« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月 記事一覧


2008年05月01日

プロペシアのダブルスタンダード

男性ホルモンが引き起こす抜け毛を断定する方法はありますかとの質問を受けますが答えはNOです。

一部病院で男性ホルモンの影響を遺伝的に検査を行っているという所もありますが遺伝子レベルにおいても遺伝子レベルでどの部分が男性ホルモンと抜け毛を関連しているかというのは本当は解明されておりません。

仮に男性ホルモンによる抜け毛があったとして、進行状況も関係してきますが薄毛などの影響を男性ホルモンを抑制したから回復することもないのです。CMなどでAGAというものを目にするようになったり、専門科を問わず、AGAなど、プロペシアのパンフレットを目にすると多大な期待を寄せている方が多いのは事実だと思います。

薬が処方されるようになって3年がたちますが一体どれだけの方がプロペシアの単体服用で回復したという結果は発表されておりません。当然、満足のいく回復率には個人差があります。ですがプロペシアによる男性ホルモンの抑制だけでデータとして発表できるほどの結果がでていないこと。さらにプロペシアの単体使用では大した結果を得られないという認識が処方をする医師や日本の厚生労働省ももっていないことが一番の問題だと思います。

スタンダードという言葉は一番わかりやすく訳すとすると基準になります。今回の場合、プロペシアという薬の回復の可能性やどのように使用すれば効果が現れるかという基準が開発、製造をして12年になるアメリカの医師やFDAの基準と使用を始めて3年もたっておらず、歯科や整形外科でも処方をしている日本の医師や厚生労働省とでは定める基準は全く異なります。

アメリカの場合には発毛を専門とする医師や研究団体も日本とは比べ物にならないほどの数があり、その方たちの意見を元に定めた基準になります。変わって日本の皮膚科で髪を生やす方法を教えてくださいと質問をした場合に、明確な方法やアドバイスをしてくれる病院は両手であまるほどの数しかないと思います。

その薬を取り扱っているからプロペシアの確実な有効性や副作用などを知っているわけではないのです。現在皆さんがどのような入手経路でプロペシアを服用されているかわかりませんが正直、どこの病院でもAGAのパンフレットを目にしますがプロペシアは風邪薬や痛み止めではありません。仮に心臓に病を抱え、そのために服用するための薬をもらうとしたら貴方は歯科や眼科で心臓の薬をもらおうとしますか?

数秒間、適当に頭皮を肉眼で確認して、具体的な原因や問題の説明もなくプロペシアを簡単に処方してくる皮膚科を本当に信用してよいのでしょうか?

プロペシアという薬を飲む、飲まない。飲むのであればより有効な利用方法や副作用などの説明を受けずに男性ホルモンを抑えるだけで髪は生えるのでしょうか?

プロペシアを飲むための決定や有効な使用方法に対する判断基準はアメリカと日本では全く違います。これが癌という病気であれば共通の基準を設けているのですが事、プロペシアに関しては全く異なるダブルスタンダードが存在するのが事実です。

プロペシアを開発して12年たち、本当の意味での発毛を研究している医師がいるアメリカの基準とどの病院でも簡単にプロペシアを処方している日本の基準であればどちらを信用しますか?

冷静に考えてみてください。欧米人とアジア人の平均的身長や体格。筋肉のつき具合を考えた場合。肉体的に男性ホルモンが多いの欧米人とアジア人のどちらだと思いますか?

男性ホルモンの肉体的影響をより受けている欧米の医療機関がプロペシアの単体使用では十分な回復は望めないとの基準を元に動いています。

過去に書いたものですがプロペシアを服用しているのであればより効果的な方法としてアメリカでも紹介されている内容も含まれている過去のブログになります。

http://kaminonayami.net/mt33/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&search=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%89

2008年05月04日

平均気温の高さ

今年は北海道で5月にもかかわらず31度を記録し、沖縄よりも気温が高くなっております。実際皆さんがお住まいの地域がどのようかはわかりませんがこのような気候は髪に少なからずとも影響を与えます。

気温によって、服を選ぶことができますが髪の場合にはそうはいきません。どれだけ温度が高くなったからといって通気性の良いものに買えることができるわけでもない分、汗や皮脂という形で直接的に影響してきます。ケアを見直すしたり注意をする事の重要性をイメージいただくことが難しいようですがその日に着る洋服を選ぶのは自分がもっとも快適な温度を保ちたいと思うからです。それでもエアコンが効いている場所に行けば寒いと感じたりすることがあるように体の他の箇所は体温調整が容易に行えますが頭部はそう簡単にはいきません。

さらに通気性が悪いのに加えて、髪が存在する分、皮膚を清潔に保つのが難しいことを考えるとより注意が必要だと思います。

どうしても自分に合っていると感じる商品を変更するのは躊躇しがちですが細やかな変化を行うことが普通ではできないと思いますが基本的にはもっとも重要なケア方針だと思います。

