血管年齢と髪の関係


近年よく耳にする血管年齢。体が加齢に伴って固くなるように動脈硬化が生じた血管は固くなり、内部が狭くなるそうです。

しなやかな血管は心臓から押し出される血液が血管の内側が狭くなり詰まっているとそれより先に流れる血液量が少なくなる。

そのため、現在ではPMW測定器や頸動脈エコー検査などが用いられて、病気の際は問題点を確認するのに役立つが現在の日本の医療機関で薄毛に対し、同検査が行われていないのは誠に残念だ。

実年齢よりも高い血管年齢は現在大きな社会問題となっている。肉食を中心として食生活やストレスも大きく関係している。ミノキシジルタブレットの服用で血流を改善すれば良くなると考える方がほとんどだか、動脈硬化による血流不良を改善するのは簡単なことではありません。その一旦が現在の薄毛の若年化に拍車をかけているとされている。

髪は元々、血液中のたんぱく質が毛根内部で細胞分立を繰り返し髪として成長する。体の末端にある頭部には脳内へ供給される血液は確保されていても頭がい骨を覆う頭皮には段々血液が流れにくくなる。

また血液が毛根まで届いたとしても細胞分裂の阻害要因となる男性ホルモンや毛根内部のバルジ領域の弱体化によっても髪の成長が鈍らせることがある。

薄毛や抜け毛は様々な影響が複合的にかかわることで引き起こされます。食生活や生活習慣の見直しも大切ですが血行不良は育毛剤の使用だけでカバーしきれないこともあります。

カテゴリ:

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kaminonayami.net/mt33/mt-tb.cgi/652

コメントを投稿

※投稿頂いたコメントは承認が必要になります。申し訳ありませんが、反映されるまでお待ち下さい。
なお、都合によりコメントが反映されないこともございます。予めご了承下さい。

髪の悩み.net