いい加減にシャンプーをして皮脂などのが頭皮を覆うようにしてみましたが一度のシャンプーであれほど取れるとは思いませんでした。

それにマイクロバブルに関してはお風呂をためる時にあえてシャワーヘッドを通じてお湯をためて入浴した所、体全体の皮膚の感じが違うのが実感できました。それにシャンプーや洗剤などを桶にわざと付着させ、普段では中々落ちないのが綺麗に落ちているのがわかりました。

シャンプーや関連ケア商品はとても大切で今までその重要性を何年にも渡ってお話をしてきました。当然お水などのカルキなどの問題も考えておりましたがシャワーの場合にはミネラルウォーターのように安心したものを使うわけにもいきません。

それに都心部や集合住宅の場合にはどうしてもカルキ濃度が高くなってしまいす。だからといって今までは簡単にシャワーなどのお水を替えるのは困難だと思っていました。ですがシャワーヘッドを交換するだけでこれほど効果があるのであればとてもお値打ちだと思います。実際マイクロバブルのカートリッジの劣化も都会の地方では異なるようでお住まいの地域の水源などが大きく影響したり集合住宅の場合でも交換の必要が早まるそうです。

今までもシャワーヘッドなどの売り込みはありましたが実際に試してみると満足のいくものはそれほどありませんでした。それにマイクロバブルとネットで検索すると様々な商品がヒットすると思います。ですが今回ご紹介している商品は世にいち早くイオンドライヤーで特許を取れるほどのイオン発生装置を開発し現在紹介しているイオン導入器も販売している業界では大変注目をされている会社の製品です。

シャンプーや育毛剤でもそうですが商品が開発された会社の理論や技術はとても大切です。現在ではどこでも目にするイオンドライヤーにおいても実際に分解をしてみると怪しい商品や説明などに書かれているような効果が得られないケースが沢山あります。その中でこの会社のイオンドライヤーはクルクルドライヤーでありながら24800円と大変高価な商品にも関わらず、発売当初から空前のヒットを遂げ、女性誌などで藤原紀香や多数の有名芸能人が愛用していると紹介されています。

シャンプーや入浴の際のお水の性質を変えていく事ははこれから多くの髪や肌に悩む方には必須のケア方法になると思います。

2007年10月26日

ルートプラス1シャンプー

皆様にかねてより紹介しております、ルートプラス1にシャンプーが登場しました。

発売は少し前からされておりましたが効果などの確認やどのような肌質の方に適しているかなどを試しておりました。

ルートプラス1、同様にミルクペプタイド(初乳などのたんぱく質)も含まれており、肌の再生化に優れています。クレンジング性には乏しいので夏場など皮脂の分泌が過剰なときにはあまり適しておりませんがこれから気温や湿度が低下し、肌が乾燥しやすく、かゆみやフケなどに悩まれる人にはとても良いと思います。

兼ねてより、アトピーで悩んでいたお客様で長きに渡り、皮膚科に通院されていた方も、こちらのシャンプーに変更された事で頭皮や顔の周辺にできていた過敏性の炎症が治まり、医師からもそのシャンプーのお陰だろうといわれたそうです。

どうしてもシャンプーは一度、気に入ると同じ商品をお使いになる傾向にありますが季節によって着る洋服も変わるように誰でもその時の状況に応じて変化をつけなくてはいけない場合があります。

特に過敏性の炎症から起こる、かゆみやフケの場合には細かい対処が必要です。皮膚は常に新しいものが皮膚の奥底で生成されています。通常であれば健康な状態で出来て皮膚が薬剤や一時的な刺激によって受けたダメージは一時的なものですが体質として乾燥肌やアトピーなどの場合、皮膚が作られた段階で問題があり、それが皮膚の上層部まで押し上げられるので外用薬や保湿目的の商品が効果を挙げるまでには相当の時間が掛かってしまいます。

ルートプラス1(シャンプー及びローション)を日常的にご利用いただくことでシャンプーの際に受ける刺激も軽減され、ミルクペプタイドの効果で皮膚が正常化されます。

これからの季節、かゆみ、痛み、フケで毎年悩まれる方には良い商品だと思います。

2007年10月29日

マイクロバブル シャワーヘッド 補足

マイクロバブルの特性として、高い血行促進の効果があるといわれています。これから冬場にかけての寒い時期、様々な老人介護施設などで利用されております。

そのような効果が育毛にも役立ち、余計なマッサージなども不要で育毛剤を利用するのと同じような効果になります。値段的には高額だと感じるかもしれませんが皮脂の排除効果や血行促進性を考えるとけして高い投資ではないと思います。

