« 2009年07月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月 記事一覧


2009年10月04日

ブログと商品の更新

ブログの更新が滞り、申し訳ありません。今後のこのサイトのあり方や商品を含め、様々な変更を思案しております。

いくつ、これまでとは違うシャンプーや育毛剤などを紹介していく予定です。

育毛剤とはしてはミノキシジルも有効ではありますが血行促進を中心とした商品とは違い、毛穴内部の女性ホルモンを増やす、ビールホップを血行促進分と同時に配合した育毛剤をご用意しました。

これまでにも男性ホルモン対策としてビールホップのエッセンスをミノキシジルと同時にご使用いただいたりしておりました。その組み合わせもミノキシジルをご使用いただく方には有効ではありますがミノキシジルを利用するほどに至っていない方には1本の育毛剤で多くの方が不安を覚える男性ホルモンに対し有効な手段となる商品があれば手間や価格の面などの負担も減らすことができます。

またシャンプーもテラソテラピーやユーカリ、ローズエッセンスを用いたシャンプーなど様々なお客様の状態や症状に合わせての商品ラインアップを増やすてみました。

皮脂を溶解するためのクレンジングローションやオイルも医師が製造開発に携わったローションやローズオイルを用いたものなど、近年、年齢や性別を問わず広がる抜け毛や頭皮のトラブルに対処できるようなものを揃えさせていただきました。

秋に入り、普段よりも抜け毛が増えていることに多くの方が驚かれていることだと思います。一時的なもので終わる方もいるのですがこれをきっかけに進行する可能性も消して否定できません。

ご質問などがあれば随時受け付けますがご相談いただく際は具体的な内容を明記いただいてBBSに書き込みをお願いいたします。


2009年10月10日

新商品の紹介について

昨日お話をした商品などに多くの問い合わせをいただきありがとうございます。商品としてはとても信頼のおけるメーカーが製造するものであり、改めて具体的内容をご紹介する機会を設けます。

これまでにも多数の商品をご紹介させていただきましたが今回の商品の充実はご相談内容の多様化が進んでおり、そのようなお客様たちが使用いただけるものを増やしていきたいという思いからです。女性の方の薄毛の問題が近年増えていたりアトピーや敏感肌の方の場合にはケア方法にもさまざまな制限がどうしてもあります。ケア方法に限りがあるというのはどうしても回復にようする時間もかかってしまいます。

今回の商品に関しても詳しくご紹介をしたいのですがこれらの商品が良いと感じ現在のケアに取り入れることを検討するお客様もおられるのでしょうが安易にお使いをいただいたから良くなるものではありません。

以前も少しだけお話を差し上げた新サービスもそうですがこのサイトにたどり着くまでにネットで書かれた評論を頼りに商品を購入をしては改善が見られなかったというのは多くの方が経験されていると思います。一時でも早く回復を遂げるには現在のご自身の状態を把握しそれに対して的確なケアを行うことが何よりも重要です。

これからは商品の紹介方法が一部変わる可能性もありますがご理解お願いいたします

2009年10月16日

ケアを見直すタイミングや時期

秋になるとこれまで安定し回復を続けていたのにもかかわらず突然大量の抜け毛に悩まされる方があります。これは過去の書き込みで毎年秋になると同様の注意を促しておりましたがこれはヘアサイクルによる抜け毛が一年の中で一番抜けるのがこの時期です。

ケアを行っていく上で、いちばん最初にお話をするのは万能なケア方法はないということです。

その理由は個人の肌質や体質、食事の栄養バランスも関係しその上でお使いになる商品だけではなくシャンプーの際の手の動かし方や髪を活性化させる手段(育毛剤、マイクロバブル、や他の育毛機器の使用の有無)などアドバイスをするには様々な情報をいただくことで初めて有効なケア方法を決めることが可能です。

さらにお仕事や自宅での平均気温や冷暖房器具の設定温度。住居環境(一家建て、分譲マンション(建築年数によっての水のくみ上げ方によっての水圧の違い、ワンルームマンションなどで用いられるタンク規模が小型でさらに深夜温水器を同一時間に使用する極端な水圧の減少)。お住まいの都道府県の緯度によっての平均気温の差や季節の変わり目のタイミング。どれをとっても皆さんがさらされている環境は同一ではありません。

