« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月 記事一覧


2007年03月01日

春に向けて

先日発表された育毛におけるレーザー光線を使ったケア法や髪だけではなく、全身の血行を促進するための高濃度酸素の利用(髪の知識に掲載)など今まではとは全く違った観点から髪のケアを考えていく必要があると思います。

さらに一週間ほど前、東京の大学の研究室が自分の細胞を培養して歯や髪を再生する実験に成功し10年以内には人間にも転用が可能との報告をしている。摂取しているのは自分の細胞の為、拒絶反応もなくさらに現存する毛根に培養した細胞を埋め込むことで自発的な再生になるといわれています。歯に関しては神経まで再生されるといわれております。

大変多くの方の悩みを聞き絶望の淵に立っているような精神状態で自らを追い込んでしまっている方たちが沢山います。ですが再生治療や生活改善薬などが現在の医学や科学ではもっとも研究が進んでいます。

レーザー治療などは10年以上前からアメリカで開発されていて承認されるまでに長い時間がかかったと思います。このような確証があれば使用に対して前向きになる方たちが増えると思います。ですが当然今回のレーザーや今後発表される細胞の再生にしても利用するための土台(頭皮や毛根)が整っていなければ本来の効果が期待できないと思います。

日頃から皆さんが髪に悩み、様々なサイトや情報に翻弄されてしまっていると思います。今後とも科学的実証を得る可能性の高い新育毛術などはいち早くご紹介できるよう努力する所存ではありますが皆さんもご自分で行えるケアなどが疎かにならないようにがんばってください。

2007年03月02日

髪や頭皮の治療用シャンプー&トリートメント発売

今回クレンジングローションでも紹介しているサニープレイスから濃密マスクシャンプー&トリートメントが発売されました。

業界発の3つのポイントや新成分に加え新処方の商品が出てきました。特徴としては従来15分程度かかっていた補修成分が30秒で済み、アイロンやコテをお使いの方などには200度までの耐熱効果があり保水力が10倍です。さらに紫外線などから受けるダメージの進行を抑えてくれます。

このシャンプーに含まれる新成分であるペリセア(旭化成開発の新成分)というアミノ酸の一種が従来のセラミドなどの成分よりも優れた浸透性を発揮しており、さらに熱にとても強い特性と髪のダメージ補修が可能となりました。

さらにアスタキサンチンという生物の赤い色素の元となる成分(シャケの身、カニ、エビなど)はとても優れた効酸化作用があり、肌あれや老化の防止に大変効果があると注目されている成分でアトピーやアレルギーをお持ちの方にはお勧めです。

今回の濃密マスク&シャンプーは髪のダメージでお悩みだったり頭皮などのかゆみや炎症を抑えてくれるのがポイントです。

ペリセアを配合したシャンプーは現在この1社の商品のみで今後、化粧品などにも幅広く利用されていくことでしょう。

次回はアスタキサンチンが配合された炭シャンプーをご紹介したいと思います。

2007年03月07日

新シャンプー(前編)

前回紹介した新しく取り扱い予定のシャンプー。詳しい成分表などがまだ手元に届かないので概要をお話いたします。

今回の商品は頭皮ケア用で良く使われる炭シャンプーになります。以前にも同様の商品を出しておりそちらのリニューアル版になります。こちらのシャンプーにも前回同様アスキタサンチンという効酸化成分が含まれており、皮脂などから受ける悪影響を緩和し当然除去する効果もあります。

洗い心地はシャンプーというよりも歯磨きで頭を洗っているような感じで適度な爽快感があります。さらにこの商品はシャンプー単体での使用が可能となります。

アレグの使用感が少し物足りないと感じている方には良い商品だと思います。

具体的有効性に関しては次回お伝えいたしますがアスキタサンチンの効酸化作用は今後女性用の基礎化粧品に老化を防ぐものとして大変注目をされています。

肌も鉄などと同じで細胞が錆びるといわれています。最近良く耳にする肌年齢は当然頭皮にも存在し、生活環境や衛生面などにおいて頭皮の肌年齢が実年齢よりも高いと当然髪の生え変わるサイクルが短くなったり髪の再生化が鈍るとされています。

シャンプーを近日中に変えたいとお考えの方たちには今年の暖冬によって普段よりも皮脂分泌などが春に向けて増えると思いますので良い機会だと思います。

2007年03月08日

育毛最新事情????

