« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月 記事一覧


2006年04月02日

生活習慣

4月になりました。これから皆さんも様々な環境の変化が訪れることだろうと思います。一人暮らしを始める方や大学や就職などと全く生活環境が一新することでしょう。

その中で今までの生活のリズムがあらゆる面で変わってくると思います。睡眠時間、食事、ストレスなど今までとは異なった面が出てくると思います。就職などをされれば睡眠時間が減ったりも当然すると思います。学生さんになれば生活が突然昼と夜が逆転する方もあると思います。それに環境に慣れるまではやはりそれなりにストレスなどを感じる可能性もあるでしょう。

ここでお話をしたいのは生活習慣などが変わることによって確かに今まで感じなかった疲れや不安などは誰にでも存在します。一時的に身体に不調を覚えたりする方も当然あると思います。環境の変化に順応できるようになるには当然個人差もありますがそれなりに時間はかかるものです。それに髪に不安をもっていたりすれば悪影響が出るのではないかという心配は当然される方もあると思います。

実際多少の髪質などの変化などを感じる可能性はありますが人間の身体というのはそこまで柔に出来ていません。環境の変化と共に身体はその生活のバイオリズムに順応していきます。これは髪にも言えることですから少しの生活環境が変わったからといって突然脱毛の本数が増えるなどということはありませんから心配はしないでください。

だからといって暴飲暴食(ジャンクフードやコンビニ)に時間的制限や一人暮らしによっての食事などの乱れ。不規則な睡眠などを繰り返しそれに慣れてしまい継続的に続けていけば当然問題を引き起こす可能性はありますから注意は必要です。

これから始まる新しい人生を満喫していただけることを心から祈っております。

プラセンタの有効性

男性にはあまり馴染みがないプラセンタという成分があります。数年前女性の基礎化粧などで大変話題になり服用タイプ、注射、塗布などの方法で人間が取り入れることが可能です。

元々は老化した皮膚などの再生化や活性効果が注目されて幅広く広がったのですが数年前海外などのBSE問題などで輸入が禁止になったり安全性などの問題点が指摘されましたが現在では様々な形でプラセンタは現在利用されています。

その後利用者が増える中、育毛などにも効果があるとに多数の報告がされています。

プラセンタは胎児が子宮で育つ際に必要な栄養素を送る胎盤の中に存在し様々な臓器などが形成されていない胎児が育つためにはとても重要なものです。アミノ酸やミネラルなどが大変豊富でこの胎盤がなければ胎児は成長することは不可能です。

そのプラセンタを摂取することにより人間は皮膚や身体の老化を止めるばかりか様々な面において若返りを図ることが可能になりのですがその効果の一つに育毛にも有効とされています。頭皮の血行を促進、皮膚の若返り、老廃物の排出を円滑に行うなどの効果があるといわれています。

事実髪や爪の伸びなども速くなるといわれホルモンバランスの乱れなども正す効果があり30代を超えてホルモンバランスなどの影響から来る脱毛などにも効果が期待できるようです。さらに女性などのホルモンの乱れなどに有効とされています。

さらに一部ではストレス性の脱毛にも効果があると発表している症例もあります。

やはり育毛のケアというのは先日のルートプラス1でも同じですが生まれたばかりの胎児はこれから育つという成長過程において有効な成分などが髪や頭皮ばかりではなく身体全体のトラブルなどを治してくれる効果があります。10代などの方はそれほど心配される必要はないかもしれませんが20代も中盤を過ぎれば成長のピークを過ぎ老化し始める時期ではあると思います。シャンプーや育毛剤ばかりではなくこのようなケアをしていくのも一つの有効手段だと思います。

今後詳しく調べてみるつもりです。

2006年04月18日

サイト開設

この度多くの方のご協力の下にサイトを開設できることができました。 僕が考える今までになかった髪の悩みを相談できるサイトにご賛同いただいた方たちのお陰だとおもっております。何分PCにおける知識が全くなく回りの方たちにご迷惑ばかりおかけしていることがとても心苦しく感じております。

ただ今までの髪の相談などをするサイトは商品説明や営業目的勧誘などが支流で具体的解決策を期待できないのが実情だったと思います。僕はこの三年間インターネットを通じ皆さんの相談にのってきました。匿名性も高く自分が素直に感じた悩みや不安を語り合える場としてインターネットは周りには打ち明けることができない悩みを語ることができたのだと思います。

