育毛に対する根本的な考え方


なぜ前頭部や頭頂部の髪は、抜けやすいのか。

人体の血管の90%が毛細血管という細い管を通って血液は流れています。 注射を打てるほどの血管は10%ほどしかありません。

髪の素となる血液中のたんぱく質も毛細血管を通って供給されています。 頭部まで届いている太い血管は眼の際(眼が疲れた時に鼻の付け根を揉む場所)、 側頭部の耳の数センチ前方(頭痛などの際に指で揉む場所)、 首と頭の付け根までしか到達しておらず、そこからは毛細血管になってしまいます。

頭部は人体の中でも一番上部にあり、 心臓よりも高い位置にあるために日中の行動(立っていたり、座っていたり)では 重力に反して血液は供給されています。 反面、足が浮腫むという症状は、体内の血液や水分が重力によって 体の下部に溜まってしまうからです。

育毛剤などを、夜に塗ることや、睡眠が重要と言われているのは、 体を横にする事で心臓と頭部が同じ高さになり、 日中に比べると血液がスムーズに頭部に行き渡るからです。

サザエさんの波兵のように、耳や後頭部の髪は全く抜けていないのに頭部だけ髪が抜ける。
これは側頭部や後頭部などは太い血管が到達しているため、 前頭部や頭頂部に比べると血液量に圧倒的な開きがあるからです。

さらに頭部まで届いている血管に繋がる毛細血管は、枝状に広がっているため、 毛細血管同士の間にも隙間があり、到達する血液量はさらに少なくなります。

髪は血液中のたんぱく質が毛乳頭で細胞分裂を繰り返し、髪となります。 当然、髪を生やしたい、太くしたいと思えば血行を促進することが不可欠です。 ですが、人体の構造上、前頭部や頭頂部に広がっている毛細血管は、 とても細いもので、多くの隙間が存在します。

それに加えて食生活などが偏っていると、血液内部にコレステロールが溜まっていたり、 タバコやストレスなどから赤血球がスムーズに血管内部を通れないような症状も起こります。 ただでさえ、人体の上部にある頭に供給される血液量は少ないのに加え、 様々な要因によって血液が不十分になりやすい前頭部や頭頂部の髪は、 どうしても弱りやすくなっています。

世に出回る育毛剤は95%以上が血行促進剤なのはその為であり、 マッサージや睡眠などは血液の流れを良くするために必要なものです。


さらに先日、台湾の研究チームが、喫煙による悪影響は、 欧米人に比べるとアジア人のほうが高く、抜け毛の大きな原因になると言われています。 日ごろから食事や睡眠、健康管理は血液量を増やすために必要で、 年齢を重ねていけば誰でも血流が悪くなる可能性があります。


ですが、肉眼で確認できない毛細血管にミノキシジルを注射するというのは、 事実上、不可能です。
それにも拘わらず多くの方がそれに高い期待を寄せるのはなぜか?

それはプロペシアと同様に、医師による治療だから効くと考えてしまうのだと思います。

ご相談やヘアーマックスをご購入前にぜひご相談を以下のメールにいただければアドバイスをさせていただきます。

yokoi@kaminonayami.net

ヘアーマックス正規販売サイト 

http://kaminonayami.org

最新の育毛情報を紹介しています。

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/

カテゴリ:

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kaminonayami.net/mt33/mt-tb.cgi/823

コメントを投稿

※投稿頂いたコメントは承認が必要になります。申し訳ありませんが、反映されるまでお待ち下さい。
なお、都合によりコメントが反映されないこともございます。予めご了承下さい。

髪の悩み.net