« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月 記事一覧


2007年04月05日

ケア方法の変更

フェーン現象などの影響で2月までは例年にないほどの暖かさ。3月に入ってからは平均気温も例年通りになりました。ですが今週の日曜日、静岡で31度を記録。1月以降の平均湿度は40年ぶりの低さ。

この影響からか新規にご相談に来られる方たちや継続的にケアに来店いただいている方も含め皮脂の分泌が激しいようです。

一年のを通して同じケアで大丈夫な方もありますが本来であればその時の気候などに応じてケア方法や商品などもかえることが必要になります。

カメラなどをつかって的確な状況の判断をできれば一番ですが自分で行えることとすれば小さな変化などを見逃さないことです。かゆみや顔の生え際などの赤み、にきびなどもその一例です。

さらに育毛剤などをご利用になっていない方たちで抜け毛は落ち着いていてもそれ以上の変化が感じられない場合、これから夏場に向けて髪にとっては過酷な状況になっていきます。特に今年のような気候を考えればご利用を開始すると良いのではないかと思います。

2007年04月06日

女性の薄毛や抜け毛

近年抜け毛や薄毛の低年齢化と同じように女性で同様の悩みを抱えている方が増えています。今後ご要望があれば女性の抜け毛や薄毛の対象法や注意点。それにお勧め商品などの掲載もしていきたいと考えています。

女性の抜け毛には様々な要因が関係しています。第一には皮脂などの影響があります。どうしても女性の場合、髪の長さなどが影響してしっかりと地肌を洗えていないケースがあります。多くの場合、頭皮の状態は男性よりも悪いケースも多いです。ただ髪が抜けにくいという部分では圧倒的に女性のほうが女性ホルモンなどの関係で問題にならないだけです。

さらに女性の場合はどうしても髪を洗うというイメージが強く、地肌を洗うという概念があまりないことも関係しています。兎角髪のダメージなどに意識が集中してしまうため、ダメージのカバー力の強いシャンプーやトリートメントをお使いになりますが市販品に含まれるようなダメージ補修成分が分泌された皮脂と混ざり合い毛根を埋めてしまっているケースがあるようです。

例えるならば朝、化粧をして帰宅後、十分なクレンジングや洗顔を行わずにファンデーションや化粧を落とさないまま寝ているのと同じような状態です。普通に考えればそのような状態が数日続けば肌が荒れてしまうことでしょうし注意をすると思います。

ところが頭皮に関してはそのような意識をお持ちになる方が少ないと思います。仮に髪が細くなったり抜けたりということがおきないにしてもこのような状態を放置することによって髪の色素を作るメラノサイトなどの機能が低下し白髪ができやすくなってしまいます。

さらに近年女性特有の病気などで話題になるホルモンバランスの乱れなどは生活習慣や無理なダイエットが関係していると言われているように髪にも大きな影響を与えます。さらに仕事などの面で社会的ストレスにさらされる度合いは男性と全く変わらないこともその要因の一つとされています。

男性の場合は高濃度のミノキシジルやフィナステリドのようにケアの一環として利用できる商品が多いです。男性は進行度合いが酷いとしても医学的に実証されている商品を使えるのですが女性の場合は様々な制限があるので状況が悪くなっても対処法が限られてしまっています。

当然男性ほどの血行促進成分などが必要ないとのは事実ですしケアを始めれば回復も早いと思います。ですが体内のホルモンの生成バランスの乱れから起こる抜け毛などは外用的処置などで対処ができません。

抜け毛や薄毛にお悩みの女性の方達は顔などに使用する基礎化粧品や美容液のようなアンチエイジングが頭皮や髪にも必要なんだとお考えいただければいいと思います。抜け毛などは比較的簡単に改善しますし髪の太さも取り戻すことは可能です。

ですが髪の長さやホルモンの乱れなど男性ではあまり影響しない要素によって髪の状態が悪化していることがありますのでご注意ください。

2007年04月10日

女性の薄毛や抜け毛 2

昨日お話をした女性の薄毛や抜け毛についてもう少し補足したいと思います。

月経前の多くの女性が肌荒れに悩むように頭皮もホルモンのバランスなどの影響から頭皮の皮脂の分泌も活発になりトラブルを抱えるケースが増えています。

これは肉眼で確認することがとても難しくニキビのような脂漏性皮膚炎などを起こしはじめて発見されます。通常男性のように生活習慣や体質から皮脂が過剰分泌する場合は通年的に起こる現象であることに対し、女性の場合一時的なケースが多いようです。

同じケア方法や商品で対処が可能な男性とは違いある程度自らの体質を知った上で1月の中でケア法を変更したり加える必要性のある方があります。

さらに前回お話をしたように血行を促進するための刺激成分やホルモンを抑制するためのケアが逆に皮膚にトラブルを招いてしまったりホルモンをコントロールできなくなって問題を引き起こす可能性もあります。

ですが女性の方のほうが抜け毛などの原因を特定してしまえば回復も早いのは事実です。その点ではご安心ください。

それに女性は顔に対するケアをされているだけあって毎日の基本的なケアの重要性や必要性を理解されていることを考えると的確な形で日々のケアを行っていただける分より確実な回復を期待できます。