昨日皆さんに更なる抜け毛のメカニズムなどをご紹介できるように医学書を専門に取り扱う書店にいっても驚きました。

多くの皆さんが最終的には医師の皮膚に対する知識と力(フィナステリド)などに期待している部分があると思います。僕たち美容師や育毛サロンなどがお客様に行える行為には限界があり、なんらかの特殊な検査によって悩みを抱える方の現在の状態を知るには医師でしたか認められていない行為があります。

皮膚科の意思が抜け毛や育毛のメカニズムを知る上で用意されている参考書を見てみましたが内容に驚きすら覚えました。美容師や理容師は国家資格であり、髪を切ったり薬品の成分などを学ぶとともに人に触れるために保険衛生学から皮膚科学など、美容師を業とするにあたって必要な人体に対する知識を学びます。その内容は医師が手に取る16000円や9000円の値段もする内容とほとんど変わらず人体に必要な専門用語を除けばはっきり言ってしまえば一年目の美容学校に通う学生が手にする教材と医師が抜け毛などの因果関係を知る上で得る知識とさほど違いがないということです。

当然円形脱毛症や薬害などによっての抜け毛など、取り上げる分野は広いのは事実ですがどちらかと言えば症例を紹介しているだけで具体的な解決策が書かれていないことに驚愕しました。

皮膚に対する知識は当然皮膚科の医師のほうが持ちえていることでしょう。所がその本を読んでいて感じるのは皮膚が及ぼすトラブルに対処する薬などは紹介されていても髪を生やすために必要な対象法や有効成分などの記載が一切なかったという点です。さらにその参考書が発刊されたのはすでに5年がたっているので現在フィナステリドを取り扱っている医師たちが知りえる知識はそれほど前の情報である可能性がとても高いです。

先日紹介したレーザー治療などは今後大手育毛サロンや皮膚科でもなんらかの形で話題になり使用を薦められることもあるでしょう。正直ミノキシジルもフィナステリドも開発され10年以上たつ成分が日本において承認されるのにあまりにも長い時間がかかってしまっているのに加え薬剤メーカーから与えられる成分に対する知識はあくまでも有効性だけであり、正しい使用方法や本当に効果を期待できる利用方法を客観的に知る方法を現在、日本の医師は持っていないのが現状です。

その証拠に現在フィナステリドを処方してもらっている方たちの中で育毛剤の併用を必ずするようにと薦められた方は何人いますか?この薬を服用するに当たってのリスクの説明をちゃんとしてもらっていますか。ちなみにフィナステリドは女性の服用は認められておらずその理由などの説明は男性の方の場合当然ないと思います。さらに結婚をして子供を作る予定のある方がこの薬を服用してる最中に妊娠したお子さんが得るリスク(数パーセント)の説明をされた上で飲んでいますか?

このようなことが実際、開発国であるアメリカでわかったのはミノキシジルやフィナステリドが承認され、一般の方たちが利用するようになってから5年後にFDA(アメリカの厚生労働省)やメーカーが処方する医師に対してアドバイスや注意をしたのが現状です。

もしかしたら現在ミノキシジルとフィナステリドを使用されている方たちはそのような説明を受けていない10年前の方法でご利用されている可能性があります。今回承認されたレーザー治療。本来の友好的な使用方法やもっとも効果的な使い方。さらにレーザーがどのようにして髪の再生に効果をあげるのかの説明を皮膚科の先生に聞いてみてください。それに新発毛関連技術として紹介をされるとまるでレーザー単体で回復をするように感じる方もあると思いますがレーザーを単体利用して2年以上たっている方の現在の状態がどのようになっているのか皮膚科の先生に聞いてみてください。

正直その答えを持ちえる人はほとんどいないと思いますし実際にレーザー治療をされている方のケーススタディーを5年にわたってみている医師や育毛サロンは全くないと思います。

五年前の育毛に関係する参考書を手にしている皮膚科の医師や契約金として100万以上の施術料を請求する育毛サロン。

最新の知識や手法と宣伝している方たちのアビリティー(知識や技術)を受ける立場である皆さんが自分自身で確認してみてください。

2007年03月09日

どう思いますか?

4月9日開催の某育毛サロンの発毛コンクール。莫大な宣伝広告費や有名芸能人を使ってのCM。体験コースに行くと過去のコンクールのビデオから有名女性芸能人のファンクラブの入会申し込みまで渡されるようだ。

生活改善を前面に打ち出し親身に相談にのってくれるようなイメージをアピール。回復した人たちをまるで神のように称え順位をつけ新たな広告塔として使う。経験談などによって勇気を与えてもらうのは良いことだと思う。このサイトでも数人のお客様に今後お願いして回復した実例などを書いていただくようにしたいと思っていますが本当にコンクールという形のものが必要なのでしょうか?

