« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月 記事一覧


2006年02月03日

発毛機器などの有効性

現在日本の医療機関であまり専門的な頭皮や毛髪に対するケアを行っているところはとても少ないと思います。一部存在する医院もフィナやミノキの処方で留まっていたり皮脂を除去するために掃除機のような機械を頭にかぶせて皮脂を吸い出すというすごい方法をとっている医院もあるようです。発毛サロンなどにおいては今でも低周波や空気で頭を圧迫させ血圧計と同じ原理で血行を促進する方法などもありますが海外などの医療機関では服用だけではなく積極的に外的刺激の方法をとっています。その二つがヨーロッパなどで使われている可視光線の方法です。太陽の光で紫外線などの有害光線を省いて可視光線と呼ばれる光を照射する方法です。ヨーロッパなどはオゾン層の破壊が進み世界的に皮膚ガンや肌のトラブルを抱える方たちがとても多く皮膚科における治療は日本に比べるとかなり進んでいます。さらにこの機械は肌の老化を回復させるのにもつかわれたりしていて総合的に肌を活性化させる効果があります。現在日本などで円形脱毛症など直接的に血行促進系の育毛剤などあまり効果を期待できないような症状には通常は塗り薬やステロイドなどをつかったり30年ほど前に考案されたドライアイス療法など考えられない治療を施す医院もまだ存在します。ですがヨーロッパなどではこのような可視光線などを導入して治療を行っており事実この機械は日本にもはいってきていますが医療機器としての輸入だと関税がかかりすぎるため美容機器として販売されています。実際矢田亜O子や松井秀Oなどがつかっているので有名で松井などは若い時にあったニキビ後がきれいになったのはこの機械のお陰といわれています。

あとアメリカやカナダでは低レベルのレーザーを用いた発毛器があります。本来は医療用になると大型の機械になるのですがレーザーによって滋養作用がある光を毛包へと送り、毛包を活性化させるだけでなく血液の循環も高めるそうです男女問わずに効果があるといわれ先程お話した可視光線と同様光はエネルギーとなり光合成と同様化学的エネルギーによって細胞も活性化させるといわれています。さらに細胞培養の研究でレーザー光線は軟組織へと浸透し血液のたんぱく質を髪に変える際に必要と言われるATP(アデノシン3リン酸ニナトリウム)と呼ばれる作用を高めこれはよく皆さんが心配されている男性ホルモンなどのレセプターによって効果が薄れるのですがレーザーの力でこれも回復するようです。これを家庭用としてサイズを小さくしたのがこの商品でアメリカの有名雑誌のタイム誌でも2000年の発明賞を受賞しました。現在ではアメリカとカナダでこの機械は日本の厚生労働省に当たるFDAなどでミノキやフィナ以外で発毛の効果があると認められたのはこの低レベルレーザーだけになります。実際皆さんが海外での治療法としてフィナや飲むミノキシジルなどが支流とお考えでしょうがそれよりも幅広く使われているのがこのような機械でそれでも効果が現れないケースの場合ミノタブなどが処方されます。実際1年ほどまえにニューズウィーク誌で行った実験で4人の脱毛に悩む方に一人はミノキ、一人はフィナ、一人はレーザー治療、一人はサプリという方法で日頃ケアをしてもらい初日、3ヶ月、半年、一年後とケア内容を発毛専門の医師には伝えずに診断してもらったのですがかなりの効果が現れて順調に回復していた発表しました。

