気温上昇に伴う脱毛の増加や夏場に向けたケア(マイクロバブル)


本日発刊のまぐまぐでは具体的にお話をしておりますがここ数週間、脱毛本数が増えていることはブログでも御紹介しております。

お陰様で多くの方にヘアマックスや低周波・高周波器を導入いただく中、ご予算の関係でそれまでお使いだったシャンプーをご使用になられている方が多いです。

またシャンプーは既存の物をお使いであったとしてもクレンジングオイルやシャンプーブラシを導入をいただいた方も多くいらっしゃいます。これにより、日常的な皮脂の排除は格段に上がり、大手育毛サロンに通っていただくよりも毛穴の皮脂や老廃物が確実に排除できています。

ですがそれでも尚、夏場の気温上昇による環境の悪化はさけられません。

わかりやすいので皮脂の過剰分泌と説明をすることが多いのですが頭皮環境が一気に悪くなり、脂漏性皮膚炎に陥るきっかけとなるのは汗疹であることが多いです。

今年は計画停電や節電によってエアコンの設定温度が高くなることが予想されますが汗を大量にかくことで汗疹ができ、そこに皮脂などが付着することによって脂漏性皮膚炎や毛包炎えと進行します。

頭部にできてしまうと髪があることから通気性や衛生面が悪くなることから改善にとても手間がかかります。

またか初期の場合にはゆみなどの自覚症状しかないために見落とされてしまいます。

一番良いのはやはり頭皮用カメラをお使いいただくことですがそれ以外にも首の周辺に普段にはない出来物や汗疹が増えている場合、より一層の注意が必要です。

シャンプーブラシやクレンジングオイルはシャンプー単体に期待する洗浄力や皮脂の溶解力よりも遙かに優れてはいます。その為、これらをお使いいただくことは大変効果的ではありますが汗のかき方や皮脂の分泌度合い。日常的に過ごされる平均温度や髪の長さ。汗疹や炎症を誘発しやすい肌質などは個々によって全くことなります。

以前よりこのブログをご覧の方はマイクロバブルのシャワーヘッドなどについて御存じだと思います。ご自宅のシャワーヘッドを簡単に交換するだけで以下のサイトで紹介されているような効果を得られます。

http://www.science-t.jp/product/micro_bubble/

ただマイクロバブルのシャワーヘッドといってもすごい数の商品があり、毎時1リットル当たりに発生するマイクロバブルの量によっても効果には大きな差がございます。以前も安いマイクロバブルのシャワーヘッドを購入されたのですが実際にはマイクロバブルが発生しておらず、状況が改善しなかったので買いなおした方もおられます。

毛穴内部の皮脂や老廃物の排除だけではなく、血行促進や育毛に役立つ効果が期待できる商品です。マイクロバブルは日本で開発された技術ですが様々な産業に応用されていて育毛効果についても理化学研究所でも研究がすすでいます。

この数日間の気候を考えると数日のうちに梅雨明け宣言が出されると思います。

遅い時には7月の半ばから下旬にかけての梅雨明けが仮に来週発表された場合、夏場の影響を受ける日数がその分、増えることになります。

それによってかかる紫外線や、皮脂、汗などの負荷は必ずその年の秋に現れます。

特に低周波・高周波器やヘアマックスをお使いいただき、状況が好転を見ている場合、せっかく生えだしている髪や回復に向かっている髪は健康毛と比べるとどうしても貧弱な状態です。それを大切に守っていただくひとつの手段としてマイクロバブルは有効なケアの一つであると思います。

カテゴリ:

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kaminonayami.net/mt33/mt-tb.cgi/797

コメントを投稿

※投稿頂いたコメントは承認が必要になります。申し訳ありませんが、反映されるまでお待ち下さい。
なお、都合によりコメントが反映されないこともございます。予めご了承下さい。

髪の悩み.net