精力減退、EDなど。プロペシアの副作用の深刻化


プロペシアによる副作用の精力減退とED症状が今年4月に発表された以上に多いというデータが10月にはいって発表されました。

明確な治療方法は確立されておらず、海外でもその対処方法に苦慮しておりますが今年にはいってわかってきた事がテストステロンの低下症状がみられるようです。

症状の度合いや服用期間によっても対処方法が違うようですが症状がおもわしくない場合、生涯にわたっての投薬が必要となるケースがアメリカで多数報告されてきております。

日本でもある特定の専門科、さらにホルモンについて精通している医師であることが最低限求められます。さらにプロペシアによる同症状を理解していないと検査すらしてくれるかもわかりません。

プロペシアの服用を決めるにあたっては慎重に判断されることや症状がすでに起こっている方がプロペシアの製造メーカーが今年2回にわたって副作用についての注意事項を記載変更しましたが公表されているように使用中止をすることで回復するとは限りません。

ご相談やヘアーマックス問合せメール

yokoi@kaminonayami.net

ヘアーマックス正規販売サイト 

http://kaminonayami.org

海外の育毛剤やサプリメントをより安全。安心にご提要されているサイトです。

http://ikumouhatsumou.jp/


カテゴリ:

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kaminonayami.net/mt33/mt-tb.cgi/815

コメントを投稿

※投稿頂いたコメントは承認が必要になります。申し訳ありませんが、反映されるまでお待ち下さい。
なお、都合によりコメントが反映されないこともございます。予めご了承下さい。

髪の悩み.net