あと日本で開発されている育毛関連機器としてはイオン導入器などがあります。現在女性のエステや家庭用エステ機器としてはとても有名で多くのメーカーにより発売されていますがこれの頭皮専用機器などもあります。女性は顔のシワや黒ずみ、美白など様々な用途に合わせて美容液などを用いるのですが実際皮膚が再生される真皮の部分までは人間の防衛本能の働きであるバリアゾーンと呼ばれる細菌などの体内への進入を防ぐ皮膚の層によって身体に悪影響を与えるような物質もそうですが有効と呼ばれるような成分の体内への侵入も妨げてしまいます。バリアゾーンはマイナスのイオン電極とプラスのイオン電極が層をなしていることで双方の侵入を防ぐのですがこれをイオン導入器などで有効成分を塗った後にこのような機械を使用することでバリアゾーンを中立の状態にして有効成分が浸透しやすくなるように使う機械です。さらに有効成分などを入れるのと同時このようなイオン導入器にはイオン導出という効果もあり皮膚の毛穴の内部の老廃物を同時に排出する効果があります。専門的な皮脂を除去するようなケアを頻繁に受けられなかったりする方などにも効果があります。顔や頭皮双方とも毛穴の老廃物などが皮膚への悪影響を与えるのは当然のことで実際僕の所に数ヶ月おきにしたケアの来店にこられない方がご使用になられていますがケアをした直後と変わらないほどきれいな毛根の状態を維持して数ヶ月後に来店いただいたりアトピーなど不衛生な状態でどうしても頭の中にできたものは回復しにくく病院などでも完治ししませんでした。ところがお話したようなイオン導入やイオン導出の効果に加えこの機械の使用後の肌のペーハーのバランスが肌に一番理想な状態で保つことが出来るからです。さらに頭皮で使用の場合顔などの肌と違い育毛剤が効いてほしい毛乳頭までは毛穴が存在するので顔よりは当然効果が現れるのですが育毛剤などを塗った後にこのようなイオン導入器を使用すると塗った育毛剤がマイナスイオン化され本来機能低下を起こしている毛根内部の弱っている個所に対してより効果を上げるといわれています。これはガンなどの細胞でも同じで現在医療機関が研究を進めるドラッグデリバリーシステムといいますが身体に悪影響を与える細胞はプラスイオン化しているといわれ抗がん剤などを投与する前にマイナスイオン化させることで体の健康の部分に副作用などを出さずにがん細胞などの個所だけで作用させれると研究が現在かなり進んでいます。今後この理論は様々な医療分野で使用されることとなるでしょう。これが以前お話したフィナやミノタブの問題点で聞いてほしくない健康な細胞にまで余計な影響を与える可能性がある成分を服用することで余計な副作用の心配があるのですが頭皮や毛髪は幸いにも外的治療や外的投与によって回復を期待できるからです。まだこれかれも様々な研究がすすめば脱毛という言葉もなくなる日がくる可能性があります

2006年02月05日

アメリカの三大ネットワーク(NBC)の実験

日本よりも髪の脱毛などの数が多いアメリカ。元々欧米人種の髪は日本人に比べると2万本は多いといわれているのにも関わらず圧倒的に薄毛で悩む人が多い。その為研究などもかなり進んでいて現在のフィナステリドやミノキシジルなどもすべてアメリカの製品になります。この前お話した低レベルレーザーなどもその一つでミノタブなどを処方される前にこの機械の大型の物で医療機関などにおいて治療をうけています。元々法律の違いなどから新薬や新成分が一般に出回るのが早いアメリカでは様々な方法を用いるケースがあります。ミノキシジルの効果を高めるための成分の併用など日本ではまだ紹介されていない物があります。ただ公の場でこれらを実験するという試みをしたケースを僕も含め皆さんあまり聞かれたことがないと思います。

アメリカ3大ネットワークのNBCが一年をかけて5人の脱毛に悩まれる方を集め有効といわれる育毛ケアを施す実験を行いました。対象年齢は30代から54歳までの男性。その方法とはサプリメント、レーザー治療、フィナステリド、ミノキシジルとフィナステリドの併用、毛根移植です。これを半年後、一年後という形で状態を検証する企画でした。最初に5人は頭髪専門医の診断を受けその人たちがどのような治療やケアを今後行っていくかを一切知らされません。半年後の結果としてはサプリメントのみを服用されていた方は変化はみられませんでしたが以前のような脱毛は止まりました。フィナステリドを服用されていた方は産毛などが確認できるほどまでになり今後の回復が期待できるとの診断でした。この中で一番回復結果の良かった方がレーザーを照射していた方でご本人も含め、医師、や他の4人もその回復の効果に驚かれているほどでした。最年長の54歳男性にはフィナとミノキ(5%ロゲイン使用)の併用を施されていましたが本人は結果に満足行かない様子でしたが医師の判断としては肉眼で結果が確認はできないがこれから期待は持てるとの言葉でした。後日ミノキの製薬会社に問い合わせた所ある程度の年齢の方の場合にはやはり1年近く継続していただかないと結果が現れないとの回答だったそうです。毛根移植は最初激しいかゆみと初期脱毛が続き移植を担当医師がよくある症状と一つですとの返答だったそうです。