所が同時にこれだけ多くの方が不安を抱えてながら日々の生活を送っておられることに対して危惧する部分もあります。日本全国から名古屋まで多くの相談者の方たちにご来店いただきました。皆さん一応に不安を隠せない面持ちでこられます。ところが共通して言えるのは大半の方が見た目には全く心配のない髪の本数や状態にも関わらず一時的な脱毛などによって自分が薄いと錯覚されているのだと思います。今回このサイトを開設するためにご賛同いただいた方たちにはその部分を一番強調してお話をさせていただきました。

この人たちを助けたい。余計な心配を取り除いてあげたい。インターネットの可能性がどれほどの物か僕にはその知識はないけどきっと役立つ方法があるのではないか?そのためにご協力ください。そう話してみました。

インターネットとはいえ、悩みを人に打ち明けるのはとても勇気が必要なことだと思います。少なくともインターネット上では自らの氏名などを名乗る必要はありません。だからこそ素直に自分の感じていることを話せるのだと思います。ただ類似するサイトなどで良く思うのが不安を抱えた方たち同士がお互いに共通した症状などを書き込みなどで見ると絶望感をもってしまったり他人の言葉でさらに不安が募ってしまう傾向にあることです。

脱毛、髪のダメージなどには人間が100人いれば100通りの理由があります。それを自分と似た症状をお持ちの方の書き込みに過剰反応してしまっている人がとても多いのだと思います。ですがこれが一番の間違いだと断言させていただきたいと思います。

自らの症状や現状を的確に理解していないのにも関わらず思い込みから自分は髪が悪くなっている。そう決め付けてしまうのが一番良くありません。実際医学界には癌かもしれない症候群という言葉があるそうです。自分が体調が悪く病院にもいっていないのにネットなどの様々な過剰情報から自分が癌だと思い込んでしまう。病院にいって医師の診断を受けてももしかしたら自分には内緒にしているのではないか?ネット上に書かれている自分の症状がすべて癌患者の方たちと類似している。だから僕は私は癌かもしれない?

けして皆さんを非難しているわけではありません。ただ僕が今まで診断させていただいた大半の方たちが自分はこれから髪がどんどん薄くなってしまうと何年にもわたって苦しんだ方たちが僕と過ごすほんの数時間でその悩みから開放されてお帰りになられるからです。そのような苦しみからなんとか開放できる方法はないかとこの3年間ずっと考えてきました。

まだこのサイトに書かれている内容には修正も必要ですし今後も様々な情報を載せていきたいと思っております。もしかしたら他のサイトでは僕とは全く違う形で脱毛や髪のダメージのことを書かれる方もあると思います。何度かのメールのやり取りをし、症状などを伺った上でお勧めするシャンプーを紹介するとありがとうございましたと連絡をいただくのですが数ヶ月すると効果がないとのメールをいただくことも当然ありました。それは他のサイトのお勧め商品などを目にして自分にも効果があるのではないかと思い込み購入し試すのですが実際にシャンプーを変えたから脱毛が止まるとはあまりにも安易な考えだと思います。

先にお話をしたように100人いれば100通りの脱毛の原因があります。事実余計な心配から自らを追い込みストレスなどが脱毛の原因になっておられる方もいます。ですが短絡的に人が効果があった商品が類似した症状を訴える他の方の書き込みを読んで自分にも効くと考えるのは大きな間違いです。

その部分を今後このサイトにおいてはじめる新サービスで改善したいと思っておりますし正しい知識を文書だけではなく画像や動画などのわかりやすい形でご紹介できればと考えております。まだ完成している形ではありませんが今後ともよろしくお願いいたします。

僕と直接お会いした方やお送りした商品などで少しでも気持ちが楽になったり改善をされたと感じていただいた方たちはぜひとも僕のためではなく皆さんと同じ苦しみを経験している人たちのために書き込みなどをして上げてください。ご意見は様々な物を承ると思います。ですが同じ思いを経験されている皆さんの言葉だからこそこれからこのサイトを必要とする方たちの励みになるのだと思います。

僕の拙い文書をご拝読いただきありがとうございました。ここでこのサイトの開設に大変のご助力をいただきました奥村様、辻様、小滝様、3FILMSのスタッフの皆様に心よりお礼を申し上げます。

ありがとうごさいました

平成18年4月18日\\

横井壮州

2006年04月25日

ルートプラス1 パート1

ルートプラス1のご説明を希望されるコメントがありましたのでご紹介します。実際販売から3ヶ月。僕の店だけではなくかなり多くの回復例などがメーカーや材料店に様々な美容院や理容店から寄せられているようで今僕がもっとも注目している商品です。