ただ女性だからといって安易に現状を軽視すると大変な思いをします。近年ホルモンが関係した病気が取り座されていますが無理なダイエット。仕事などの責任における社会進出。様々な要因で10年前では考えられないよう現象が近年おきています。

年齢とは関係なくおこりうる問題です。歳を重ねれば男性同様回復の可能性が低下する恐れはあります。ですが回復率に関しては男性に比べれば飛躍的に高いわけですから顔に要する手間を同じ皮膚でつながった頭皮にも必要だということは抜け毛や薄毛からの脱出だけではなく白髪予防や健康な髪を維持するには必須だということをご理解いただけばとおもいます。

2007年04月12日

地球の温暖化

先日世界的な地球温暖化の学会が開かれてこれからの気象変更に生じて起こる生態系への影響が報告されました。

その中で今後30年の間に地球の平均気温が2度上がれば全世界の30%の動植物の存亡危機が訪れるという研究結果がでました。

これは動物だけではなく人間にも関係していることでアジアやオーストラリア、それにヨーロッパなどでは異常な気温上昇によって命を失う可能性が危惧されています。実際今年の異常気象にも反映している傾向があります。この四ヶ月の降水量および積雪量の少なさから酷い乾燥をしているといわれています。

発展途上国のように多少の異常気象によって命が奪われることは日本などはないと思います。ですが自分が置かれている環境化の変化に対し敏感に処置をしていくことは大変重要です。髪の乾燥を含め頭皮などに与える影響。さらに今後新たに生まれるかもしれない問題点。

自分にあったケアはこのような面を考えても大切です。人間の顔が100人いれば100通りあるように髪や頭皮の状態はその方の生活習慣やお住まいの地域、年齢などでも大きく左右されます。

2007年04月17日

内的(体内)ケアの重要性

多くの相談を受けている中で皆さん自らの悩みの原因を特定することに大変苦労をされていると思います。

自覚症状や異変などがあれば原因も特定しやすいと思いますが大半の方は自分がなぜ髪が抜けてしまったり細くなっているのか断定できないと思います。さらに過剰なまでの情報がネット上で流失しておりその大半が自分達(宣伝目的)に都合の良い形で内容を書き込んでいます。

現在の状況などを的確に判断した上で自分にあったケアをするというのはとても重要です。ですがもう一点重視していただきたポイントがあります。それは髪は体内から生えるという点です。皮脂の過剰分泌や血行不良、ストレスやホルモンの乱れなど抜け毛や細毛を引き要素は様々です。このすべての要因は体内で起こっています。

シャンプーの選択やクレンジングローションに育毛剤の使用。これらは重要なケア方法のひとつです。体内で起こった異常に対して副作用の少ない外的ケアで対処、補助を行うことは不可欠です。ですがもっとも重要なのは体の中で起きていることに目を向けることです。喫煙や飲酒。睡眠時間の確保や食生活のバランスの見直し、不足がちな栄養分の補給。不安から起こるストレスの緩和に対する努力やホルモンバランスの調整。

これは他人ではコントロールできません。自らが注意をしていただき体内で起こっていることに必要な対処をしていただかなくてはいけません。以前紹介をした毛髪を解析して必要な栄養素を特定するのもひとつの方法ですが偏った食事をしない。喫煙や飲酒を控える。サプリメントなどを飲んでホルモンバランスの調整を行う。どうしても外的ケアばかりに目がいってしまいがちですがこのような内的ケアは大変重要なことです。

2007年04月19日

中国発 育毛剤 101

本日のニュースで取り上げられていた中国で製造された育毛剤、101。80年代の日本で一大ブームを引き起こした育毛剤です。当時97%の方に効果があるとの宣伝を元に発売されました。さらに当時日本から育毛治療ツアーといって中国に出向き、ハリを打ってもらったり人気のせいで入手できなかった101を購入できるといったツアーパッケージなども組まれていました。

所が商品の匂いの強さや極端な過剰使用、それに爆発的な人気によって製品自体の安定性やコピー商品などが多く出回り販売を日本では中止しました。その後も中国では生産は続けられていたと思いますが今回再度日本での販売を開始するそうです。

実際トラブルなども大きく報道された時期があった商品ですが漢方というイメージなどから大変な話題になりました。

さらに80年代では抜け毛のメカニズムなどが解明されておらず現在みなさんにご紹介しているようなケア方法やシャンプーなどは一切存在しておらず製造されていた育毛剤も極限られていました。他にもカウンターがついたブラシが販売されそれで頭皮を決められた回数たたくことで血行を促進するという方法も話題になっていましたが後日皮膚へのトラブルなどが報告され発売が中止になりました。

新しい商品が発売されると皆さんには大きな期待が生まれると思いますし過去にブームになったと宣伝していれば関心は高まります。既に平行輸入で101を取り扱っているサイトなどを多数みます。ですが当時起きたトラブルなどを説明されていません。