4人中5人が医師の診断によって回復して始めているということでした。残りの一人であるサプリメントのみでケアを行っていた方も以前のように抜けなくなったからこれなら満足だと言われるように回復度合いに対する満足度は人それぞれなのかもしれません。ですがどのようなケアや治療でも時間はかかるものですし皆さんがもっとも効果的と思われているフィナとミノキも50代にもなってくると結果が出るにはある程度の時間はかかるものです。今回の実験は現在においてもっとも効果的なケア法を試したのではなくどれが単体で使った場合に結果が良いのかというものですが対象年齢の違いなどを考慮する必要があります。さらに僕の考えとしてはこのケアを試したけどダメだったから違う方法や商品でということではなくそのケアに加えるという考え方にしなければいけないと思います。多くのあのサイトをご覧の方は年齢的にとても若く今回のNBCの実験結果が直接反映されるわけではありませんし必要でないと思います。

余談ではありますが日本ほどアメリカでは皮脂を除去するという基本のケアをあまり取り入れていないのが現状です。最初にお話したように日本人と欧米人の全体の髪の本数の違いや体質、環境の違いもあると思います。ですがこのような基本的なことを取り入れた上で今回のような実験をするのであれば意味もあると思いますがアメリカの西洋医学的な観点だけでは実際には無理があると思います。アメリカは新薬の開発や新成分の研究などは日本にくらべ臨床試験などが簡単に出来るという意味でも進んでいます。ですが脱毛のメカニズムや皮膚、毛根などの研究においては日本のほうがはるかに進んでいるのが現状です。多くの皆さんがご存知の日本の育毛剤がネットなどを通じてアメリカに輸出されてもいます。皆さんが期待をされているフィナなどを作ってこの10年あまり使用しているアメリカ人が日本の製薬会社が出している育毛剤や成分に魅力を感じているケースもあるようです。それとフィナなどの場合以前にも少しお話をしましたが欧米人の男性ホルモンの濃度は日本の成人男性に比べても大変多くその為体系の違いなども出てきます。ですが現在の日本の食の欧米化によってこの先どうなっていくかは僕も予想がつきません。食事の好き嫌いやファーストフード、コンビニの乱用などが実際皆さんに与える影響があるということは覚えておいてください。

今回のNBCの結果は既に出ています。僕もまだその内容を確認していませんが分かり次第書き込みますので楽しみにしてください

2006年02月06日

実験結果

先日お話したNBCによる実験結果を見ました。大変興味深いのがなんらの形で五人とも改善していたという面でした。フィンランド産の魚を主成分としたサプリメントを服用されていた方が一番結果として改善が見られませんでしたが本人や医師を含め以前あったような脱毛は止まり現状を維持しているようです。フィナステリドだけを服用されていた方とレーザー照射をしていた方は双子の兄弟で二人とも似たような形での脱毛をしていました。結果はフィナを服用された方は脱毛は当然なくなり産毛は生えてきましたがそこからはあまり伸びるような形跡はなかったようです。これは育毛剤などを一切併用していないという面があると思います。もう一人の双子の男性はレーザーだけで1年間ケアをされていて育毛剤やフィナなどを一切使用しませんでしたが本人も医師も驚くほど回復を遂げていました。今後その方は育毛剤とフィナを併用してケアを続けるそうです。50代男性でフィナとミノキ5%をご使用だった方は確かに一年前からくらべると状態はよくなっていましたがやはり年齢的影響もあり一年という短い期間では満足されるほどの回復はしていないようですがやはり第三者から見れば結果はよかったのだと思います。最後に毛根の移植を行った方は約120万くらいかけて移植を第一段階で行いこの一年の間はフィナとミノキを使用するよう薦められていました。確かに5人の中では一番回復も良かったのだと思いますが一回の移植では総ての部分をカバーできていなかったのでもう一回手術を受けるそうです。