カメラなどを購入いただき、一定の間隔で頭皮チェックやシャンプーやケア商品の変更が必要なのはその時の個々のお客様のおかれる環境を知ることが何よりも重要だからです。

状況に応じた細やかな変化を僕だけではなくご自身が把握することで冷静な判断も可能となります。皆さんにご紹介をしている低周波や高周波。その後、新たにおすすめしているレーザーなど、シャンプーや育毛剤だけでは中々回復できないような方でも新たなケア手段があることをご存じいただければ少なくとも希望を失うことはありません。

お客様から提供いただける情報量の多さがより高い精度のケア方法のアドバイスを実現させてくれます。ですが気候の変化など、身につける服の内容がかわるように、その時々に有効なケア方法やケア商品も日々変えていく必要があります。

2009年10月20日

育毛先進国のアメリカの現状

育毛先進国のアメリカ。フィナステリド、ミノキシジル、レーザーなど医学的エビデンスが得られた成分などはすべてアメリカで開発されております。

その背景には健康保険制度の違いから患者が望む医療を自費によって支払うという概念があり、美容整形や視力回復手術など、一般的な病気とは別の治療を医師に求めるという考えがあるからです。その中で薄毛に悩む人たちが圧倒的に多いアメリカでは医師によって、薄毛を回復してもらうという考え方が既に定着しております。

需要が多い分、研究や臨床の数も多く、新成分などの治験やそれに携わる医師や製薬会社も日本とは比べものになりません。

多くの方が薄毛や頭皮の異常を感じて皮膚科を受診した経験があると思いますが十分な診断や説明もなく薬を処方された経験があると思います。これは日本の医師で薄毛を専門的に研究をしていたり学会などもなく、医師自身が知識を持ち得ていないのが実情です。

医学書などを専門に扱う書店に行き、関連書籍を探したことがありますがあれほどの数の本の中で薄毛や抜け毛を取り扱った専門書は1冊もありませんでした。2冊ほど数百ページにもなる本の中で数ページだけ脂漏性皮膚炎や円形脱毛などについて取り上げる内容のものがありましたがその中に書かれた対処方法や投薬の有効性は30年以上も前から変わっておりません。さらに円形脱毛への有効治療としてドライアイス療法がかかれておりましたがこのような機械を現在おいている皮膚科は略皆無です。

東京の大学病院で脱毛専門外来を設けている所には設置されているようですが有効性があまりないために必然的に消えていった治療方法です。

またプロペシアの処方がはじまった現在。薬の処方はどこでもしてくれますが薬に対する知識も海外などの治験や臨床データを一切把握しないまま、処方だけしております。さらに一部、発毛専門クリニックと呼ばれる病院で本来では女性が服用されることを禁止されているプロペシアを処方している話などを聞きますが副作用を考えると大変恐ろしいことが行われております。

その反面、アメリカでは数多くの専門医や学会があり、医師の間での情報交換がなされております。さまざまな研究結果を元に自らの患者さんにも最新の治療手段を用いて対応します。数多くの臨床データが上がることでより高い精度の治療がおこなわれています。

たとえばブログで何度かご紹介をさせていただいております低レベルレーザーとミノキシジルの併用がもっとも効果があるというデータが改めて最近発表されたことで多くの医師が実践されております。さらに高濃度ミノキシジルを使用されている方で回復が思った形で遂げていない方のためにより効果的な使用方法も考案されております。

様々な患者や治療件数を専門医が得られることから一段と有効な手法が確立されていきます。

インターネットで一般の方たちが各々自分が見聞きしたことをかかれ、必要以上の不安を増長させています。

それを防ぐ役割を医師ができない日本ではどうしてもまわりで囁かれる言葉に信憑性があるように感じるでしょうが育毛先進国のアメリカでは医学的実証を元とする対処方法が確立されており、研究も進んでおります。