現在の皆さんのご両親の世代の方達は80年代の101のブームを鮮明に覚えておられると思いますが様々な要因によって自然に目にしなくなりました。

当然今回は日本の厚生労働省によっての承認を得ての発売だと思いますが個人的な意見としては過度な期待はされないほうが良いと思います。

2007年04月23日

気象病

今回気象庁が北海道に向けてこれから数ヶ月に渡って注意を促した気象病。

一日で数時間のうちに気温が4,5度変わり気温が安定しないと頭痛や精神的不安などを感じる症状の一種が気象病といわれているそうです。

朝起きた時には晴れていて気温が上昇しつつあるのに突然の雷雨などでの気温低下などが今年の北海道では起こる可能性が高いことなどが危惧されています。

ちなみの僕の住む名古屋で後数日で5月になるのにもかかわらず明日の最高気温は18度。4月の初旬で静岡で観測された29度というのはまるで嘘のような状態です。

予報という形で今回気象庁は北海道だけに対して中を促していますが実際今年の気温などに異常を皆さん感じておられませんか?さらに降水量が今年は例年の3分の1といわれるほどの乾燥している湿度ともいわれています。

気温の上昇は確かに頭皮のトラブルの原因になりやすいのは事実です。ですが安定しない気候によって通常行っているケアがトラブルの原因になりかねないほど今年の気候は安定しない恐れがあるそうです。

これに加えて職業や生活環境などによって自らがさらされている環境には個人差が生じます。ケアを今までされていて順調な方を含め今年は本当に注意してください。

2007年04月24日

精炭酸シャンプー (ザクロエキス配合)

先月ご紹介をした新しいクレンジングシャンプーなどの効果などがわかりましたのでお知らせいたします。

以前から紹介をしておりますサニープレイス社のクレンジングローション。シャンプーや基本のケアのベースとなる商品を多数開発しております。今回のザクロシャンプーは以前にも同種の物がありましたがより多くの有効成分が加わったのと以前は洗髪リンスになっておりました。

今回は炭などの消臭、消炎効果に加え世界最速の補修性アミノ酸のペリセアも配合されています。ペリセアには髪のツヤばかりではなくハリやコシをアップさせる効果があり熱に対するダメージにも高い安定性を保つことができます。皮脂の分解能力などもすぐれておりザクロエキスがホルモンなどのバランスも整えます。

シャンプーを選ぶ際に殆どの場合、特定の効果を期待してしまうケースがあります。ですが今回のシャンプーは成分などによって総合的に頭皮の年齢を10歳若返らせる目的の商品とお考えいただくといいと思います。

2007年04月27日

最近増えています

暖かくなってきてのが影響しているのですが最近頭皮のべたつきや抜け毛などでご相談のメールを沢山受けております。安定しなかった気候も4月の後半になり暖かい日が続き、トラブルが一番最初に起こりやすい季節です。

さらに一般的に言われる秋の抜け毛などに対処するのは正直、夏場では手をくれになる場合があります。

女性の相談者の方が増えていますが相談いただく3割り近い方が女性になります。どうしても相談をしにくいとお考えになったり抜け毛や細毛は女性には関係ないと思いがちですがこれは間違っています。近年30代40代の女性の抜け毛や皮脂などが引き起こす頭皮のトラブルが急増しています。髪のダメージなどには兎角敏感に対処される方が多いのですが女性の場合はトラブルの原因にホルモンなども影響してきますので異常を感じたら気軽にご質問ください。

ヘッドスパブラシ

20070427151719.jpg


今回掲載している写真は新たに販売されているヘッドスパブラシです。以前から紹介しているシャンプーブラシなどは手で洗っていただくことを基本としてその仕上げでお使いいただく物です。濡れている髪は絡みやすいこと。さらにブラシの形状によっては逆に髪を抜いてしまったり頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

似たような商品をドラッグストアなどでご覧になると思いますがこのブラシは設計などの面から全く異なる商品です。ブラシが二つついているのはシャンプーをする際、両手にはめていただきご使用いただくためです。最近多くの女性がネイルケアやアートをされていてシャンプーの際に爪をかばってしまったり、長すぎて指先が地肌に届かないこと。エクステなどをつけているどうしても絡まり易く地肌を洗っていないことも多いようです。このような要因も女性の抜け毛や薄毛の原因にもなっているようです。

さらにシャンプーをしている際に泡立ちが悪く、必要以上にシャンプーをお使いになってしまう方がありこれもトラブルの一端となりますが空気をいれながらシャンプーができるので少量でプロと同じような泡立ちになります。

特殊構造のためシャンプーだけではなくトリートメントを髪に均等に塗布出来て、すすぎなどもしっかりと行え、ブローの際にもご利用いただけます。

確実な形で皮脂を除去するのであれば以前より紹介しておりますシャンプーブラシの方が確かに良いと思いますが現在シャンプーブラシを利用している方でも毎日の手で行っているシャンプーの時にこちらをご使用いただくことはいいと思います。またシャンプーブラシをお持ちでなく、取り合えず日々のシャンプーをしっかりとしたいとお考えの方にはお勧めの商品です。

値段も1890円ととてもお値打ちです。

月別アーカイブ

■2011年 ■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年 ■2006年
髪の悩み.net