カテゴリ「お知らせ」一覧


2006年03月23日

積極的なケア

このブログをご覧の多くの皆さんが髪などに悩みなどをもっておられると思います。実際リーブなどが番組内などで行う宣伝などで午前中のワイドショー内で本人ではなく番組のターゲット層である主婦の方にご自分のお子さんの脱毛の悩みなどに注意をしてあげてくださいと宣伝するありさまです。

実際近年サイトで書き込みなどをしていていも悩んでいる方たちの低年齢化には驚かされます。確かに若い方であればシャンプーなどを変えたり現在の状況を正すことにより回復を望める可能性はあると思います。ですが一刻も早く改善を望む場合には育毛剤などの使用なども検討はするべきだと思います。

年齢が30代にもなれば金銭的余裕もあり様々な形でケアも可能だと思いますが実際年齢的に改善が難しくなるはずの方たちのほうが早い回復を見られるのはその当たりが影響しているのだと思います。頭皮の皮脂などの状態の改善、育毛剤の使用、イオン導入など色々と苦労をしていますが脱毛をとめたりするだけではなく新たな髪が生えたり髪がしっかりとしているのは実際に30代のほうが多いという現実があります。

可能であれば当然ザンドのような高濃度ミノキを使いイオン導入もできれば絶大なる効果は期待できると思います。ただ金銭的余裕などを考えれば難しい部分は当然あると思います。ですがシャンプーを変えたのに、生活を正しているのに良くならないと悲観的になってしまうのはわかりますがそれだけではケア不足の方が確かにおられます。サプリの併用なども内服的には良いことだと思います。

あと育毛剤などをお使いの方の場合はご存知だとおもいますが育毛剤を塗布後感じる爽快感はアルコールから来るものでこれが強ければ強いほど効果があるように錯覚を起こす方がありますがけして正しくはありません。過敏性の方の場合にはかえってトラブルの原因になる場合もあります。

この4月から新しい生活を始め親元を離れ一人暮らしなどを始める方も多いと思います。食などの面においても注意は必要ですが生活環境の変化から睡眠不足になったり生活が不規則にもなると思います。さらに気温の上昇とともにまた皮脂などの分泌が活発になりはじめると思います。秋に起こる脱毛の多さを防ぐのには今の時期からの様々な注意が大きく影響します。

生活や頭皮などの状態が乱れてから行動を起こすのではなく今の時点から様々なことに注意をしていただけるのが最善だと思います

2006年06月08日

質問や返信について

ブログが中々アップできなくて大変申し訳ありません。質問などが大変多く寄せられていてその対処で時間がとられているのと新サービスなどを現在考案中でその準備などにも追われています。僕のサイトのBBSに質問をいただければなるべくチェックはしておりますので返答も早いと思います。

それに過去のブログや髪の知識などもかいていますのでそちらを参考にしてください。

2006年10月14日

直接のご来店

日本全国から多くの方たちにご来店いただいております。どうしても店に来ることに不安を感じる方もあると思いますが本当はきていただくのが一番回復への近道だと思います。

最近理容店や美容院でマイクロスコープを持っている所が増えているようですが実際の所その診断能力のなさには驚いています。確かにマイクロスコープを購入し頭皮を見ることは簡単ですがそれがどんな形で問題があるのかを判断できないのが現状です。

ブログでも紹介しましたが皮脂が詰まっているのにも関わらずそれをシャンプーカスだと言い切る方や頭皮を見て付着物があるのにも関わらずそれがただ一時的な皮脂の過剰分泌なのか脂漏性による炎症まで起こしているのかの判断すらできないようです。

現状を見ても実際の判断ができなくて本当に正しいアドバイスやケアが可能でしょうか?さらに一人で悩んでいるよりも正しい知識を得て対処をすれば必ず良くなります。

さらに毛根内部に付着する老廃物を除去するのであれば専門機器を使えば1ヶ月は掛かるケアがたった2時間ほどで可能になります。現在マイナスのケアで紹介したデトックスをさらに追加する新メニューも検討中です。

さらに昨日お話をした毛髪をつかった診断を含めれば本当にその方に必要な栄養素や排出しなくてはいけない毒素が体内にあるのかも確実に分かります。まだこちらはこの先に導入予定の新メニューですが現在行っている頭皮エステは確実に現在の悩みを緩和してくれるケアになると思います。

料金などを含めご連絡いただければご相談に乗りますので気軽にご連絡ください。

2006年10月19日

毛髪を使った診断3

具体的な検査結果のサンプルを入手しました。

僕自身の意見としてはその内容に驚愕しました。先日述べた有効成分20種類に加え6種類の有害物質を0コンマの単位で具体的数値で自らの栄養バランスを診断していただけます。

