深度温度への対応


深度体温というのをご存知でしょうか?

熱中症などの原因として注目されていて、その原理を耳にすると今年の頭皮トラブルの原因なども理解できます。

今年は節電の影響からご自宅のエアコンの設定温度に限らず、往復の通勤や内勤の仕事の方の場合には特にエアコンの設定温度が高いため、深度体温の低下が図れず、熱中症による死亡率の上昇が報告されています。

たとえば外気温が33度の中で長時間、働いていて昼休みにコンビニなど28度にエアコンが設定されている室内に入ると涼しいと感じると思います。

日中の外気温が高い時や寝苦しい夜、エアコンを我慢していて限界を感じ突然、エアコンをつけた場合、急激な気温の低い場所に入ると涼しいと感じると思いますが皮膚の表面温度と体の芯の部分の深度大音には大きな差があるそうです。

長時間、高温の中にいて深度温度が37度で合った場合、エアコンの効いた部屋に入室直後は感覚は涼しいと感じ、皮膚表面の温度は数度、低下していても体の深度温度はわずか0.5度しか低下していないそうです。

通勤時の高い気温の中の徒歩。設定温度の高い公共交通機関。それに加えての長時間の室内での仕事となると深度温度の上下動が例年とはまったく違いリズムが崩れている状態が続いています。

そのリズムの乱れを補正するために汗や皮脂の分泌が乱れ、例年であれば夏場のケアの対処方法をご存知の方でも対処できないような頭皮や毛根の環境に陥っている場合があります。

節電による設定温度の変化に皮膚的な体感温度は早くなれるかもしれませんが体の深度体温は高いままでありつつも十分な気温低下が行えず、長期間、高温の深度温度を維持をされている状態がl他の年ではありえないような環境に陥っている可能性があります。

そこに加えての早い梅雨入りと梅雨明けによって、春という深度温度が安定している期間が短いまま長期間過酷な環境にさらされる今年のような気候や震災による影響は人間の慣れに隠れて注視されないまま様々な問題を誘発する可能性があります。

ヘアーマックスの正規代理店契約によって新たにケアを始められたお客様が多くおられますが回復しつつある髪が迎える初めての過酷な気候や環境である夏がこれまで誰もが一度も経験したことのないほどの深度温度が高温のまま、すごさなくてはいけない状況にあります。

この状況に対処するのは並大抵の知識でできるものではありません。

ですがそれをしっかりと出来るように対処することは日常的なケアを工夫していただくことが重要となります。

カテゴリ:

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kaminonayami.net/mt33/mt-tb.cgi/806

コメントを投稿

※投稿頂いたコメントは承認が必要になります。申し訳ありませんが、反映されるまでお待ち下さい。
なお、都合によりコメントが反映されないこともございます。予めご了承下さい。

髪の悩み.net