ですがケアをしていて良くなっていると本人が感じるとやはり前向きになるようでサプリによって脱毛が止まったといわれていた方でも今後もフィナやミノキではなくサプリで継続していこうと思っているということと以前は人に薄い部分を見せないように席を選ぶ際も壁側や一番列の後ろなどにすわっていたのが今では気にならないようになったといっていました。それよりも他に同じように悩んでいる4人と話をすることで気持ちが大変楽になったそうです。

双子のフィナのみをつかっていた方は脱毛も止まり産毛も生えてきているのですが年間800ドル近い金額を払うよりはこのままで良いとの判断をされたようです。方やレーザーを使用された方はお兄さんのフィナを譲り受け育毛剤ともどもつかえばもっとよくなるだろうと今後も継続的なケアを行うようです。

ですがこの5人全員に言えることは一年前よりも皆さんが明るくなっているという点でした。結果には開きがありましたがなんらかの改善が全員にみられそれを医師も証明しているというのがよかったのかもしれません。

初めてのコメントありがとうございます。

初めてのコメントありがとうございます。どなたも書き込みがないのでコメントなどをいただけるのかどうか少し不安でした。実際レーザー育毛器は高額な機械になり中々手が出るものではないと思います。ですが僕の所にご来店いただきしっかりとご説明をさせていただいた方たち数人が購入いただきましたがかなり良い結果は出ています。ただ先程お話したNBCの実験のようにレーザー育毛器単体で使うのではなく皮脂などに対する基本的なケアや育毛剤をご利用いただいた上で使用されています。他にもイオン導入などをお使いに方もご満足いただける結果報告や実際継続的な診断をさせていただいています。やはり育毛剤のように1本いくらという値段ではないで購入するには覚悟が必要だと思います。ですがカメラなどで的確な状況を診断した上で機械だけではなく総合的にケア法を取り入れるとやはりとても良いようです。

当然作用などに関しては個人差がありますが定期的なカメラの確認や診断が出来ると回復過程がわかりますのでケアに対して手を抜いたり疎かになったりもしないですから必然的に結果につながります。

2006年02月09日

レーザー治療器

先日お話したNBCのレーザー治療器や篤さんがお使いになっている物は本来医療機関で使用する物を家庭用にした商品になります。この技術を家庭用に出来たことでタイム誌での発明賞の受賞にもなりました。大手発毛サロンが現在でも使用したり販売している商品は主に低周波などを使用したもので電気的刺激によって血行を促進するものやLEDをいくつもヘッドホンのように取り付けたものなどありますが全く科学的根拠のないような商品もあります。実際一部発毛サロンなどのように週に2回来店を義務つける理由はこのような電気的刺激を与えるのが目的であって皮脂を除去するケアなどはそれほど頻繁に行う必要は全くありません。ですが整体や整形外科の電気治療のようにただ電気を流すために頻繁にかよっても保険などからお金を得れるわけではないのであたかも皮脂を除去するケアに加えて電気治療が必要なように話をされます。LEDはさておき、確かに低周波の場合個人差はありますが効果を発揮する可能性がないわけではありません。ですがそのために不必要な皮脂のケアを行うこともないと思いますしそれによって治療代が高額になるのであればなおさらです。一部発毛サロンのように1年で130万もかけるのであればケアや刺激のために必要な業務用機械を家に全部そろえてもお釣りがくるくらいです。

金額もさることながら来店頻度もそれほど多いのは一般生活をおくっている方ではまず難しいと思います。それであればそのような専門器を購入して行ったほうが双方の面に置いて負担は少なくなります。やはり低周波、レーザー、イオン導入、どれをとっても週に2回はつかっていただく必要があるのは事実です。(注。それ以上やったから早く治るわけではありませんしかえってトラブルの原因になるケースもあります)ですがそのために何十万物のお金を払う必要はないと思います。

このような機械は確かに日頃の皮脂のケアや育毛剤と併用するとさらなる効果が期待できる可能性があるのは事実です。ですが高額なのも事実でレーザー治療器も現在の為替や送料などを含めると10万円近くしますから誰でもご利用いただけるものではありません。ですがこの前お話したようなNBCでの実験結果やアメリカではレーザー治療(LLT・レーザーライトセラピー)という形で育毛だけではなくほかの皮膚のトラブルに転用できないかと研究も進んでいてLLTの専門の研究者や大学研究室があるほどです。