さらに20種類すべての成分に対して有効な食材から献立。検出された有害物質を分解するための食品。

実年齢と栄養バランス年齢の差などが明確に表記されています。

先日ある所で東京と京都の大学教授がベンチャービジネスの一環としてアンチエイジング(抗加齢)の新たな検査方法を現在ビジネスとしてお考えだそうです。当然全く新しい分野でもあり現在医学会において注目されている再生治療と同じくらい予防治療はこれからの新分野の医学です。

毛髪のトラブルも実際生活習慣の問題などが近年背景にあるようにアンチエイジングという発想はこのサイトを観覧いただいたすべての方たちが真剣にお考えいただくべき分野です。

髪の状態を悪化させないように。実年齢よりも体内年齢を若くできるような日々の努力が髪ばかりでなく健康に繋がる第1歩となります。

2007年01月18日

参考にしてください

先日育毛サロンなどについて少し調べていると潜入取材をされている方のHPを見つけました。

http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=178

ここに書かれている内容がすべてとは思いますが何の知識もなく突然このような対応を皆さんが受けているのであればとても心配になります。

さらにこの記事を書かれている双田さんの著書である育毛物語( http://www.commonsonline.co.jp/ikumou.html )を先日読みましたが様々な業種や会社によって自分たちに都合の良い形でセールストークをおこなっておりこれでは多くの方が混乱に陥り、何を信じて良いのか分からなくなると思います。

育毛に対する見解は様々なのは事実です。それにその方の症状に応じて必要なケアが異なるのも分かります。ですがこの本に書かれている内容が本当に真実であればこれは大変な自体であると考えています。

何でもかまわないので今までの体験談などをお持ちの方がいましたらメールをください。よろしくお願いいたします。

2008年07月04日

高濃度ミノキシジルの新たな使用方法

日本で発売されているリアップをご利用になっていてもあまり効果ないとの声を良く耳にしますがミノキシジル濃度が1%未満の同商品では抜け毛の予防すら難しいのが本音です。

またプロペシアの処方を受けて、服用を続けているのにも関わらず抜け毛が止まらなかったり、髪が生えないと言われる方も同様にいますが男性ホルモンを抑制するだけでは改善を期待するのは難しいと思います。これは血液中たんぱく質が細胞分裂を毛乳頭で繰り返すこと髪になります。男性ホルモンがこの細胞分裂を邪魔することで生えなくなったり、髪が以前のような太さで育たなくなることが薄毛になります。

男性ホルモンを抑制するのは必要な事ですがそれも近年では男性ホルモンが及ぼす悪影響は毛乳頭ではなく、皮脂腺で影響を与えると考えられており、服用よりも塗布する形で男性ホルモンを抑えたり女性ホルモンを増やすほうが効果的だと言われはじめています。

事実、プロペシアの服用を続けていたお客様に中止をお願いし、ケアや高濃度ミノキシジルをはじめていただくと以前では感じられなかったような改善が見られる方が多いです。

以前にもお話をしたようにプロペシア服用単体では改善は難しく、育毛剤の併用が不可欠です。その中で以前よりお勧めしている高濃度のミノキシジルは一日1回、1ミリでの塗布を基本とされていました。

所が効果が発揮するのには他の育毛剤と同様に個人差があります。そこで高濃度ミノキシジルを開発した継続的な研究を続けた所、一日2回の塗布のほうが明らかに回復率が高いと最近発表し新たな塗布方法として朝晩の塗布を薦めております。

当然従来通りの一日一回の塗布でもかまいません。ただお客様によっては高濃度ミノキシジルをつかっていても中々改善が見られないことで不安をお持ちの方もあるようです。副作用などの面でも問題ないと発表されておりますのでご安心ください。

ただ注意点として高濃度ミノキシジルをお使いの方だとお分かりだと思いますが塗布することでのべたつきがあります。夜に塗布いただいて翌朝塗る場合、そのままですとさらにべたつきが起こり、それによって髪のボリュームがつぶれてしまう恐れがあります。このような場合は朝塗布いただく前に軽く濯いでいただいてもかまいません。

一日一回の塗布でもいいと大丈夫ですが高濃度ミノキシジルの新たな塗り方として発表されておりましたのでご紹介いたしました。

2008年08月28日

マイクロスコープのお値打ち提供

imanando_vl-5.jpg

頭皮の状態を確認していただくのはケアの基礎となります。さらに自分の現在の状態がどうかをご自身が常に把握しておくことが何よりも重要です。先日のブログに紹介したようにこれから秋になると一段と抜け毛が増える傾向にあります。