注意点としてリンスやトリートメントを塗布後、シャワーヘッドの裏にある穴を押さえ、マイクロバブルの発生を一時的にとめていただかないとせっかく塗布したトリートメントの効果が失われてしまいます。このような切り替え機能がついている商品は他のシャワーヘッドではついていません。

マイクロバブルの特性や有効性は様々ですが使い方をしっかり行わないと逆に現在行っているケアが無意味になってしまうケースもあります。安易に類似商品をご利用されるのはおすすめできませんのでご注意ください。

2007年12月03日

マイクロバブルへの期待

マイクロバブルをつかった実験で二つの浴槽に40度のお湯を入れて、ひとつはマイクロバブルでお湯を貯め、もうひとつは普通のお湯を同じ温度に貯めた所、10人中10人がマイクロバブルのお湯のほうを熱いと感じたそうです。

血行不良を改善する効果はとても高いといわれていて、介護施設などでの利用が進んでおります。

マイクロバブルが世に広まったきっかけは1998年の広島県、カキ養殖場での事だった。赤潮によって全滅の恐れがあったカキの養殖場の海中でマイクロバブルを発生させた所、5,6割の稚貝が死滅していたのがマイクロバブルを与えた貝はほとんどが生きていた。

同じ実験を三重県の真珠養殖、北海道のホタテ養殖所でも行うと例年まで赤潮の発生で全滅していた貝類は全く影響を受けることなく生育していき、これからの水産業にはかかせない新技術となりました。同時に貝類の食中毒の原因となるノロウィルスなども減少させる効果も発見されています。

さらに愛知万博においてはこのナノバブルをつかって不思議な展示がされていました。淡水魚の金魚と海水魚の真鯛が同じ水槽で泳いておりました。

産総研 愛知万博 http://www.aist.go.jp/pr/expo/contents/nanob/nanob.html

さらに血行促進作用はプラスイオンを持つ皮膚にマイナスイオンを持つマイクロバブルが体表面に付着し、刺激することで細胞膜内外の電位差に影響を与え、一酸化窒素を血管内に発生させ、血流を高めると考えられます。

また、マイクロバブルが皮膚に付着することで、マイクロバブルと皮膚の間に皮膚呼吸による炭酸ガスが蓄積し皮膚表面が刺激され血行促進が促されると考えられます。

髪や頭皮に付着するさまざまな雑菌や老廃物を排除し、高い血行促進作用のある、マイクロバブルはこれから育毛の分野において欠かせない技術となるでしょう。

2008年02月07日

リアッププラス

新しいリアップが発売され、新成分配合と紹介されております。ただ配合された成分などは海外などでミノキシジルの効果を高めるために含まれるレチンなどとは異なり、直接作用が高まるものではありません。メントールなどの爽快感がふくまれているようですが使用した時の満足感だけであり、特別に育毛の効果に格段の変化があるものではありません。

さらにミノキシジル濃度も従来と同じで1%未満であり、海外で当たり前とされている2%にすら追いついていません。これから数年のうちにもしかしたら日本でもミノキシジル濃度が上がった商品が発売されるかもしれません。当時リアップが発売した当初、3年の試験期間を経てから2%や5%の発売を認めると厚生労働省はいっておりましたがすでにそれも4年が過ぎていることを考えるといつになるのか定かではありません。

ミノキシジルに限ったことではありませんが育毛剤は回復を遂げるまでの一定期間の連続使用が不可欠です。よく育毛剤などを効果がないと思って途中で中断してしまう方がありますが回復して、肉眼でその効果を確認するのにはそれなりの時間が必要です。ミノキシジルの副作用のように語られている使用中止後の抜け毛は他の育毛剤や機械によっても同様のことが起こります。しっかりと回復するまでは継続的な血行促進のケアは不可欠です。

2008年03月21日

頭皮用カメラの注意点

先日PCショップに立ち寄った所、USB対応のカメラで頭皮や肌をみるものが販売されておりました。以前から申し上げているように頭皮を見るためのカメラを一台手元においておき、現在の自分の知るのはとても良いことだと思います。

