髪の悩みを改善するポイント 4(ドライオイリースキン) 前編


昨日2ヶ月半ぶりに来店いただいたお客様。いつも神奈川県から遥々お越しいただいております。

そのお客様は僕のところに来店いただくようになって8ヶ月ほどになりますが最初メールをいただいた時は状況がいまいち把握できないくらいの症状でした。20代になってから発症したアトピーの治療を続けられ、幸いにも回復されたそうなんですがある日、頭皮に付着したかさぶたを剥がすと髪がまとまって抜けてしまったそうです。アトピーの際に来店されていた皮膚科でアレルギーの可能性を示唆され投薬を受けていたそうですが一向に回復する様子もなく困っておられた所、相談を受けました。

500円玉代に円形に抜けている箇所が二つほどありフケのような塊がよく取れるということ。それにもかかわらず円形に抜けた箇所は通常の円形脱毛症で見られない中心部に残毛(抜けずにとどまっている髪)があるとの事でした。

普通ストレス性の脱毛の場合、産毛も残らないような形で抜けてしまうのですがその症状とも合致しません。そこで遠くまでご足労をかけていただくのを承知で来店をお勧めしました。

その翌週、ご本人にお会いするし頭皮を確認した際には正直驚きました。アトピーが原因で頭皮全体が過敏性の炎症を起こし、それを補うために皮脂が過剰分泌して幕をつくってしまっている。このようなドライオイリースキンはあまり珍しくはないのですが皮脂の固まり方が普通では考えられないほど状態でした。

ドライオイリースキンの場合、過敏性の皮膚をよくする場合、皮脂を排除しなくてはいけません。クレンジングオイルやシャンプーは刺激性の弱いものを使い、拒絶反応などがないかを確認しながらシャンプーブラシを使用するなどして細心の注意を払いながら頭皮エステをさせていただきます。何度か来店いただける場所にお住まいであれば良いのですが神奈川県からお越しいただくということで交通費などの負担を考えるととにかく一回のケアで少なくとも付着している皮脂の幕を一度で確実に排除しなくてはなりませんでした。

過去にも同様のドライオイリースキンの方をケアした経験がありましたので対処方法は凡そ分かっておりましたが今回の例はそれを遥かに超える状態でした。さらに前回の症例の場合、お客様が同じ愛知県内でしたので頻繁な来店が可能という点も今回とは違っていました。

幸いにも初回の頭皮エステで表面の皮脂の固まりは完全に排除できました。円形にぬけていた部分をケア後、確認すると500円玉大の巨大な皮脂幕を除去するとその下に産毛のような弱々しい髪が残っていました。通常であればここから育毛剤をお勧めするのですがアトピーなどの炎症を考えると初回からすぐにご利用いただくには難しいと判断しその日はシャンプーとクレンジングオイルしかお渡しできませんでした。

ここで問題だったのは初回のケアで完全に皮脂は排除したものの再度分泌する皮脂をどうやって頭皮の炎症を刺激する事なくまた固まらないようにするか。それに500円玉大に抜けた場所の産毛がどのように伸びっていてくれるかが最大のポイントでした。

2ヵ月後のご来店をお約束し、回復を祈ってお帰りいただきました。

カテゴリ:

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kaminonayami.net/mt33/mt-tb.cgi/372

コメントを投稿

※投稿頂いたコメントは承認が必要になります。申し訳ありませんが、反映されるまでお待ち下さい。
なお、都合によりコメントが反映されないこともございます。予めご了承下さい。

髪の悩み.net