以前にも紹介した(育毛物語)という著書。この中には様々な育毛サロンへの体験記が紹介されていて同様の書き込みが2ちゃんねるなどにも紹介されているが一年150万円近い金額を払いケアをしてもらっているとき回復度合いに満足ができずカウンセラーに相談すると服用タイプのミノキやフィナステリドの説明を受けるようだ。ところが育毛サロンはけして勧めるのではなくその存在や近隣内科や皮膚科などが処方をしてくれるようだとの話をする。

そこに出向き、処方をしてもらうかどうかはお客様次第。服用することによってのリスクや副作用などの説明は一切ない。

当然改善度合いに不服の方は服用を始める人もいる。数ヶ月後、頭皮をチェックして新たな髪の芽がではじめるのを確認。本人もこれで薬を飲むのをやめても大丈夫だろうと判断をして使用を中止。当然生え始めた髪が抜けてしまう。育毛サロンに対しての不信感から返金やクーリングオフを求めると先方は一度でも発毛したのだからクーリングオフや返金には応じられないと答えてくる。

嘘のような話が現実におきている。最初からすべての会話を録音していたとしても法律上問題や自分の会社が不利な立場にならないように従業員への法律的な説明やセールストークなどの社内教育は徹底されている。

ちなみに2003年、東京都の消費者センターが受けた相談を元に注意勧告を受けた育毛サロンは名の知られた会社すべてだったそうだ。

詳しい内容は下記をご覧ください。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2003/06/20d62200.htm

2007年03月13日

ストレスと血行

先日2週間ほど指の際を拡大して血行の良し悪しを見ることができる特殊な顕微鏡を使い様々なパターンで実験を試みました。

最近では動物性たんぱく質の過剰摂取から高脂血症が問題になっていたり喫煙やストレスなどから血液のめぐりが悪くなっているという報告がされています。このような状態を打開するために近年予防医療という分野が飛躍的に進んでいるのが現状です。

これは当然髪や頭皮などにも関係していています。育毛剤や低周波などの従来から髪のケアには欠かせないものや最近話題のレーザー治療なども含めケアの方法が頭皮を重点的に行われるのですがこと全身の血行を改善するという意味ではその努力を怠っているのが現状だと思います。

そこで皆さんに一つ質問です。髪を作るには血液は不可欠です。髪は血液中のたんぱく質が細胞分裂を繰り返し髪になります。それにもかかわらず血行促進を行う努力を皆さん頭皮だけに限定して行っていませんか?

二週間の間、前日の睡眠不足や過剰な飲酒、それにストレス下に置かれたときと十分な睡眠や休養を取れたときとの差を比較。さらに血行が悪くなっていたときに高濃度酸素や適度な運動後の血管内の赤血球の動きなどを比較したところとても大きな差が存在しました。

すべてをお話をすると長くなりますが喫煙や体の疲労(体力的や精神的)は確かに血液中の一酸化炭素が増える影響もあるのか極端に血の巡りが悪くなります。さらにもっとわかりやすい例として学生さんで受験前と終了後では短期間にもかかわらす大変大きな変化が確認できることがわかりました。睡眠時間などが通常のようにとれるようになったのもそうでしょうが様々な要因が送っている生活環境によって体に影響を及ぼすようです。

髪に悩み、冷静な生活を送られなくなっているのも受験を抱えている時おなじようなことが体内では起こっており、それを育毛剤やマッサージが改善してくれるかといえば難しいと思います。

ここで重要なのは皆さんが髪を良くするために日々努力されていることが頭皮だけを中心に行われているケアになっていないかということです。

考えてみてください。血液は体内を循環して全身にいきわたるものです。当然育毛剤などの使用やマッサージなどは有効なケアでありますが局部的な対処で頭皮以外の部分での血液が正常に流れていると断言できますか?

先にお話をした予防治療。これには日々の生活習慣などの改善によって血行のように日頃から自分の生活習慣などによって注意できる点は自らが注意をするということです。ストレスや乱れた生活習慣が髪ばかりではなく他の部分に大きな影響を与えることになります。

今回の実験に使用した血流を見るための顕微鏡や類似した方法によって血管年齢を測定する機械など、実際の血液を採取せずとも自分が置かれた現状を数値や肉眼で示してくれるものがあります。

最近話題の某ゲーム機器メーカーなどが発売した大変大きなブームとなった脳年齢を調べるゲームがあります。人間の本能として実年齢以上の結果が出てしまえば当然脳が若返るように毎日ゲームをプレーして改善をしたくなるのが人間の心理です。どのような裏つけがあるのかわからないにもかかわらず数値によって示されたり画面で確認した情報に対しては人間は素直に受け入れることでしょう。

ですが血液内の赤血球の動きや血行の良し悪しを示してくれる環境は皆さんの周りにありますか?自分の目で確認したり体に異常をきたすまでほっておくのが本当に正しいことでしょうか?