2009年10月23日

ケアの効果の確認

今年のように、夏の気温が上がらない零下の夏と昨年のような猛暑が続いた夏。一般的なイメージとしては猛暑のほうが秋の抜け毛を誘発するような印象があると思います。

ところがこれまでのデータなどを見ると秋に入っての大量の抜け毛に悩まれるのは今年のような温度が上がらなかった夏になります。日本人の体は四季に順応する力が他の人種に比べるとすぐれており、発汗性や体温調整をコントロールしやすい体質をしております。

ですが近年の冷暖房機器の整備によって、この能力がだんだん低下してきているのですが今年のように夏になっても気温があがらないとさらに体のリズムが狂ってしまい、その影響から大量の抜け毛を引き起こすことがあるようです

こうした大量の抜け毛や頭皮の異常が起こるとどうしても今のケアが正しいのかどうか疑いたくなると思います。ところがこれは一時的なものなのでパニックを起こす必要はありません。ですがそれをご本人にご理解いただいたり、異常が生じた場合に早期に対処することはとても大切です。

この1,2か月の間、想定したいた通りに突然の抜け毛に驚き、急きょご来店いただいた方やご連絡をいただくことが増えておりました。ですがその中でもカメラをおもちいただいているお客様から画像をお送りいただくことで現状がどうなっているかを確認することができるのでおもちのケア商品の使用頻度の調整などですぐに対処が可能となるケースがほとんどです。

先日も数名のお客様で今年の初旬やこの6月からケアを始めたばかりのお客様からご本人が満足のいく形で回復を遂げているとうれしいメールやお電話をいただきましたが一度ご来店いただくことでどのような状況を保てばよいのかをご本人が理解されていること。さらに定期的な状況のチェックによる軌道修正も効果を速めてくれている結果だと思います。

回復を遂げているかどうかの確認はやはり毛先や中間部などの肉眼で確認できる長さまで伸びるのには時間がかかります。ですが生えたばかりの髪の状態を確認できればその髪が将来的にのびることを考えると今後の回復度合いがはっきりとわかります。

どうしても目に見えて手で触れる部分の髪の変化ばかりに意識がいってしまいがちですが現在の状況を把握するのは生えだしたばかりの髪を確認することが重要です。

不安を払拭するためだけではなく今後必要なケアをいち早く選択するためにも頭皮や毛髪を確認するカメラはとても有効な手段です

2009年10月24日

女性ホルモン配合の新育毛剤 (一部追記しました)

本日より新たな育毛剤の取扱を開始いたします。

昔より男性ホルモンと薄毛や抜け毛の因果関係は多くの皆さんもご存知だと思います。そのため、多くの育毛剤には男性ホルモンを制御する成分が含まれております。

男性ホルモンが引き起こす問題は血液中のたんぱく質が髪に成長する際に繰り返し細胞分裂を阻害することにあります。抜け毛や薄毛の改善には重要な要素ではありますがプロペシアの単体使用で多くの方が改善をみられないように男性ホルモンだけを制御したところで回復を期待するのは難しいです。

それが今回ご紹介する育毛剤は女性ホルモンを増やすビールホップを配合し同時に一般的な育毛剤と同じく、血行促進効果も含まれております。

この商品は男女を問わずご使用いただける商品ではありますが近年増え続けている女性の抜け毛や薄毛、さらに白髪にも効果があります。ビールホップには毛根内部のメラノサイトを活性化する効果があることを資生堂とキリンビールの共同研究によって数年前に実証されました。これを育毛剤に同時配合している商品は限られております。

これまでにも従来型の血行促進を目的とした育毛剤とビールホップ単体のエッセンスを併用いただく方法をとらせていただいておりましたが今回の商品は1本でその二つの役割を果たします。さらに現在ミノキシジルやほかの育毛剤をご利用のお客様で局部的(特に生え際)に高濃度ビールホップクリームも同時発売いたします。

ミノキに含まれるフィナステリドによって男性ホルモンを抑制をしながら毛穴内部の女性ホルモンの生成を高めることは以前より有効だと考えております。

ニューハーフなどの方達が女性ホルモンなど月に一度、注射をしたりしますが薄毛の方が少ないのは事実です。ですが抜け毛の改善のために女性ホルモンを注射するのは副作用やリスクを考えると不可能でした。ところが今回のホップ配合の商品は女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きのあるフラボノイドが大量に含まれており皮膚の老化を制御する働きなどもあります。