さらにアメリカでも中々この金額はでないため一部金額を払い20週間使用して効果がない場合70%のキャッシャバックがあったり中古のものをメーカーが自らメンテナンスをして再度価格を下げて販売するケースがありこれだと7万円の後半くらいになります。こちらは返品禁止ですがさらにレーザーの照射口を通じようの9本から5本にすくなくして使用時間などを延ばす必要はありますが6万円半ばつい最近発売が開始されました。これだと新品なので返品の際12週間以内であれば70%キャッシュバックがあります。海外からの商品なので為替も大きく影響し精密機械なので送料も高く大体日本円で5300円くらいの送料がこの金額の中には含まれています。そのため少し高額に感じると思いますが確かにつかってみる価値があるのは事実です。

イオン導入などは僕は特別なルートをもっているのでとてもお値打ちに仕入れていますが通常だと40000円近くはしますからそれを考えれば先端治療という意味ではレーザーを試すほうが効果や結果の意味では期待が持てるかもしれません。ですが実際イオン導入もザンドなどを使用されている方の場合飛躍的な効果が現れている方が沢山いますからお使いになってみるのも良いとは思います。

ただご理解いただきたいのは育毛剤も含めこのような機械も効果の現れ方には個人差があり現状の状態や行っているケアや使用する育毛剤、当然年齢などを含め現れる効果には個人差があります。ですがレーザーの機械はメーカー発表で20週間後の返品率が12%と一般的にこのような機械の場合満足がいかないケースが多いことを考えれば驚くほど満足されている方が多いのだと思います。現在も今後も皆さんがまだ試した事がないケア方法も世の中には存在しますし月に6000円くらいの出費で一年ですから考えればけして高くないケアのひとつかもしれません\\\

興味のある方はLLTについて簡単にアメリカの毛髪専門の医師が書いているサイトがありました。このサイトの右隅に日本の国旗がありそちらを押すと日本語訳のページの説明がありますので良ければ読んでください
 http://www.newhair.com/treatment/other-laser-therapy.asp

2006年02月11日

トリートメントの有効性

最近では女性の方でも髪に悩まれている方が増えましたがやはり大半は男性のほうが多いと思います。シャンプーなどの重要性、育毛剤の塗布、マッサージ。様々ケアを日頃注意いただいていると思います。ところがトリートメントになると突然男性の方は髪が短いこともあるのかその必要性などについて疑問をもたれるかたが沢山います。当然先程述べたケアはとても重要です。今後はえてくる髪に対し必要な栄養源の供給のきっかけになったり髪が細くなってしまう原因などを排除してくれます。ですが一度生えてしまった髪に必要な栄養を補給するには先のケアではなくトリートメントがもっとも有効な方法です。必要な栄養成分などは髪質や状態によってはことなります。効果を高めるためにさらに洗い流しの必要のないトリートメントなどを同時に使うとさらに改善を望める可能性はあります。

トリートメントは髪の長さに関係なく必要なものです。当然女性のような量は必要ないですが現存する髪に対するもっとも有効的なケアですので男性だから必要がないという発想は正す必要があると思います。

2006年02月14日

育毛剤の使用に対する不信感

最近たまに目にするのが育毛剤を使用することに対しての不信感をお持ちの方が多いようです。これが僕にはとても不思議でなりません。確かに若い時から数千円する育毛剤を購入するにはそれなりの負担はあると思います。さらに実際には育毛剤などを使用しなくても大丈夫という方も当然あります。ですがご自身が以前に比べて髪が弱っていたり抜けていると思えば育毛剤などをつかって血行などを改善することは良いことだと思います。実際マッサージなども有効とは言われていますが局部的に血行を促進することはとても重要です。