ですがこのカメラの拡大機能では頭皮の状態を判断するために必要な倍率に拡大できないものがほとんどです。30,40、50倍などのカメラが多いのですが顔や体の肌のキメを見るのには50倍がもっとも適していますが皮脂の付着状態や髪の状態などを把握するには140倍から200倍の拡大機能がないと全く意味がありません。

安易な宣伝に乗せられないようにご注意ください。

2008年06月08日

再確認したマイクロバブルの育毛の可能性

DSC00047.jpg

以前マイクロバブルのシャワーヘッドを紹介したのが今年の冬場です。(具体的内容に関したはブログでマイクロバブルと検索いただくか髪の基礎知識をご覧ください。)

http://www.kaminonayami.net/chishiki/microbubble.html/

マイクロバブルを発生させたお水はこれからの季節心配される食中毒の菌を取り除いてくれる効果もありますが毛穴を埋めてしまう老廃物の排除の効果がとても高いです。さらに血行の促進作用や発毛を促すたんぱく質を増やす効果も期待できると言われています。

昨日のブログで紹介したように、ネットで話題になり、多くの方がご利用になっているシャンプーや大手メーカーが発売しているシャンプーブラシをご利用になっていたとしても得られる効果に限界があります。現在の毛根や頭皮の状態に個人差がありますがクレンジングローションなどを使用したりイオン導入などを併用いただかなくてはこれからの気温の上昇に伴う、皮脂の過剰分泌を改善できない場合もあります。

継続的な頭皮ケアをさせていただいているお客様達にもこの時期は頭皮を再度確認させていただき、クレンジングローションやシャンプーブラシの使用頻度を毎年見直す季節ですとお話しております。

ところが冬場から既にマイクロバブルをご利用いただいている方たちの頭皮を見るとクレンジングローションの使用を中止いただいても良いほど、毛根の開口部分の広がり具合や内部にいたるまでしっかりと綺麗になっている方が多数おられます。髪を回復させるきっかけになってくれるのはプロペシアを飲む事ではありません。

毎日の基本的なケアが回復の第一歩です。これからの季節、皆さんに一番取り入れていただきたいケアがマイクロバブルのシャワーヘッドのご利用です。

2008年09月07日

高濃度ミノキシジルにフィナステリド配合育毛剤のQ&A

 Q. 高濃度ミノキシジルにフィナステリドが配合された物とは何ですか?

 A. 高濃度ミノキシジルにフィナステリド配合の育毛剤とは 抜け毛や薄毛に効果がある育毛剤として, ミノキシジル15% アゼリック酸5% 、フィナステリド1%が配合された物です。高濃度ミノキシジルにフィナステリド配合の育毛剤は125ミリで4ヶ月用の商品となります。

 Q. なぜ高濃度ミノキシジルにフィナステリドが配合がお勧めなんですか?
 A. 高濃度ミノキシジルにフィナステリド配合の育毛剤はミノキシジル15%にアゼリック酸とフィナステリドが塗布用として開発された始めての商品です。

 Q. なぜ高濃度ミノキシジルにフィナステリド配合の育毛剤にフィナステリドが配合されたのですか?
 A. ミノキシジル15% アゼリック酸5% 、フィナステリド1%の配合は育毛にもっとも効果的な配分とされていて高濃度のミノキシジルにFDA(米国食品医薬局)が頭皮の男性ホルモンのDHTを減少させる効果を実証している安全のアゼリック酸とフィナステリドを配合することでより高い回復を期待できるからです。

 Q. 高濃度ミノキシジルには以前よりアゼリック酸をDHTを減少させる為に配合されていましたがなぜフィナステリドが追加されたのでしょうか?
 A. 塗布されたアゼリック酸は確かに塗布された頭皮へのDHTの影響を抑える効果はありますがのですが血中を循環するDHTの影響を抑える事はできません。塗布用フィナステリドによって減少するDHTの中で タイプIの5-アルファリアクターゼだけではなくタイプIIの5AR型男性ホルモンの制御も可能とされています。

 Q. フィナステリドを服用している人は高濃度ミノキシジルにフィナステリドが配合の育毛剤は使用しないほうがいいのでしょうか?
 A高濃度ミノキシジルにフィナステリド配合の育毛剤.は男性型脱毛症に大変効果があります。現在の発表では1mgのフィナステリドの毎日の服用で頭皮全体の38%のDHTを抑えるとされていますがフィナステリドの直接的な塗布の場合、40%以上のDHTの抑制効果が確認されています。
.
 Q. 服用タイプのフィナステリドで異常を感じた事がある人は高濃度ミノキシジルのフィナステリド配合の育毛剤は使用しないほうがいいのでしょうか?
 A.フィナステリドで以前に異常や副作用を感じた事がある方の場合、極稀に同様の副作用を感じる事があるかもしれませんがと服用タイプよりも圧倒的に問題が起こる可能性は少なく、殆どの方が副作用を感じる事はないです。