6年前から輸入を開始し1年前にその有効性をブログで紹介していたレーザー機器は大半の方たちが関心を示されませんでした。その背景には機械自体の値段の高さ、有効性に対する疑問をお持ちだったからだと思います。髪の知識で紹介をしたような高濃度酸素のように比較的環境が整備されているものでも他で紹介をされていないから疑いを持つ方がいると思います。

このサイトを始める前からも紹介をしていたレーザー治療。今の自分の状態を考えてもし現在のように承認される数年前から使用をしているのと今回と報道を見て購入を考えている方。その数年のタイムロスで実際どれだけ髪の悪化が進行したのでしょうか?今回お話をしている日々の生活習慣や高濃度酸素をつかった老化予防。疑いを感じずに素直にはじめるために後何年現状を放置するつもりですか?

自分の目でなんらかの数値や結果を確認できないと人は疑いを持つのは当然だと思います。ゲームが示す脳年齢のほうが本当に信憑性があるとお考えですか?

けして過剰なケアをするようにおすすめしているわけではありません。髪のことが気になるとどうしても体の局部的な部分にしか目がいかず根本的な解決をはかっていないのに自分が行っているケアや使用する商品に対し不信感をもってしまうことでしょう。

最後に質問をさせてください。本当に皆さんは他人に誇れ、医者を脅かすほど体内全部の血行が良いと断言できますか?

2007年03月17日

頭皮のニキビ

最近頭皮にニキビのような出来物があることで悩んでいる方が増えているようです。このような炎症を引き起こす原因は様々ですが一番考えられるのは脂漏性皮膚炎が化膿しているような状態です。きっかけはかゆみから頭をかいて傷ができてしまいそこに皮脂や汗などが付着して雑菌などが繁殖して起こることが多いようです。さらに髪がある為ホコリなども付着しているのとシャンプーなどでしっかりと地肌が洗えなかったり通気性なども悪いので中々治らないケースがあります。

このような場合、皮膚科を受診して薬をもらう方などが多いようですが治らないケースが多いようで長年に渡り症状が改善しないことが多いです。これは炎症剤のようなクリームを塗るのですが基本的にこれだけでは治りません。

局部的な対処ではその時の頭皮の状態を改善することは無理です。それに炎症を抑えるだけではなくその時の頭皮の状態に適したシャンプーやローションなどが必要です。

多くの場合皮脂を除去してくれるようなシャンプーや皮脂を浮かび上がらせるクレンジングローションなどを用いりますが出来物が出血している場合は化膿度合いが酷い場合、刺激が強すぎるものは返って逆効果になる可能性があります。

当然皮脂を除去することは不可欠です。ですがバランスを考えながら行わないと改善は見込めません。ですが正しい形で対処をすればすぐに改善しますし多くの場合それによって抜け毛なども収まると思います。ちょっとした異常を感じたらなるべく早期に対処をすることをおすすめします。

2007年03月20日

髪の治療用シャンプー&トリートメント発売 2

以前紹介させていただいた新商品の中で髪のダメージに対して高い回復力を持つ濃密マスクシャンプー&マスクトリートメント。

通常自宅でも数分の放置タイムが必要なトリートメント。サロンなどで利用する本格的な商品の場合は15分近く置くこともあります。ところが今回業界で初めてシャンプーに配合されたペリセア(旭化成)は補修速度が30秒となりアイロンやコテを使って受けるダメージに対しても200度の耐熱効果があり保水力は10倍。紫外線防止作用のアスタキサンチンも成分と利用されているのでクセ毛からくるまとまりの悪さ。ダメージやこれからの季節カラー毛などが心配しなくてはいけない紫外線などに大きな効果が期待できます。

旭化成の実験データによると毛髪破断強度では健康毛を100%とした場合ダメージ毛が80%だとしてペリセア0.1%配合することによって強度が95%まで回復するそうです。さらにダメージ毛の髪の太さの相対断面積がダメージ毛が90%、健康毛が100%、ペリセア0.1%に1分間浸漬することによって97%まで回復したようです。ダメージ毛の特徴である手触りの悪さも健康毛並に回復するようです。

今回の新成分であるペリセアは先に紹介したようにシャンプーなどの頭髪用の製品に配合されたのが業界では初めてで他の製品とは比較しにくい部分がありますがダメージ毛やクセのまとまりの悪さなどにお悩みの方には最適な商品だと思います。