今日ご紹介したばかりのフィナステリド配合のミノキシジルのように世界初の商品に大きな期待を寄せる気持ちはわかります。ですがこれはいつもお話をするようにどれだけ優れた育毛剤や機材をご使用いただいたとしても育毛剤が浸透して、髪がしっかりと生えだす環境作りは自分が注意をしながら行わなくてはいけません。

その際、必要となるのが頭皮の状態を確認できる今回のようなカメラになります。通常であればカメラ本体、さらに頭皮が確認できる倍率用レンズが付属しておりますので75000円ほどの商品になりますが今回は中古ですが日本製の商品で既にメーカーでの点検を依頼済みですので新品同様の形で安心してお使いいただけます。

スカラ VL-5

(頭皮チェック用) 電池式ペン型マイクロスコープ。コンセント不要の電池駆動(AC電源不要)。 小型軽量スリムなデザイン。 ・撮像デバイス:1/3インチ510HCMOSセンサー  ・有効画素数:約25万画素  ・信号形式:2対1インターレスNTSC  ・ホワイトバランス:固定  ・推奨使用電池:単3アルカリ乾電池2本/約3時間  ・持続時間:単3ニッケル水素電池2本/約6.5時間  ・光源:白色LED  


台数は一台限りとなりますので興味がある方はメールをください。

2008年08月31日

VISTA対応のUSBカメラ

scalar01.JPG

頭皮を確認するための多くのカメラが倍率不足や光源が足りず、頭皮用との説明が書かれているのにも関わらず購入いただいても意味がない商品が多数出回っております。

その中で海外製品など、VISTA対応のドライバーが用意されていても実際にダウンロードすると画像が映らなかったり、アフターフォローが国内では困難な商品があるようです。

そのために今回は業務用の国産のカメラでアフターフォローから修理に至るまで安心してご利用いただけるカメラをお得な価格でご用意させていただきました。こちらのカメラは僕も利用しており、動画から静止画。個人の頭皮状態の記録に至るまで大変重宝する商品だと思います。

別途200倍のレンズを購入いただく必要がありますがこれほどお得にご用意できるチャンスはありませんのでもし興味があればご連絡ください。
仕様
CCD 35万画素
画像 640×480
å‹•ç”» 12.5fps

レンズユニット
キャプチャー 本体ボタン、ソフトボタン
ソフトウェアー 静止画、動画表示・保存
- ホワイトバランス、エクスポージャー等設定可
動作環境 Win98SE、Me、2000、XP
- Mac8.6~10.3
寸法重量 46х98х194、200g
ケーブル長 1.8m


2009年02月12日

シャンプーブラシの生産終了のお知らせ

長年皆さんにご愛顧いただいておりましたシャンプーブラシですが実はメーカーが生産を中止することが決定いたしました。

現在メーカー以外からの入手手段を探しておりますが実情としては現在在庫で残っている1ダースほどが最後になる可能性があります。ほかの商品も同時に探しておりますがこれほどの効果と実績が期待できる商品は他になく大変困っております。

シャンプーブラシはケアの基本となるところですのでこれの生産中止は今後お持ちでない方たちにとってはとても厳しいお話になってしまいます。また以前よりお使いの方たちも3年を超えている方になるとブラシも痛んでいるのではないかと大変心配しております。

2009年07月06日

ネット販売商品の危険性

以前より、ネットなどで販売されるケア商品に対する懸念はありました。

在庫処分の品であったり、倒産品で長期在庫として保管されているものがメーカーから販売されたものが材料卸問屋などにはプールされていて、それらを回収し薄利で転売されているのは現在の流通システムや景気動向ではどうしても起こりうることです。

基本的にシャンプーや育毛剤などは日本の法律上、使用期限などを明記する必要はないのですが当然対応年数というものが存在します。それが過ぎてしまった商品を確認する手段は一般消費者にはなく、また僕たちのような販売店にすら通常知るすべもありません。

ですがこれまでに様々なメーカーの商品を取り扱う中で商品の効果だけではなく安定性や信頼性を確認できないメーカーが存在します。さらに有名メーカーの商品でも商品ロットから調べてみるととんでもない商品がネット上で流通していることがあります。

海外などから輸入される育毛剤も東南アジア経由のもので驚くべきものが存在しますが国内メーカーのシャンプーや育毛剤においても使用期限が過ぎている以上の問題が存在します。