それと日本で一般的に市販されている育毛剤などは日本の法規制などもあり極端な改善が望めないのもそうですが育毛剤を使用したから悪化するというのはとても稀なケースです。よほど敏感性の肌で炎症をおこしていたりアトピーなどがあったりすれば頭皮の状態が悪くなる恐れはあります。ですが育毛剤を使用してその副作用で抜けるということはほとんどありません。そのようなトラブルなどを避けるために法律で厳しく制限を決めていたり同時に改善を求めるがために極端な使用をしても問題が起こらないようにするためもあります。

日本の薬事法は育毛剤だけではなくすべての医薬品や医薬部外品において厳しい制限を設けて薬害を防ぐための防御策をつくっています。そのため一部海外などでは数年前から認められている薬の使用を日本だけが認めていない場合が多いです。そのため薬事法に問題にならないような新しい成分を日々開発に多くの製薬会社が研究をすすめていますがその分医療の面で薬に関しては他の国に遅れをとっています。今後も海外などはいち早く色々な商品がでてくると思います。ですがみなさんが心配しなくてはいけないほどの副作用というものはないと思いますから過剰な心配や不信感などを育毛剤にもたなくても良いと思います

2006年02月18日

髪を太くする

最近良く質問される内容で髪を太くするということを聞かれます。まず重要なのは実際に細くなっているのか否かです。髪は生える時の環境などが影響し事実髪が細くなったり抜けやすくなったりするケースがあります。毛根が皮脂で埋まっていて生える隙間が十分確保できていない場合。年齢や生活習慣、ストレスなどが影響して髪になるための血行が損なわれている場合。お使いのシャンプーやカラー、パーマなどのダメージからくるケラチン(たんぱく質の流出)の場合。

髪が細くなるのは様々な原因がありそれに見合ったケアが必要になります。ただ漠然と髪を太くする方法を聞かれても細くなっている原因は人それぞれになり回復をするために必要なケア方法もかわってきます。

専門的な毛髪や頭皮の診断。直接お会いして髪の状態を確認したり今までのカットやカラー、スタイリング方法などを伺う。様々な可能性を検証した上で髪が細くなっている原因を判断します。ですがそのほかにも洗い方や生活習慣などお会いしても分からない部分も当然あります。

育毛や髪の改善は健康管理と似た部分があります。髪や体にとって良いものを摂取するというのは大変重要なことです。ですが同じように髪や健康を害するような行為や生活は正さなくてはいけません。現在の医学をもってしても髪を細くしている可能性を予想することは出来ても断定をするのには限界があります。血行の状態や男性ホルモンからの影響など目にすることができない要素が髪に悪影響を与えている場合もあります。

ご来店いただいてケアを本格的にされているお客様に限って普通の方よりも様々な面においてケアを徹底して行いっています。現在では回復されていてご本人も満足をされているのにも関わらず新しい育毛剤やサプリなどをどんどん試されたりします。今の状態であれば必要ないんじゃないですか?とお話をすると必要なケアを未然にしておけば現状を何年たっても維持できるのでその為にケアをしていますとの答えが返ってきます。

健康管理や髪の改善などは消去法なのかもしれません。健康状態を妨げる様々な要因を日頃の生活で注意し行わないようにする。その中で改善が必要な症状などがでれば育毛剤、シャンプー、サプリなどを取り入れてよくする。髪や健康を害する要因は一つだけではありません原因が究明できない部分は年齢や性別を問わず起こりえます。そのような自体を招かないようにすることが一番の理想ですがなんらかのトラブルを抱えてしまったらあらゆる悪影響の原因を排除していく方法が確実な回復につながります。頭皮や毛髪の診断はその手助けとなるものです。

2006年02月23日

先日いったスーパー銭湯

よくサウナに入るためにスーパー銭湯に行くことがあります。年齢など様々で小さいお子さんからおじいちゃんまで入浴されています。先日お風呂を出て仲の良い4歳くらいの男の子と小学校低学年の兄弟のような子がお父さんに連れられて入浴後脱衣所を歩いていました。一件なにもない兄弟のようでしたが髪がお風呂にはいったあとなのですごい勢いで地肌が露出していて思わずびっくりしました。