ただこの商品は皮脂などの分解成分などは入っていませんのでシャンプーを従来のものをお使いいただきトリートメントをこちらにするのも良いかと思います。

2007年03月21日

電話相談 (試験的)

BBSと重複しますが電話での相談を行ってみようと考えております。当然現場での仕事があるので事前にメールなどで年齢、職業、お使いのシャンプーやケア商品、悩みの内容などを送っていただくのとサイト内の髪の知識の部分で参考になるものを先に読んでおいていただいた上で直接お電話で相談やアドバイスができればと考えております。

当然直接お会いしているわけではないので限られた情報になってしまいますが今後のサイトの運営などにも役立つと思いますしこれから生活環境や気温の変化などを考えるとぜひに試してみたいと思います。一日どれだけ対応できるかわかりませんがメールをいただく際に時間を決めたりお電話いただきたい時にこちらから携帯のメールなどで空いているお時間などをお知らせします。

直接お話をできればメールやサイトのやり取りだけではわからないことなどもあると思います。今後どこまで続けれるかわかりませんがご相談などがありましたらぜひ一度、メールをください。 yokoi@kaminonayami.net

その際にお伝えいただきたい情報。

氏名、年齢、職業、悩みの内容、自覚症状、現在使用されているシャンプーなどの商品等について。

2007年03月29日

ライオンの新研究

今月の28日に富山県で日本薬学会においてライオンが抜け毛に対する新しい発表をするようです。

今回のテーマをわかりやすくお話をするとNT-4というたんぱく質が与える影響によって髪はある特定のサイクルで髪が抜ける要因を引き起こすのが男性ホルモンなどの影響によって毛乳頭内の細胞が自然死してしまうことを特定しました。

その対処法として沖縄もずくに含まれる成分がこのような細胞の自然死を防いでくれるようで今後育毛剤としての開発を進めていくようです。

このようにまだ商品化されていない研究などを様々な会社が行っているいます。

今回のように新たな発見が発表される事によって、他の研究機関もその成分に着目しさらに商品化が進んだりより優れた効果を期待できる成分などが開発されます。

多くの方の相談にのっていて感じるのですがやはり現状のケアで十分の回復が得られなかったり突然抜け毛などが増えることで不安になると思います。ですが先日アメリカで認可されたレーザー治療など新たな育毛に対するケアもこれから増えてくると思います。

今後ともいち早く皆さんに情報などをご紹介したいと思いますが悩み過ぎによって受けるストレスなどの影響はご自身でコントロールいただくしかありません。

不安などがあればどんどんBBSに書き込んでいただいてもかまいませんので一人で思いつめないようにしてください。

2007年03月30日

ヒアロモイスト シャンプー&トリートメント

以前から取り扱っておりました。ヒアロマックス(洗い流さないトリートメント)から新たにヒアロモイストシャンプー&トリートメントが発売されました。

女性の基礎化粧品などに含まれるヒアルロン酸。一番の特徴はその高い保湿性です。特に加齢による肌の乾燥を防ぐ目的で配合されています。その効果に着目しヒアルロン酸を髪に塗布した所、髪の乾燥を防ぐばかりか弱った髪にハリとコシが一瞬にして戻る事がわかりました。それまでの美容業界の概念としては保湿性のあるものを髪に塗布するとボリュームが収まると考えられていましたが全く逆の結果が現れました。

これは髪の内部に水分を保存しておく隙間がダメージや加齢に伴い水分を内部に保持することができなくなって外に流失してしまいます。それによって髪内部に隙間ができてしまいハリやコシがなくなってしまいます。簡単に考えていただくとすれば健康な髪の中には水分で満たされた水風船がいっぱいあるのがダメージや加齢によって水がなくなってしまい風船が萎んでしまっているような状態が起こっているわけです。

そこで今回発売されたヒアロモイストやヒアロマックスを使用することで髪の中の水風船が再度水分で満たされる事で潰れていた風船がまた膨らみ、結果ハリやコシが戻ります。

さらに加水分解コンキリオンというポリペプチドとアミノ酸に保湿効果があり肌や毛髪にうるおいやツヤを与えます。

弱酸性タイプの商品ですのでカラー毛などにも最適です。皮脂などを分解する効果などはありませんが細毛や髪のボリュームなどが気になる方にはお勧めの一品です。シャンプーとトリートメントに加え、従来から発売されているヒアロマックスを併用いただくとさらに効果的です。

月別アーカイブ

■2011年 ■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年 ■2006年
髪の悩み.net