2008年11月06日

髪や頭皮の回復 特殊ローション使用によるアンチエイジング

06-11-08_1237.jpg

薄毛や抜け毛に悩んでいると様々な頭皮のトラブルを抱えていると思います。今までご紹介しているシャンプーやクレンジングローション、ブラシのような基本的なケアに加えて育毛剤や専用機器の自宅での利用をお話しておりました。

直接ご来店いただく方たちには毛根内部の皮脂を排除し、頭皮の水分バランスの確保、髪1本1本のハリを取り戻す専用ローションを専用機器を使用して塗布させていただいております。状況に応じて数種類のローションを使い分けておりますが今回ご紹介する商品はそのうちの1本です。

頭皮の炎症を抑えるだけではなく、紫外線や年齢などから起こる頭皮の衰えを抑え、髪のボリュームを簡単に回復させてくれる大変有効なアイチエジング用ローションとなります。

使い方も簡単でシャンプーをしているしていない、また髪がドライ、ウエットにかかわらず頭皮や髪に毎日タップリとご使用いただくだけで様々なトラブルを改善してくれます。年齢に関係なく、頭皮や毛髪年齢は実年齢と異なっているような状況が増えています。

血行促進作用などはありませんので育毛剤とは用途が異なりますがより積極的なケアのひとつとしてご紹介させていただきます。

値段は350ミリで4725円ですが1本で3か月以上は十分にご利用いただけます。

頭皮や髪にとっての美容液と考えていただけると良いかもしれません。

2009年02月14日

頭皮確認用の高倍率カメラ

2台ほどですが頭皮を詳しく確認いただける倍率を持ち合わせるカメラをご用意いたしました。倍率は30倍から200倍までで頭皮画像の拡大だけではなく髪の太さなども計測できる機能がついている商品です。

これらをお手元に置くメリットとしては日ごろのケアによる改善度合いの確認や実際の髪を零コンマ単位で計測が可能でそれによる改善度合いを自らチェックできることです。

また2月にもかかわらず、日本列島では4月から6月の気温を突然計測するような気象状況化や皆さんが日ごろ過ごす環境(仕事や学校内の気温)は様々でそれに対して必要なケア商品や回数も大きく関係してきます。

最近高倍率カメラを独自で購入し頭皮を確認しようとする方が多いようですが自己判断は大変危険であり、また有名育毛サロンで受ける説明を自社の利益を追及したものであり必ずしも性格ではありません。たとえば過敏性頭皮をした方にもかかわらず、多くの育毛サロンは真逆のことを説明します。それにより、数ヶ月、年単位でその言葉を信じ契約を結んでしまった結果、まったく改善を見られない方がいます。

また近年のカメラが昔に比べると10分の1の金額になったことで多くの美容院や理容店で設置されるようになりましたが実際お客様の頭皮を数多くみてもそれを改善する対処方法や的確な判断ができない人間がカメラを使用し説明をしております。

このような誤診が日ごろの努力や改善を間違った方向に導いてしまう可能性があります。

今回ご用意するカメラを購入いただくお客様には特別、継続的な頭皮診断をさせていただきますので興味がある方はご連絡ください。台数に限りがありますのでご連絡いただいた際になくなっている可能性がありますことをご理解ください。

今回の二台はVISTAにも対応している機種になります。

2009年04月19日

6%ミノキシジルにフィナステリド配合

この度、新たにミノキシジル濃度6%にフィナステリドが配合された商品がアメリカで発売されたようです。

従来、フィナステリドがミノキシジルに同時配合されているのは15%とのみとなっておりましたが今回の6%が新たに発売されたことで使用範囲やご利用いただける方がさらに増えるのではないかと思います。

抜け毛の状態が軽度であった場合、ミノキシジル5%などをご利用になるかほかの育毛剤を使用する方法しかありませんでした。ミノキシジル15%までは必要ないという観点からですがその分、多くの方が心配されていた男性ホルモンを抑制するには病院で処方を受けるプロペシアを服用するしかありませんでした。