近年女性の方が生活習慣や食などによって女性ホルモンの生成能力の低下していることから不妊や薄毛といったことに悩まれるケースが多いのですが男性で僕達が体の生成できる女性ホルモンはさらに低下しているとのデータもあります。

ホップに含まれるエストロゲン様の成分が発毛阻害ホルモンの発生を抑えることは国内外の大学や研究機関でも確認されており、現在はさらなる可能性を期待できるような商品が開発されつつあります。

植物性エストロゲンにあたるホップなどの成分は今回紹介をした育毛だけではなく近年増えている白髪の若年化にも効果があるとされており、日焼けをした際に肌の色を黒くしたり、目の色素を作る、メラニン色素の減少が日本人に増えています。メラニンを作るメラノサイトの機能低下が関係しているとされるのですが育毛での毛母細胞の活性化と同じようにメラノサイトも刺激することで髪の色素が回復すると言われております。

ビールホップを取り上げた過去のブログ(携帯からだと表示されない可能性があります)
http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97

女性ホルモンを取り上げた過去のブログ

http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

最新の育毛事情

皆さんもご存じの某育毛シャンプー。有名お笑い芸人やキャスターに元プロ野球選手などをモデルとして回復結果をテレビやCM,インターネットなどを通じ紹介しております。

主力宣伝商品がシャンプーということもあり、最近皆様からいただく質問の中でそのシャンプーの有効性や商品単体であのような回復を遂げたのかなどのお伺いをいただきます。

そのメーカーのサイトをよく確認すれば、シャンプー単体での効果ではなく頭髪治療を一緒に行っていることは書かれております。具体的内容までは明記いたしませんがかなり専門的な治療を同時に施しているようで印象としてはそのシャンプーが驚くほどの効果を上げているような印象を多くの方に与えていると思います。

現在すでにケアをはじめていただいているお客様はご存じだと思いますがどれほどすぐれた商品であっても単体での使用ではどうしても回復を得ることはできません。

たとえば男性の場合、トリートメントの使用をされていない方がほとんどですがシャンプー、クレンジングオイル、育毛剤などは悪魔でもこれから生えてくる髪への対処です。すでに生えている髪を改善するためにはトリートメントでの栄養補給しか方法はありません。

先日お話をさせていただいたように現在アメリカの発毛を専門にしている医師やクリニック、それに研究機関ではミノキシジルとプロペシアの併用よりもミノキシジルとレーザーの併用のほうがはるかに効果が高いことを確認し実施しております。

これはミノキシジルとレーザーどちらにも単体使用で新しい髪を生え出し、髪の成長を促す効果があるのですが具体的な研究が進み再確認された事実がございます。

それはミノキシジルは一度抜け落ちた髪や活力を失い成長できず、毛根内部にとどまってしまっている髪を成長させる効果は高いのですが新たに生え出した髪が通常の髪と同じようなスピードで伸びるようになるにはそれ相当の時間を要します。ところがミノキシジルで生え出た産毛にレーザーを照射すると成長のスピードが一気に速まることがわかりました。現在のアメリカの医師はミノキシジルとレーザーの使用を推奨するようになり、これまでよりも回復にようする時間を短縮化することに成功しました。

回復の時間を短くすることはだれもが望む所です。そのような研究が進むのも日本とは異なり、医師や研究機関が治験を繰り返し、しっかりとしたデータが裏付けとあるからこそです。

髪の専門知識に記載している低レベルレーザーについて

http://www.kaminonayami.net/chishiki/laser0.html

ブログで過去に紹介したミノキシジルについて

http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%AB

ブログで過去に紹介したレーザーについて

http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC

2009年10月28日

ひとりで悩まないでください

こうして多くの方の相談にのっていると改めて感じるのが皆さんが頭皮のケア方法に大変困っていることです。ネットなどで書かれている商品やサプリメント、育毛剤を使用しても改善しないために次々とケア方法を変えてしまうのですがそれでも好転しないことから自分を末期的な状況だと思い込んでしまう傾向にあるようです。

ですがここでひとつ伺いたいのですが自分の状態を冷静に判断してくれる専門家の意見なくして本当に改善は可能なのでしょうか?またその判断をするに当たって裏付けとなる情報。頭皮の画像やこれまでの経緯。使用をしてきたケア商品など。現状を把握する上で様々なことを検証し対応をしなくては自らの思い込みだけでコロコロケア方法や商品を変えたり、無意味にケアを増やしていって、効果はあがるのでしょうか?