メーカーもそれらを防ぐために隠しロットなどを設け、流通ルートを特定する努力もおこなってはおりますが先日驚くべき内容を耳にしました。

ある有名ショッピングサイトに掲載されていた商品を購入した方が商品を使用した所、突然髪が異常な抜け方をしたそうです。当初疑われたのはかぶれや拒絶反応だったそうですが尋常ではないケースだったのでその商品を回収したメーカーが民間の研究機関に成分分析を依頼した所、脱毛目的の成分が検出されたそうです。

どう考えてもそのメーカーでは取り扱ってはいない成分が多数含まれており、流通ルートのどこかの段階で混入されたとし考えられないのですがその商品を販売したショッピングサイトは正規ルートから購入した商品ではなく、いくつもの会社を迂回して安価という理由だけで仕入れたためにそれらを特定する手段もないことが判明したそうです。

いたずらや嫌がらせを目的とした行為ではあると思いますが問題個所の断定、または責任の所在の特定もできないような今回の事案は以前より危惧しておりました。

口に入れるものではないとはいえ、人体に使用するものである以上、その安全性を確保するのは販売者としての責任です。所が今回のような異常とも言える出来ごとを除いてもこれまでにお勧めをしている商品を当サイトでご覧になり、他店で購入したものの異常を感じると販売店に問い合わせても対応をしてもらえず仕方がなく当社に送ってこられ、調べてみた所、数年前の商品でメーカーも驚いていたような事案はありましたが今回のような暴挙が起こる可能性があることに身震いすら覚えました。

ある一定の件数が報告されないとメーカーや販売店は報告義務がありません。そのために一般の方たちがこのような出来事を耳にする機会はないと思います。今回の脱毛成分混入に関しては威力業務妨害を視野に警察に報告をされたそうですが直接的に身体に危険が及ばないような今回の事案を真剣に警察が取り合わない可能性が考えられます。また流通系統が判明困難な商品は多数ネットなどに出回っております。

昨年話題になった事故米ではありませんが監督官庁があるお米ですら、あのような出来事がある中、商品をなるべく持たずに仕入れ先にも常に最新の在庫の中から商品の搬入を厳しく伝えているのは様々なトラブルをお客様が回避するためです。

事件になっているわけではなく、注意文書という形で配布された情報ですがこのようなことが常にとなり合わせとして存在することを知っておいていただいたほうが良いと思います。

2009年10月04日

ブログと商品の更新

ブログの更新が滞り、申し訳ありません。今後のこのサイトのあり方や商品を含め、様々な変更を思案しております。

いくつ、これまでとは違うシャンプーや育毛剤などを紹介していく予定です。

育毛剤とはしてはミノキシジルも有効ではありますが血行促進を中心とした商品とは違い、毛穴内部の女性ホルモンを増やす、ビールホップを血行促進分と同時に配合した育毛剤をご用意しました。

これまでにも男性ホルモン対策としてビールホップのエッセンスをミノキシジルと同時にご使用いただいたりしておりました。その組み合わせもミノキシジルをご使用いただく方には有効ではありますがミノキシジルを利用するほどに至っていない方には1本の育毛剤で多くの方が不安を覚える男性ホルモンに対し有効な手段となる商品があれば手間や価格の面などの負担も減らすことができます。

またシャンプーもテラソテラピーやユーカリ、ローズエッセンスを用いたシャンプーなど様々なお客様の状態や症状に合わせての商品ラインアップを増やすてみました。

皮脂を溶解するためのクレンジングローションやオイルも医師が製造開発に携わったローションやローズオイルを用いたものなど、近年、年齢や性別を問わず広がる抜け毛や頭皮のトラブルに対処できるようなものを揃えさせていただきました。

秋に入り、普段よりも抜け毛が増えていることに多くの方が驚かれていることだと思います。一時的なもので終わる方もいるのですがこれをきっかけに進行する可能性も消して否定できません。

ご質問などがあれば随時受け付けますがご相談いただく際は具体的な内容を明記いただいてBBSに書き込みをお願いいたします。


2010年07月31日

BBS閉鎖のご案内

長年に渡り、相談を受け付ける為に開設しておりましたBBSをこの度、廃止をしようと思います。髪の悩みを見ず知らずの人に聞くというのはインターネット上でも勇気がいることでブログをご覧いただき、それでも直接聞きたい事があると思われるお客様に自由に書き込みをいただけそれに返答をする形式をとらせていただければと考えておりました。

国内外を含め、髪に関連した医学的発表や様々なメーカーが発売する新商品の本来の特性を御紹介することで、皆さんがご存じない情報を提供することを目的としております。それらを踏まえ、疑問を持たれたことや聞きたいことをすぐに質問いただければその内容は他のどなたかも同じように感じておられることであるから開示することが必要かと思いました。また身元を明かさず、気軽に相談ができるということも書き込みをいただく方には重要なのではないかと考え、これまで大変多くの方に御利用をいただいておりました。