ところが先日の中日新聞の記事でご紹介をしたように、プロペシアを服用しても効果が期待できる方は限られており、また服用するよりも塗布するほうが圧倒的な効果があることも実証されております。それにも関わらず、現在ではフィナステリド単体のローションも製造されていないのでミノキシジル濃度15%が必要ない方や必要のない箇所に塗布する方法がありませんでした。

今回6%のミノキシジル・フィナステリド配合の商品が発売されることで若い方など、全体には普通の育毛剤をお使いいただき、局部的に同商品を塗布する方法によって若年層や軽度の方の回復により役立つはずです。

また以前より紹介しております低レベルレーザーの実験の段階ではその効果を確認するためにレーザーだけを使用しても回復比率として84%の効果が医師やアメリカFDAで確認されたことで医学的見地からみても効果があると承認されました。

そのデータを収集した医師達が低レベルレーザーと共にミノキシジルやフィナステリドを同時併用することにより高い効果が期待できると報告しております。ところが今までは濃度の高すぎるミノキシジルしかローション状のフィナステリドを配合したものがなかったのでそのような商品が必要のない方はすぐに使うことができなかったのですが今回の6%ミノキシジルのフィナステリド配合はそのような方たちに大きく役立つことと思います。

また現状として15%ミノキシジルとフィナステリドとレーザーですでに回復された方たちの場合、維持する手段として6%にさげていただく方法も新たに取れることになります。

現在は1ヶ月用しかないので若干割高になってしまいますが多くの方に様々の選択肢を広げてくれるものになると思います。

2009年06月12日

新クレンジングオイル(オーガニックホホバオイル)の紹介

多くのお客様がインターネットなどを通じ、皮脂の排除に必要なケア商品に悩まれていたと思います。特に情報が乱立する中でホホバオイルが良い。椿油がいい。また有名お笑いタレントがつかったシャンプーで髪が生えたなど結局は自分にとってどの商品が良いのかというのが分からないと感じている事と思います。

その中で抜け毛の改善に不可欠な皮脂の排除。先日ご紹介をしたオゾンのような特殊ケア方法もあればクレンジングオイルをシャンプーと使うという基本的なケアも重要です。これまでクレンジングローションは肌質や状況によって種類を選んでおりましたが今回新たに見つけたオーガニックホホバ100%オイルは脂漏性、過敏性、アトピーなど問わずご利用いただけるとこと。また同様の100%ホホバオイルでは逆に皮脂と混ざり合うのは良いのですが家庭用シャワーで流しきれなかったり、特殊なシャンプーを使用しなくては洗い流せず、かえって状態を悪化させる恐れがありました。

今回のホホバオイルは特殊手法によって圧搾された天然100%のホホバオイルとなります。またオーガニック認定機関の厳しい認定条件をクリアした土俵で栽培されております。

ホホバオイルは植物性オイルの中でもっとも人間の皮脂に近いと言われ、角化した皮脂と混ざり合いやすく皮膚の表面だけではなく、毛根内部のゼリー状の皮脂も確実に排除してくれます。

また過敏性やアトピー性皮膚炎の方の場合、化学性の強いクレンジングオイルを使うと皮膚表面を傷つけてしまう恐れがあったのですが頭皮だけではなく、顔や全身にも塗布いただけ肌を柔らかくしキメを整え、保湿、保護の役割があります。

乾燥をしている肌にはそのまま塗布いただくことでカサツキも収まります。これはアトピーや敏感肌は肌本来のバリアゾーンの機能や水分の保水力も低下しているためです。

さらに今回のホホバオイルは合成界面活性剤や防腐剤、香料ものような化学成分を一切使用していないので余計な刺激を受けることなく幅広い年齢や肌質の方にご使用いただけます。アトピーや敏感肌、赤ちゃんのおむつかぶれやお年寄りの水分不足の改善にも使用が可能です。利用用途も広く、乾燥や痛んでしまった髪にうるおいを与えます。

通常のホホバオイルとは異なり、頭皮用クレンジングオイルとして原液を塗布いただいてもべとつき感もなくさらってしており、ビタミンAやビタミンE・ミネラル。アミノ酸も豊富です。近日中に新しく紹介する全く新しい育毛目的のシャンプーもアミノ酸が大変豊富ですでに某医科大学によっても育毛効果が確認されている新成分をつかったシャンプーもまたアミノ酸を中心とした商品になりますが先日お話しをした髪のキューティクルの生成にも大きな役割を果たしております。