2008年05月15日

某人気シャンプーの現実

CMで話題のシャンプー。現在この商品は市販商品の中でも売り上げがNO.1だと思います。先日新たな商品が発売され、さらに髪の艶が増すと評判になっております。イメージとしては天然油分による効果と感じている方達が大半だと思います。

ところが昨日あるメーカーの開発者と話を聞いてみるとエナメル成分が配合されているそうです。以前にも髪のダメージから洗い流さないトリートメントを多様されていた方が髪にシャンプーでも落とせないほどの膜ができてしまい、大変ご苦労をされた方にアドバイスをさせていただきました。事実、洗い流しが不要のトリートメントの中にはシリコン系の成分が多く含んでいるものが増えていて化学成分によって半場、強制的に艶を出しているものが増えています。

このようなシャンプーやトリートメントに含まれるシリコン成分が毛根を埋めてしまい、抜け毛を誘発しているケースがあります。ですが昨日の話を聞く限りではそのシャンプーはシリコンよりもさらに排除することが難しいエナメルを含んでいるという事実に驚愕しました。

このシャンプーを使っている方達の中でカラーが十分に配色をしなかったり、縮毛矯正やパーマすらかからないほどの油膜が髪にできてしまっているケースがあるそうです。

多くの方達がCMのイメージから市販のシャンプーに多大な期待を寄せるお気持ちは十分わかります。さらにこのような大手メーカーの商品はコンビニ、スーパーやドラッグストアなどで簡単に手にすることができる分、使用されている方が多いと思います。すべての市販商品が今回のような形で製造されているとは思いませんがブランドイメージを維持するために天然成分配合のようなネーミングをつけておきながら、内容成分がシリコンを通り越したエナメルを含んで商品の目的である、髪の艶を出す。

このような事が抜け毛だけではなく、他の問題を引き起こす可能性は十分にありますのでご注意ください。

2008年05月20日

毛髪ミネラル診断

近年、抜け毛などに悩む方が増えている背景には日ごろの食生活や生活環境が大きく影響しています。コンビニやファーストフードなどで手軽に食事を済ます傾向にあります。そのような加工食品や食品添加物、土俵の酸性化によって日本人が本来必要とされているミネラル不足が問題になっています。

ミネラルが不足すると有害物質が蓄積しやすくなり新陳代謝などが低下するといわれています。疲れや便秘、不眠、イライラなど分かりやすい形での自覚症状がでます。個人が不足しているミネラルは人それぞれでサプリメントやミネラル飲料などを摂取している方が増えていますが闇雲に服用していても期待するほどの効果を得ることは難しいと思います。

毛髪はこのようなミネラルから生成されており、欠乏することで髪が正常な形で生えることが難しくなるのですが体内で必要なミネラル情報や有害成分情報がすべて髪に投影されています。これは医療機関でおこなっている血液や尿検査よりも正確な情報だとされていてアメリカではかなり以前から医師などの間で取り入れられておりました。

自分の栄養バランスの乱れなどを的確に理解し、普段の食生活を注意したり、サプリメントなどを服用することは代謝機能が正常になり、自然治癒力や抵抗力を増すことに繋がります。測定されるミネラルは以下になります。

A.必須ミネラル 20元素
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、クロム、モリブデン、 マンガン、鉄、銅、亜鉛、リン、セレン(セレニウム)、ヨウ素、リチウム、バナジウム、コバルト、ニッケル、ホウ素、ゲルマニウム、臭素

B.有害ミネラル 6元素
ベリリウム、カドミウム、水銀、アルミニウム、鉛、砒素

これらのミネラルを確実に補うことで抜け毛だけではなく、疲労やストレス、それにアレルギーも改善されるといわれております。上記ミネラルの中でも鉄、銅、亜鉛、ヨウ素は直接的に髪の成分となり、不足していれば髪が正常な形で生成されていないことになります。

0.1g程度の髪を根元から約3cmくらいのところを隙バサミで切りますので直接的に見た目ではなんの変化もありません。実年齢と現在のミネラル年齢の大きな開きが抜け毛だけではなく様々な問題につながっております。これを1回目の検査結果後に食生活やサプリメントで不足分のミネラルを補っていただき、半年後に再度検査いただくことで改善度合いがわかります。

プロペシアなどの服用による男性ホルモンの抑制よりもその方に本当に必要なミネラルを補うほうがより安全で確実に抜け毛を改善すると思います。毛髪ミネラル診断をご希望の方はぜひご連絡ください。