長きに渡り、ネットを通じてご相談に乗らせていただいておりますが皆さんが書かれる文面や内容からこれまでの経験でアドバイスをしてまいりました。それによって商品を購入いただくことで改善をしたといわれるのはとても喜ばしいことです。ですがもし現在の頭皮の画像を確認させていただいた上でアドバイスができれば回復にようする時間は圧倒的に短縮化することが可能です。また不必要なケアを省略することもできます。

これはサイトをご覧いただいている皆様だけではなく僕も希望することです。

実際ご来店いただくお客様の場合、初めてということで普段よりも時間がかかります。お話を聞いたり、頭皮を確認するために必要な時間なのですがそれよりも大半の時間はこれまでにそのお客様がインターネットで得た誤った情報を正すことに使用しております。

しっかりとした理論や理屈を背景に改めて説明をするとそれまでに得ていた情報がどれほど間違っていたかがわかり、必要以上の不安を抱えて無駄な時間を過ごしてきたことがわかると思います。さらに誤った情報を正すくことで前向きにケアに取り組むことができます。

突然襲われる抜け毛の悩み。皮膚科が一番近い相談場所になると思いますが適格な判断ができず安易に決められてしまう病名を信じ、塗り薬やシャンプーを利用してしまいます。ところが一向に好転しない症状にさらに焦りが生じてしまうことでしょう。

的確な商品を使用することは大切です。ですがもうひとつ重要なのは自らがどのような状態なのかを理解し、ひとりで塞ぎこむのではなく前向きに対応策を図っていくことです。そうすれば改善の余地はいくらでもあります。

商品の紹介について

昨日お客様からコメントで僕がサイト内で紹介をする商品などの品名がかかれていないのはなぜですかとのお問い合わせがありました。

いくつかの商品に関してはサイト開設当初に掲載しているものがあるのですがその後、具体的商品名を記載しないケースが多いのは事実です。当初より、商品紹介を掲載するかどうかはとても悩みました。またネットのショッピングサイトのようにする案もありましたがこれに関しては最初からお断りを申し上げておりました。

以前はメーカー名などを伏せて画像だけを掲載することもおこなっておりましたが現在ではそちらも極力さけさせていただいております。

その一番の理由は最近のブログで書かせていただているように有効な商品と紹介されているものを安易に購入しお使いいただいても満足いく結果を得るのは難しいからです。

このサイトにたどりつくまでの間に多くの方がサイト掲載商品を購入し試したものの、満足のいく結果を得られなかったと思います。それはどのような商品も万能なものではないこと。その商品が本当にご使用される方に向いているかどうかはこれまでの経緯や行ってきたケアの内容。現在の症状などを踏まえた上でお使いをいただいたほうが明らかに改善をみるからです。

そのためには商品の問い合わせをいただくメールやお電話でも簡単に症状などを伺えばその商品が向いているかどうか。またはサイトで紹介をしていない商品などでより効果を得られるものがあるのではないか。自分が紹介をしている商品であるからこそ責任を持ちたいのもそうですが自分の思い込みで無駄なケアを増やすのもけしてよくありません。

誤った商品での誤ったケアは一切の改善には向かいません。

それを全国からお越しいただく多くのお客様で実感しているからこそ安易に商品紹介をできない理由となっております。

2009年10月29日

アトピーが引き起こすトラブルと抜け毛

mericadown.jpg
こちらの画像は全身に20年以上、極度のアトピーに苦しまれた方のものになります。それまで全国の皮膚科に通い、あらゆる投薬や治療法を試みても改善しなかったのが半年から一年でここまで改善された一例です。