特にこれから夏場に入り、皮脂の分泌が過剰となり季節にオーガニックで安心して使用ができ、また脂漏性、過敏性、乾燥性、アトピーなど一切関係なくご利用いただけます。また100%ホホバオイルの同様商品の場合、匂いやべたつきなどが気になりますが香料を用いることもなくまた状態に合わせたホホバオイルが用意されております。

これまでにも100%の植物性オイルを試してきましたがどうしてもなんらかのデメリットがございました。所が今回の商品は今までのすべての問題点をクリアし、また安全性、効果においてももっとも優れた商品の一つです。

2009年07月28日

ホホバオイル その後の効果

先日ご紹介をしましたホホバオイルを一部のお客様に先行してお渡しをし、それまでお使いいただいていたクレンジングオイルとの効果の違いをこの1カ月ほど確認させていただきました。

通常、夏場に入れば気温の上昇ともに皮脂の分泌も増えるのでケアを徹底していただくようお願い申し上げますが今回のホホバオイルの場合には使用頻度も極端に少なくしていただき、ホホバオイル自体の皮脂の溶解力を様々な方に試していただきました。

そこではっきりしたのはこれまでおすすめをしていたクレンジングオイルよりも圧倒的に効果が高いようでまた敏感肌の方でも安心してお使いいただけることもわかりました。

皮脂の排除はとても重要ですがその半面、皮脂を取りすぎることもけして良くありません。本来、皮脂は皮膚に必要な水分を保持するための皮膜としての役割があります。それが様々な理由によって毛穴をふさいでしまったりすることで抜け毛や細毛の原因となります。

育毛サロンの存在や近年多く発売されているシャンプーまたはサイトなどの情報を見ると皮脂がすべての悪の根源のような印象をお持ちになってしまいますがこのような勘違いが新たな問題を引き起こす可能性になる場合があります。

抜け毛やかゆみなどを医療機関で相談すると脂漏性皮膚炎との診断を受けるケースが多いのですがこの時点で間違っている恐れがあります。紹介をしている新サービスや的確な診断の重要性はこのような誤った判断で間違ったケアをどれだけ続けても良くならないのが現状です。

最近、このサイトを参考にしてご自身で商品を選択してケアをされている方が多いようですが折角有効である商品も使い方や使う方の状況によっては期待される効果を得られない場合があります。

2009年10月24日

女性ホルモン配合の新育毛剤 (一部追記しました)

本日より新たな育毛剤の取扱を開始いたします。

昔より男性ホルモンと薄毛や抜け毛の因果関係は多くの皆さんもご存知だと思います。そのため、多くの育毛剤には男性ホルモンを制御する成分が含まれております。

男性ホルモンが引き起こす問題は血液中のたんぱく質が髪に成長する際に繰り返し細胞分裂を阻害することにあります。抜け毛や薄毛の改善には重要な要素ではありますがプロペシアの単体使用で多くの方が改善をみられないように男性ホルモンだけを制御したところで回復を期待するのは難しいです。

それが今回ご紹介する育毛剤は女性ホルモンを増やすビールホップを配合し同時に一般的な育毛剤と同じく、血行促進効果も含まれております。

この商品は男女を問わずご使用いただける商品ではありますが近年増え続けている女性の抜け毛や薄毛、さらに白髪にも効果があります。ビールホップには毛根内部のメラノサイトを活性化する効果があることを資生堂とキリンビールの共同研究によって数年前に実証されました。これを育毛剤に同時配合している商品は限られております。

これまでにも従来型の血行促進を目的とした育毛剤とビールホップ単体のエッセンスを併用いただく方法をとらせていただいておりましたが今回の商品は1本でその二つの役割を果たします。さらに現在ミノキシジルやほかの育毛剤をご利用のお客様で局部的(特に生え際)に高濃度ビールホップクリームも同時発売いたします。

ミノキに含まれるフィナステリドによって男性ホルモンを抑制をしながら毛穴内部の女性ホルモンの生成を高めることは以前より有効だと考えております。

ニューハーフなどの方達が女性ホルモンなど月に一度、注射をしたりしますが薄毛の方が少ないのは事実です。ですが抜け毛の改善のために女性ホルモンを注射するのは副作用やリスクを考えると不可能でした。ところが今回のホップ配合の商品は女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きのあるフラボノイドが大量に含まれており皮膚の老化を制御する働きなどもあります。