髪を生やすというのは消して簡単なことではありません。その為に様々なケアをいくつも取り入れていただく必要が生じることもあります。またそれらを取り入れていただいても100%の回復を遂げると言うお約束も難しいのは事実です。

プロペシアやミノキシジルタブレットのような経口薬がインターネットで入手は可能であっても、それを自己判断で飲むのは大変危険な行為です。また飲む事が一番有効であるとお考えの方が多数おられますがもし医師の管理下の元でそれらの処方を受け、リスクは抑える事ができたとしても回復しなかった場合、どうするのか?

医師だから行える検査や治療法があると思います。そうではない美容師という次元でご紹介をできるケア方法があります。それをうまく組み合わせたり、医師に相談をしても改善しない方が全く別のアプローチで対処できればと考えてきました。

男性ホルモンという髪に悪影響を与える一つの要素を薬で抑えるのか?それとも医薬部外品で全く違うアプローチができるもあるのではないか?プロペシアを飲んでいてもうまく改善しなかった方に考え方を少し変えていただき、毛根内部に女性ホルモンを増やすという方法をとってみてはどうか?

このように様々なケア商品が存在する中、その方の年齢やお仕事、生活習慣となる基本的な内容をまず伺い、これまでに取り入れていただいたケア方法は何だったのか?それが本当に有効に使用されていたかを確認したり、その商品をより有効的に利用いただく為に何が必要かBBSで相談を聞き、必要とあればメールやお電話で対応いたしておりました。

新商品の紹介をするサイトはいくつもあります。ですがそれを取り入れてもどのように使うかが本来は重要であり、それが本当に必要かどうか?また使うタイミングや使用量が正しく使えているか?使用前も後も、それらを確認しつつケアに取り組んでいただく事が大切です。

インターネットで評判の商品を使ってみても効果がなかった経験は誰でもあります。そこで考えるべきなのはなぜ効果がなかったのかを改めて考えることだと思います。一般の方が商品の有効性や効果を確認することは困難です。そのためにひとつずつお話を伺いながら何を変更していくべきかを相談できるようにするためにサイト上での掲示板もご用意しました。

開設以前に同様の掲示板にアドバイスをおこなっておりましたが様々な方たちの相談に無償でお答していた際に誤った情報や間違えてしまっているケア商品の使用方法で改善していない方がどれほどおられるかを知り、僕が知り得る情報で役にたてていただければとこのサイトを開設しました。情報紹介だけではなく、相談も気軽にできる。その双方が他のサイトではできないことだと信じこれまで取り組んでまいりました。

商品紹介ページも開設当初、様々な方面から商品販売サイトにするように薦められました。ですが良い商品だとわかっていても、それが有効であるかどうかを御本人に任せてしまっては他の類似サイトと変わらなくなってしまう。そうではなく、これまでの経緯や現在の状況を伺い、本当に何が必要なのかを無償でアドバイスできる場としてサイト上の掲示板を設けさせていただきました。

今回のBBSの閉鎖は大変不本意ではありますがこれまで良かれと思って行ってきたことが逆にケアに現在取り組んでおられる方たちに不安を与えるような現状。また有効である商品やケア方法を自己判断や使用方法でお使いいただいても満足のいく結果は得られないということをBBSでは伝えられないと判断しました。

BBSの相談だけではなく直接いただくメールやお電話の返答、日々の美容師としての仕事があり、相談件数があまりにも増えてしまい、一人で対処するには許容範囲を超えてしまいました。

一部のご支持や批判を受け、限られた時間の中でしっかりとお客様に対処するためにもこれからは直接お客様からメールまたお電話で相談を受け、お答えするほうが良いのではないかと思い、今回のBBS閉鎖を決断しました。

これまで他の方の書き込みなどを参考にしていただき、気軽に質問ができる場としてご利用いただいておりましたが当方の勝手で閉鎖をしてしまった事を心よりお詫び申し上げます。

他にもサイトのあり方自体を今後変更していくこともあるかと思いますが相談や質問は今後も出来る限り受け付けたいと思います。質問などはメールで受け付けし双方の時間が許せばスカイプやお電話でもお話を伺います。

またサイト管理担当者と協議をし、サイト構築変更により、BBS参加希望の方に対しサービスを提供できるかを確認したいと思います。それまではお手数ですが下記のアドレスにメールをいただければと思います。

横井壮州
yokoi@kaminonayami.net

カテゴリーリスト

髪の悩み.net