このサイトでいただく相談や直接相談をいただく方の中で頭部や生え際にアトピーの炎症がおきていて、かゆみや抜け毛を引き起こす方がいらっしゃいます。

このような改善に利用されたのは天然成分を主体としたローションとなります。

使用方法も特徴的なのですが赤ちゃんのおむつかぶれにも利用でき、とても安心です。

本来は顔や体にお使いいただくのですがメーカーでも書かれていない使用方法でこれまでに大変多くの方たちのトラブルを改善してきました。

アトピーや過敏性のトラブルを抱えているお客様にとって血行を促進する。皮脂を除去するなどのケアは細心の注意を払いながら行わなくてはいけません。

完治が難しいといわれるアトピー。それが頭部にできると髪があるので埃などが付着し、汗もかくので不衛生になりがちです。また生え際は体の中でも皮脂分泌がもっと活発なのでアトピーが悪化しやすくなります。

対処方法はとても難しいのですが確実なケアをおこなえば数年来、頭部や顔にできたアトピーの炎症も完全に回復することが可能です。その後、はじめて一般の方たちと同じようなケアを取り入れることも可能となります。

回復の一例の紹介

rootplus1.jpg

rootplus5.jpg

上記画像の方たちの回復例を紹介します。ケア手段やお使いになられた商品などは異なりますがケア前を考えれば改善過程にあるのは一目瞭然です。

より高い効果を得る手段はまだありますが年齢を考えても好転していることがわかると思います。とにかく重要なのはけして諦めないことです。

2009年10月30日

頭皮画像の重要性

touhigazou.jpg

ご覧いただいている画像は店で参考事例としてお見せしているものになります。

ケアや商品など、有効な対処方法が個々に違うということをなんどかお話をしておりますが簡単な部類分けでも頭皮が状態というのはこれほど違うというのがわかると思います。

皮脂の付着度合いにも個人差があれば頭皮の色や髪の太さ、色素の生成能力など様々なことが頭皮を拡大することによって得られます。さらに不安を感じている場所や進行度合いを見た上で必要な商品やケアを決めることになります。

多くの情報を収集して知識として得ることは大事です。有効なシャンプーや育毛剤、サプリメントなどをいち早く取り入れることも重要だと思います。

ですが一番大切な情報とは個々のお客様の現在の状態を把握することです。

10種類ほどの頭皮の画像が掲載されておりますがこれだけ頭皮の見え方が変わるのであれば10種類のケア方法があることになります。

育毛関連のサイトや他者の意見を参考にすることはけして悪くはありません。ですがもっとも必要な情報はこのように皆さん自身の頭皮を確認することとなります。

日本の育毛医療の実情

日本の美容整形外科において、既存の育毛治療に加えて低レベルレーザーを照射するコースを設けた病院があります。

医師という立場から血液検査や注射など、当店では行えないような診断や治療をとりいれております。

検査料金がおよそ40000円。治療内容は回数によっても異なりますが最低が3回の120000円から6回の680000円になるそうです。こちらは基本料金となり、症状や状態によっては回数もかわってくるそうです。

ミノキシジルや栄養分の皮下注射。6回ほどのレーザー照射。これで一体どれだけの回復が得られるのかはとても興味があります。

皮下注射と聞けば、患部に直接作用するイメージがありますが1本の注射がカバーできる範囲。有効期間。ミノキシジルや関連栄養分を注射してもそれほど長い間、効果が継続すると思えません。それであれば他の疾患で注射や栄養補給を受けても同じような持続力がなくてはいけません。

またレーザーにおいても先進国であるアメリカかでより専門的な機器をもちいても来院回数は週に3回ほどでそれが数か月に及びます。

この病院が設けている6回680000円が高いのか安いのかは個々の判断になります。大手育毛サロンを利用されている方の中にはこれ以上の金額をお支払の方もたくさんいます。

日本における医師が行う育毛治療の実情としてご紹介しました。

月別アーカイブ

■2012年 ■2011年 ■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年 ■2006年
髪の悩み.net