近年女性の方が生活習慣や食などによって女性ホルモンの生成能力の低下していることから不妊や薄毛といったことに悩まれるケースが多いのですが男性で僕達が体の生成できる女性ホルモンはさらに低下しているとのデータもあります。

ホップに含まれるエストロゲン様の成分が発毛阻害ホルモンの発生を抑えることは国内外の大学や研究機関でも確認されており、現在はさらなる可能性を期待できるような商品が開発されつつあります。

植物性エストロゲンにあたるホップなどの成分は今回紹介をした育毛だけではなく近年増えている白髪の若年化にも効果があるとされており、日焼けをした際に肌の色を黒くしたり、目の色素を作る、メラニン色素の減少が日本人に増えています。メラニンを作るメラノサイトの機能低下が関係しているとされるのですが育毛での毛母細胞の活性化と同じようにメラノサイトも刺激することで髪の色素が回復すると言われております。

ビールホップを取り上げた過去のブログ(携帯からだと表示されない可能性があります)
http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97

女性ホルモンを取り上げた過去のブログ

http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

2010年09月04日

オリジナルヘアケア商品、第二弾(シャンプー)

オリジナルクレンジングオイルの発売以降、既存商品において感じる不満に対し、改善点を重視しながら新たな商品を紹介できないかと常に考えておりました。

クレンジングオイルも従来の商品であれば週に3回は使用しなくてはいけない所を週に1回にすることができないか。皮脂の溶解力はそのままで日頃の手間を減らすのが一つの課題となり、納得のいく商品を販売するために10年近く要しました。

今回ご紹介するシャンプーはそれ以上の月日を要したシャンプーとなります。

ネットなどで見る育毛を中心とたシャンプーはそれだけで皮脂を完全に溶解しさらに育毛に必要な成分などをすべて取り入れ、まるでそれだけを使用していれば髪が生えるかのうような商品を紹介がされております。

ですが実情としては皮脂を溶解する成分が多くなれば髪や頭皮にかかる負担は増大する。使用される方々の髪質は常に一定ではない。春夏秋冬と気温や湿度が大きくことなる日本の気候の中でどの時点で納得をするのかが大きな課題となっていました。

ただ完璧を求めればでてくる矛盾をいくつかの点に集中して効果が突起したものを作ってみてはどうかと考え方を改めてみました。

皮脂の溶解力は当然でありながら皮脂を溶解する為の効果はこれまで紹介をしていたアレグより優れていること。さらに多くの方に見られる1回洗う際のシャンプーの過剰利用を防ぐことも重要視させていただきました。

アレグをご使用された方はそれまでにお使いになっていたシャンプーの約半分で十分洗えていると感じられたと思いますが今回のシャンプーはアレグのさらに半分で十分な泡立ちや皮脂の溶解力を維持しながら化学性合成界面活性剤は使用せず、髪に艶を与えるシリコンも一切含んでおりません。

育毛に対する効果としては男性ホルモンを抑制するのではなく、女性ホルモンを活性化させるビールホップや皮脂の過剰分泌を抑えるために必要な頭皮の水分補給を行うためのヒアルロン酸も配合しております。

水分が頭皮に確保されていれば人体は油膜となる皮脂の分泌を過剰に行うことはありません。これまでのシャンプーのように毛穴を詰まらせ、薄毛を誘発する頭皮の問題を皮脂を排除することに重点をおくのではなく、根本的に頭皮の水分バランスを保持することで皮脂を分泌しなくても済む肌質にかえていくことを考えてみました。

ネットで有名なシャンプーなどを長期に渡りご使用いただいたお客様の声を反映しつつメーカーから発売前にモニターとして使用してきた1000本近いシャンプーの中でどうしても納得がいかず自身でシャンプーを紹介する際には曲げることのできなかったこだわりを今回は追求できた商品に仕上がったと考えております。

成分表記やボトルデザインの面で正式発売は来月になるかと思いますが簡易的な容器にいれてお譲りすることは本日より可能となります。トリートメントも来週には最終商品を決定する予定です。

ボトルデザインや商品として正式に完成してから御紹介を使用と考えておりましたが今年の異常気象の関係で多くの方がトラブルを抱えていることから先行して発売の決定をしました。

具体的な成分表示などはもう少し先になると思いますがもしシャンプーなどにお困りであればいつでもご連絡いただければと思います。

カテゴリーリスト

髪の悩み.net