2008年05月22日

毛髪ミネラル診断 2

kennsa1.jpg


kennsa2.jpg

最初の写真が検査結果などが送られてくるものになります。注意すべき有害ミネラルや必要なミネラルなどが具体的に明記されております。さらに有害なミネラルを排出を促すミネラルやビタミンを表示されているばかりか普段の食材などで食べると良いものなども明記されております。

とても細かく栄養素のアドバイスなどが書かれているので献立の参考になりますしサプリメントなどの方法で摂取いただいても良いと思います。

必要な髪の本数はそれほど多くはありません。100円ライターと比較させていただきましたが隙鋏で軽く根元から切っていただければ大丈夫です。けして髪が弱っている箇所から切る必要はないので安心してください。

業務用マイクロスコープのお値打ち販売

01.jpg

業務用のマイクロスコープの新品が一台とてもお値打ちにご用意できました。頭皮を見るには別途200倍のレンズを購入いただかなくてはいけませんが楽天などで10000円(定価15000円)くらいで購入いただけると思います。

僕もこれと同じカメラを利用しておりますが静止画、動画どちらも録画が可能です。さらに日本で一番有名なマイクロスコープメーカーの商品ですので修理、アフターフォローも万全です。多くの方にお話をしますが自分の頭皮の状態をこまめにチェックすることがとても重要です。

それにこちらのカメラで撮影していただいた画像をメールで送っていただければ僕がケアのフォローもさせていただきます。興味のある方は以下にメールをくだされば詳細をお知らせいただきます。

yokoi@kaminonayami.net

商品名 スカラ USBマイクロスコープM2

2008年05月23日

大豆イソフラボンの過剰摂取の危険性

抜け毛などについてお悩みで様々な情報を調べると以前に紹介をした大豆イソフラボンやカプサイシンなどの摂取の有効性がかかれており、摂取されている方も多いと思います。サプリメントジャンキーという言葉がアメリカでありましたが不足する栄養分をサプリメントで取るというのには問題点もあります。大豆イソフラボンのように抜け毛に効果があると聞くと過剰摂取すればその分、効果があると思う方がいるのですがここに大きな間違いがあります。


 食品安全委員会が2006年12月にまとめた内容によると大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方としては1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70〜75mgで、そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいとの研究結果が発表されました。

摂取量に制限が設定された背景には、サプリメントなどにより大豆イソフラボンのみを過剰に摂取すると事で女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があるのがわかりました。月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まることも報告され、抜け毛だけではなく大豆イソフラボンを摂取する場合には一日あたりの服用量をあまり増やしすぎない事も女性の方には大切になります。

大豆イソフラボンは、主に大豆の胚芽に多く含まれているフラボノイドの一種で、大豆イソフラボンの化学構造は女性ホルモンの「エストロゲン」に似ているために、女性の骨粗しょう症や更年期障害にも効果があるのではないかと注目されていました。

日本では、豆腐や納豆などの大豆食品をはじめ、みそ・しょうゆといった調味料まで大豆を使ってきました。これらの食品に含まれる大豆で健康被害が出るといった報告はこれまでありませんでした。食品安全委員会も、通常の食事で大豆イソフラボンを取る分には問題がないと確認しております。

ところが、最近になって大豆イソフラボンが注目され、大豆イソフラボンを強化した食材や、単体のサプリメントとして摂取する機会が増えてきたため状況が変わってきてしまいました。

例えば閉経前の女性の場合、過剰に大豆イソフラボンを摂取すると血中ホルモン値が変動し、月経周期が延長することなどが知られております。また閉経前の女性の場合、日ごろの食生活(大豆イソフラボン29.5mg/日)に加えて豆乳や(1日当たり約400mL(同75.7mg)飲んだ場合)、エストロゲンの一種のエストラジオールが血液中の濃度が約33.3%低下し、月経周期が11.7%延長したという報告があります。

大豆イソフラボンの過剰摂取が、人間の胎児や新生児に及ぼす影響は明確には分かっていませんが、動物を使った実験で、卵巣や精巣といった生殖器官に対して有害作用が報告されています。そのため食品安全委員会では、妊婦や乳幼児、小児などが、特定保健用食品として普段の食事に追加して大豆イソフラボンを摂取することを薦めていません。

逆に閉経後女性を対象に、大豆イソフラボンの錠剤(150mg/日)を5年間服用した実験では、摂取群とプラセボ群を比較したところ、30カ月では有意な差は見られませんでしたが、60カ月で摂取群に子宮内膜増殖症の発症が有意に高くなる可能性が高いことがわかりました。

食品安全委員会では、大豆イソフラボン錠剤150mg/日は人における健康被害発現量と考え、その半分の75mgを研究に基づく現時点において。安全な上限摂取目安量としたようです。

特定保健用食品として、通常の食事に加え、1日当たり27.1mg、または57.3mgの大豆イソフラボンを摂取したところ、27.1mgでは血清中のエストラジオールが有意に上昇しましたが、摂取量が57.3mgになると逆に有意に低下することが分かりました。