皆さんが普段頭皮の露出というのを心配されるお気持ちはよくわかります。じゃ4歳と小学校低学年の子が頭皮の露出をしているから髪が薄いのでしょうか?髪はぬれていると含んでいる水分の重みで誰でも髪が寝てしまったり束になりやすく薄く見えてしまいます。注意を怠らないのはとても重要ですが考えすぎはかえって髪や精神衛生上よくありません。あまり自分を薄いと思い込まずに他人がお風呂から出たときの状態を実際目にするのもケアのひとつになるのかもしれません。

余談ではありますがその子たちのおとうさんはとても髪の多い方でした

2006年02月26日

ケアに対する考え方や温度差

篤さんコメントありがとうございます。良い機械であってもすぐに効果がでるものではありませんがかなり良い結果の報告はLLT(レーザーライトセラピー)で多数アメリカで報告されております。今後とも新しい情報などがありましたらご連絡差し上げます。

ここ2,3日の間縦続けにケアに長い間ご来店いただいている方たちがお見えになりました。皆さんご自分の回復に満足していただいていると思います。その方たちは皆さんあのサイトを見て知り合った方たちばかりです。最初は真剣な面持ちで来店いただき相談から診断までさせていただきました。その後ケアを行いかえられる時には全く別人のような顔でお帰りいただいたのがとても印象的でした。

大体の方が2年以上のお付き合いでその内のお一人はこの2年以上名古屋まで普通電車を乗り換え4時間かけて必ず2ヶ月に一度ご来店いただきました。回復しているのにもかかわらずそれだけマメにご来店もいただきさらにご紹介した商品などを積極的に取り入れていただけるのですが金銭的負担など学生さんの立場で大丈夫かがいつも心配でした。

この4月、就職が決まりまだ転属先は決まっていないようですが日本のどこかになるのだと思います。これからお会いできなくなるのはとても残念で皆さんに対するコメントやこのような相談があったんだけどどうすれば良いかなど大変多くの意見をいただきました。その方はこれから社会に出て色々なご苦労などがあると思います。その時仮に髪になんらかのトラブルなどが発生するかもしれません。ですがその方を見ていると少なくとも髪や将来に関しては自信に満ち溢れているのがとても印象的でした。

これからは以前のようにお会いする機会は少なくなると思います。ですが日本のどこに転属先が決まって僕のところにこれなくてもその方の髪は今後30年は僕が自信をもって保障できると思います。それは僕のところで行ったケアではなくその方ご自身のケアや髪に対する思い。精神的に多少のトラブルが出ても動揺しない心。それとケアは専門的な物が大切なのではなく日常のご本人が何をするかが一番大切だと本当にご理解いただいているからだと思います。

最初その方がはじめてきていただいた時、髪は伸び放題の状態でした。美容師さんに髪が薄いと思われるのが怖く切りにいけなかったからだったそうです。髪はもともととても多くなぜ遥々名古屋までこられたのかがとても不思議でした。

僕がその方に一番最初にしたケアは15cm近くあった髪を10cm以上切ることからはじまりました。伸び放題になっている髪はそれだけ限られた栄養を分けあわなくてはいけないし頭皮を洗うためにも邪魔でした。髪は伸びれば伸びるほど細くなる可能性は高くなるし髪の重みで頭皮が露出する場合が高くなります。荒療治と思うかもしれませんが一番最初にその方にしっていただくのはご自身が心配されているような状態ではないと本人に理解いただくことでした。

実際ご来店いただいた当初少し細くなっていた前頭部の生え際は今では細かったり薄かったりしていた面影はどこにもありません。通常髪に一切の悩みをもっていない方でも20を超えれば多少なりともひとつの毛穴から生え出す本数は減り細くなるものです。ですが現在のその方の生え際は側頭部や後頭部のように通常は髪が抜けないところと変わらないくらいの本数と太さになっています。

その方も最初は皆さんと同じように真剣に悩まれていたと思います。ですがその方と最近の皆さんとの書き込みを話していたときに一言いわれました。(自分がなぜこのようになったのかと悔いたりするのではなくまずは必要なことをするべきだ。何もしていないときから結果の心配をしても意味がないし落ち込む事よりも回復すること信じれれば良いのに)。

現在の髪の状態もそうですが彼のこのような考えた方が30年後の彼の髪を僕が自信をもって保障できる要因なのだと思います

髪の悩み.net