« 2006年05月 | メイン | 2006年08月 »

2006年06月 記事一覧


2006年06月08日

質問や返信について

ブログが中々アップできなくて大変申し訳ありません。質問などが大変多く寄せられていてその対処で時間がとられているのと新サービスなどを現在考案中でその準備などにも追われています。僕のサイトのBBSに質問をいただければなるべくチェックはしておりますので返答も早いと思います。

それに過去のブログや髪の知識などもかいていますのでそちらを参考にしてください。

実験1ヶ月(パート1)

実はこの一ヶ月ほど自分自身でザンドとルートプラス1。それにイオン導入をつかった実験を行っていてその経過報告をしたいと思います。

僕たちのような美容師は食生活や生活環境など比較的乱れがちで睡眠時間も5,6時間と普通から考えればあまり健康な生活を送っていません。さらに30代半ばであり老化などの現象が起きていてもおかしくない年頃です。実際最近髪をカラーしているわけではないのですが少し色素の生成が低下したのか少し髪が明るくなった感じが自分自身していました。当然シャンプーやクレンジングローション、それにシャンプーブラシなどは常時使用していましたが年齢的な部分で髪が少し弱っていたと思います。

常に新しい商品(ケア、カラー、パーマ、関連機器)を実験するためにあえて頭皮の環境を悪くしたりダメージなどに対する新製品の有効性などを試したりもしてきました。よく皆さんが育毛剤を突然やめたり商品を変えるとトラブルが起こるのではないかと心配されているのでそのような実験も自ら体験しその結果からアドバイスなどをさせていただいております。

元々僕は髪が細くネコ毛ぽい髪質でありクセもあります。このように皆さんが日頃心配されるような髪の性質をすべて持っているかもしれません。そこで今回は最近良く紹介しているルートプラス1の有効性とその後高濃度ミノキを併用した側としない側に分けて実験を試みてみました。当然結果を早く知りたいのでイオン導入器は使用していますが基本的には店で行うような専門的なケアは一切行わず皆さんが自宅で出来るのと同じ環境で実験をはじめました。

パート2では実験一ヶ月目について詳しく書きたいと思います。毎日僕自身が自分の頭皮や改善度合いなどをチェックした上での結果であり今後とも一定の期間でその実験結果については報告したいと思います。

2006年06月10日

実験1ヶ月(パート2)

先日お話した実験の詳細です。やはり前頭部などが若くから後退しやすかったり髪として弱る可能性が高い箇所です。さらに頭頂部などに比べると回復にはそれなりの手間がかかるとされています。その為アメリカでは15%のミノキシジルなどを用いることが多くそれを使用しても回復度合いには当然個人差があります。

これには顔などから分泌される皮脂や血管からかなりの距離がありどうしても血流の量なども少なくなってしまうからだと考えられておりますが今回はルートプラス1を単体で使用した側とルートプラス1に加え15%のミノキシジルをもう片方では使用しています。さらに結果や浸透性を的確にするために双方の側でイオン導入器は使用しております。三資堂では最初からルートプラス1を利用するに当たっては従来の血行促進目的の育毛剤の併用を推奨していますが実際ルートプラス1単体での発毛の報告も全国であがっているようでその差を知るために僕自身でこの一ヶ月ためしてみました。

1週間。高濃度ミノキが間に合わなかったので他の日本製の育毛剤を使用しました。実際カメラで確認しても変化を感じることはできませんでした。

2週間目。若干ではありますが双方の側で色素がほとんどのない白髪のような新芽が発芽したような状態になりました。ですがこの段階ではカメラでも確認するが容易ではないほどの長さです。

3週間目。高濃度ミノキを使用した側の白髪のようだった髪にだんだん色素がつきさらに先にお話した現存する髪においても色素を取り戻しつつあるのが確認できるようになりました。ミノキを利用してない側はやはり新芽の伸びも若干遅くさらに色素のつき方も鈍いように感じました。

4週間目。やはり発芽する新芽の本数などは左右で異なるようです。ミノキを利用している側はやはり新しい髪が伸びるのも早いようでそれに比べるとルートプラス1だけを利用している側は新芽となる髪もいくらかは伸びていますがその髪の太さなどにおいても大きな開きが出ているようです。

5週間目。こうなるとやはりルートプラス1だけを塗っている側にもミノキを利用したくなる気持ちを抑えましたがやはり違いは大きいようです。ですがルートプラス1単体の側でも以前に比べると新芽がふえているのは確認できます。

ここまでが現在の実験結果です。まだほとんどの髪は肉眼でけして確認できるほどの長さにはいたっていません。ですがカメラで確認をすると確かに新しい髪が生えだしているのは見てとれます。さらに僕自身も生え変わりのサイクルにあり普段に比べると脱毛の本数も多いとは思います。さらに今年は皆さんを見ていても平均的に抜ける本数が多い傾向にはあるようです。

ですがやはりケアをしている分新しく生え出てくる髪にもかなりの期待を持てるような感じがしていますしやはりこの1ヶ月で伸びた髪の色だけをみても以前の茶色い感じとは全く異なります。

今後とも定期的に報告や感想を書いていきたいと思います。

注意(今回の実験内容には当然個人差があると思います。同様の商品などを利用いただいても全く同じペースでの回復を期待できない場合もございます。反対に年齢的にわかければより早い回復や伸びを見せることも可能性としてはございますが必ず誰にでも適したケア方法ではないのでご理解いただけるようお願いいたします)

続きを読む "実験1ヶ月(パート2)" »

月別アーカイブ

■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年 ■2006年
髪の悩み.net