食品安全委員会は、大豆イソフラボンの摂取量として、1日当たり57.3mgを日常の食生活における上乗せ摂取による最低影響量とみなし、およそその半量の30mgを特定保健用食品としての大豆イソフラボンの1日上乗せ摂取量と導きました。

特定保健用食品。大豆イソフラボン(サプリメント、大豆食品)。一般的に体に重要でさらに髪にとって有効だと思われている栄養素が逆に体に異常を来す可能性があります。

先日ご紹介をしたような毛髪ミネラル診断のように科学的数値を元に、個々に必要な栄養バランスが全く違います。一日あたり無意識に摂取している大豆製品に髪にとって大切だと思っていた大豆イソフラボンのサプリメントが逆に栄養バランスを乱してしまう可能性もあります。


2008年05月31日

ケア前の髪や毛穴の大きさの比較

keana%20hikaku.jpg

画面上の二本の髪の太さを比べてみました。前頭部で横に並ぶ二本の髪の毛ですら、これほどの太さの違いがあります。ケアや育毛剤などの使用で細いほうの髪を横に存在する太い髪のような環境を作れば頭皮の露出が少なくなります。

keana%20ensyuritsu%20mae.jpg

こちらの画像では毛穴の円周率を量ってみました。ケア前ですが点在する二つの毛穴でもこれほどの違いがあります。さらにケアを行うことによって、毛穴の開き具合が広くなり、髪が十分な太さに育つ面積を確保できれば髪は回復していきます。

多くの方がこの画像よりも毛穴の開口部分が皮脂や老廃物によって小さくなっており、そのような環境下では十分な太さに髪が育つことはできないのが一目瞭然だと思います。

髪を回復させるために頭皮を拡大する重要性はこのような細かい情報によって、必要なケアを選択したり、1ヶ月、3ヶ月、半年と経過を追うことによって回復率がわかります。


ケア後の髪の太さや毛穴の大きさの比較

hiritsu.jpg

先ほど掲載したケア前の画像の場合、毛穴の開き具合に対して、髪の太さが占める割合を考えると毛穴の開口部分が狭く、育毛剤などが浸透する為の隙間に加え、十分な太さに育つほどの余裕がないのが見てとれます。髪の太さに対して、毛穴の広さを良くみておいてください。

crater2.jpg

ケア後の頭皮を見るとまず目に留るのはクレーターと呼ばれる、髪が生えていない毛穴が確認できるようになった事です。皮脂や老廃物は詰まっておりますがこの毛穴の奥ではまだ、成長が期待できる髪がしっかりと残っています。これをケアによって詰まりを排除することで再度、毛穴として復活させることも可能です。この場合、シャンプーだけでのケアで毛穴を再度開かせるのは到底不可能です。そのために様々なケア商品を複合的に使ったり専門的な頭皮エステなどが効果を発揮します。

さらに最初の画像と見比べてもわかるように毛穴の開口部分の広さに対して、生え出している髪の幅の比率を考えるとケア前と比べられないほどの隙間が存在します。このような隙間の余裕が毛穴内部にある皮脂腺から分泌される皮脂を体外に排出できるようになり、髪が圧迫されることなく、太さを増すような環境となります。

sanbai.jpg

頭皮エステを行ったことによって毛穴の開口部分の幅が生え出す髪に対して約3倍の広さになったことが分かります。現在はこの毛穴からは1本の髪しか生えておりませんがクレーター同様に以前はこの毛穴から別の髪が生えていた可能性があります。

毛穴の大きさを十分に広げておくのは生え出す髪が育つ隙間。育毛剤が患部である、毛穴の奥底の毛乳頭まで到達する隙間。さらに以前は生えていた髪で皮脂や老廃物によって生え出すことができなかった髪が育毛剤などによって血行が促進されることで再度、生え出しやすくする環境もとても大切だと思います。

髪を生やすのはけして難しくないとお話をするのはケア前のブログの画像や数値と比較した場合、一回の頭皮エステでどれだけ改善したが今回の画像ではっきりしたと思います。現在の頭皮の状態を知る重要性もそこにあり、ケア前の頭皮がどのような状態でどんなケア商品をどれだけの頻度で使えば、髪が十分に育つ毛穴の広さになるかには個人差があります。100人いれば100通りのケア方法があるとお話しするのもこれが理由です。

そして何よりケアを行い毛穴を広げても、現存する髪や中に埋もれている髪にどの程度の育毛剤が必要かも画像からはっきりとします。カメラを手元に置いておき、定期的に毛穴の広さや髪の太さを数値で記録しておくと自分がどれだけ回復したかがはっきりすると思います。

月別アーカイブ

■2012年 ■2011年 ■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年 ■2006年
髪の悩み.net