ルートプラス1は今まで発売されている育毛剤とは全く異なります。従来の商品は血行を促進する成分などが主になります。これは髪が血液中のたんぱく質から作られていて年齢や生活習慣など様々な要因で血行が悪くなると髪の生成が低下します。それによって髪が細くなったり、抜け落ちる原因もなりマッサージなどの必要性があるのもそのためです。

そのために育毛剤などで血行を促進させ髪に十分な栄養がいきわたるようにするのが今までの育毛剤でした。ところがルートプラス1は全く違う観点から髪を回復させる方法をとっています。

例えとして花を育てる過程をイメージしてください。花を育てるのにはまず種が必要です。また弱っている花を回復させるためには水や肥料を与える必要があります。当然土の状態なども良くなくてはなりません。

もし髪が花だとしたら土(頭皮)の状態を安定させる必要があります。この土俵によって花の育ち具合は変わってきます。さらに花を育てるためには水や肥料が必要です。これを育毛剤と考えてください。

弱ってしまった花を水や肥料を与え回復させることは重要です。ですがそれとは別に新たに花を咲かせるためには種が必要です。どれだけ水や肥料を与えても種がなくては花は育ちません。

これが今までの育毛剤の考え方なのです。弱っていて肉眼で確認できなくても多くの方が育たなくなってしまった髪が沢山残っているケースがあります。さらに毛根内部でカメラを使用しても確認できないような髪の芽がある場合今までの育毛剤などは確かに有効です。

ところが髪の元となる種がなかった場合今までの育毛剤は果たして有効か?さらに髪の芽が残っている方であってもさらに種まきをすればより多くの髪が育つ。これがルートプラス1が行える新しいケアです。

考えてみてください。1本の花を大事に育てるのではなくより多くの種が植えられれば与える水や肥料(育毛剤)がその芽を育ててくれます。

今まで髪の芽を再生化させるケアや商品は存在しませんでした。ところがルートプラス1は皮膚の再生治療の研究過程で今まで存在が知られていなかったバルジ領域という部分が毛根内部に存在しそれを刺激することで死滅していた髪や皮膚を再生することが出来ると研究によって判明しました。そのバルジ領域を刺激できるのがルートプラス1です。

次回内容が難しくはなりますがこの続きを書きます。それと要望などありましたらドンドンコメントをください。

2006年04月27日

ルートプラス1 パート2

先日簡単にルートプラス1の役割についてお話しました。それとその前にルートプラス1の説明と重複する部分があるとおもいますがお許しください。

一番大切なのは今までと製品の発想や役割が全く違います。今までの育毛剤は残っていた髪の芽を必要な栄養を与えることによって育てるという物です。ところが場合によってはこのような髪の芽が既に存在しない場合があります。大体40代以降の方などはそのような状態になっているケースが多いと思います。さらに若いとはいえ使わないよりは使ったほうが良いのは当然です。

それとルートプラス1は髪の芽を再生化させるものでありその芽が育つか否かは従来の血行促進タイプの育毛剤の併用が不可欠。先日もお話しましたがルートプラス1を使用して回復を実感されているのは年齢的にかなりお歳を召している方や通常回復しにくいといわれる前頭部などの脱毛でお悩みの方たちです。

現在心臓移植や今年のはじめES細胞などの偽装記事などをよく目にしました。現在医学会が注目しているのはこのような細胞の培養や再生化によって病や年齢などでどうしても死滅していた細胞を回復させることです。

現在既に成功しているのは皮膚や歯を親知らずのたんぱく質を培養して本物の皮膚や歯を作っています。さらに今年初頭の韓国のES細胞がもし事実であったならばこれから数年の後に人間の体の臓器のすべてを作り出すことが出来るほどの研究だといわれていました。ところが虚偽だったということで今後再生治療の分野は数年立ち遅れると懸念されているほどです。

その中の一環として人間の皮膚を研究し今までその役割が解明されていなかったバルジ領域というものを毛根内部に発見した次第です。これを刺激することによって毛根の毛乳頭や皮膚も再生化されその主成分となるのが牛の初乳に含まれるミルクプロティンだと判明しました。

哺乳類が子供を生むと育てるために作られる初乳には免疫性の高いミルクプロティンが牛ばかりか人間にも含まれています。その中で牛の初乳に含まれるミルクプロティンは人間の十倍といわれています。これが先にお話したバルジ領域を刺激し今までの育毛剤では不可能であった毛根の再生を実現するきっかけになりました。

さらに具体的にお話をするとわかりにくくなると思うのでこれくらいにさせていただきます。

月別アーカイブ

■2010年 ■2009年 ■2008年 ■2007年 ■2006年
髪の悩み.net